旧松井田トンネルが心霊スポットと呼ばれる理由についての考察【群馬の旅】

群馬県道33号線の旧道にある旧松井田トンネルは心霊スポットとして有名。ここには女性の霊が出る、心霊写真が撮れるなどと噂されています。過去に殺人事件や自然災害などが起こって霊が屯しているとの情報が多くありますが真相は如何に?

実際に訪問してきましたのでまず写真で紹介して、最後に旧松井田トンネルが心霊スポットとして扱われる原因を探ってみようと思います。

それでは参りましょう!

 

旧松井田トンネルへのアクセス

高崎市方面から国道18号線(松井田バイパス)を走らせ補陀寺橋の先を左に曲がると橋の下の県道33号線に出ます。T字路を左折すればすぐに天神山トンネルが見えます。このトンネルの脇の旧道に旧松井田トンネルがあります。

 

旧松井田トンネルについて

旧松井田トンネル昭和54年に竣工された天神山トンネル。

それ以前に使われていた旧道に旧松井田トンネルがあります。それでは早速旧道に入ってみましょう。

 

旧松井田トンネル旧道は整備されていなく雑草が生い茂り、おびただしい程の虫が襲ってきます。しかも足場が悪いので危険です。ここを掻き分けていかなければ旧松井田トンネルは見れません。夏場に行くべき場所ではありません!

 

旧松井田トンネル旧松井田トンネルの正式名称は天神山隧道でした。銘板の下部に『昭和26年12月31日 竣工』と書いてありますね。残念ながら暴走族やチンピラのたまり場になっていたようでトンネルは完全に塞がれています。

反対側にも行ってみましょう!

ネットで旧松井田トンネルと調べれば昔の写真が見れます。

 

旧松井田トンネル反対側のほうが草が少なくトンネルまで簡単にたどり着けますが、ただ距離があります。

 

旧松井田トンネルこちらも完全に埋め立てされています。

 

心霊スポット考察

何故旧松井田トンネルが心霊スポットとして扱われるのか調べて考察しました。

原因として挙げられるのが↓

・過去に女性暴行殺人事件があった。

・ここに処刑場があった。

・大洪水で多大な被害を被った。

一つずつ見ていきましょう。

 

殺人事件があった?

大昔はわかりませんが、トンネル付近で殺人事件があったという情報は探し出せませんでした。

松井田で有名な殺人事件といえば1971年(昭和46年)の大久保清連続殺人事件と1972年の霧積山女性殺人事件があります。しかし場所がかなり離れているのでこれらの事件が原因とは考えにくですね。

 

処刑場があった?

松井田には碓氷関所があり関所破りを処刑するための仕置き場があったそうです。場所は碓氷関所のすぐ近くで磔河原と呼ばれ現在も旧跡が残っています。また安中市内の伝馬町には牢屋敷がありました。双方とも旧松井田トンネルからは少し離れているのでこれも違うかな?

他に可能性があるならトンネル程近くにある松井田城。戦国時代にあったこの城の刑場があったというのならば説得力が出てきますね。でも、こればっかりは調べてもわかりませんでした。

 

大洪水があった?

確かに松井田町では1935年(昭和10年)に碓氷川支流の九十九川流域で土砂崩れによる自然災害が起きました。碓氷郡で80人くらい亡くなっているので原因としてはあり得ますね。どの地域の被害が酷かったのか調べてみましたが詳細は見つけられませんでした。

 

終わりに

『これだ!』という核心に迫る原因は探し出せませんでしたが、様々な暗黒史が炙り出されましたね。近場にある松井田城跡や八幡平の首塚も心霊スポットとして有名でこの二つに関しては歴史的な原因があります。

旧松井田トンネルは単純に薄気味悪いのとこれらの事件や災害の情報が重なって噂として広まっていったのだと思われます。

おしまい!

旧松井田トンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。