はねたき橋は自殺の名所だった…。心霊スポット散策記【群馬の旅】

高津戸峡に架かるはねたき橋は高所にあり眺めがとても良いことから新緑、紅葉の季節になると観光客でそれなりに賑わいます。しかし、子供の頃から『あそこは心霊スポットだよ。自殺の名所だからお化けが出るって…。』と刷り込まれてきた私はこの風景を純粋に楽しむことが出来ません。

いちち
微妙な高さだから落ちても死ぬ瞬間まで意識がはっきりしているんだろうな。最悪、瀕死になって苦しみもがきながら溺死か…。
橋を見るたびこんな風に考えてしまいます。

あぁ…。出だしからどっぷり暗い内容ですね。

では、はねたき橋がどんな場所なのか見てみましょうか…。

 

はねたき橋へのアクセス

様々なアクセス方法がありますが、私は橋の南にある神名宮の駐車場に停めて徒歩で向かいました。歩きたくないなら新高津戸橋を渡ってすぐを左に曲がって道なりに進めば橋の近くに行けます。

電車ならわたらせ渓谷鉄道大間々駅で降りて右折するとながめ公園入口の交差点がありますのでそこを右に曲がります。踏切を越えたところに『はねたき橋』の看板がありますのでそれに従って進めば着きます。

 

はねたき橋の風景

はねたき橋これがはねたき橋です。

全長120m、幅3.5mの歩行者専用の橋梁です。高さは40mくらいあるのかな?名前の由来は『水が飛散する様が滝のように見える』らしいですが、何のことをいっているのかよくわかりません。

 

はねたき橋渓谷から眺めるはねたき橋。

この高さから落ちたらまず助からないでしょうね…。万が一助かったとしても流され岩にぶつかりボコボコになって死にます。まぁ、それが分かっているから飛び込むのでしょうけど…。

この橋は1994年に新設されたもので、かつては吊り橋が架かっていました。新しくなってからも何人か落ちていますが、吊り橋時代によく投身自殺が発生したことから自殺の名所と呼ばれるようになったそうです。

旧はねたき橋を知っている人がこういっていました。

大間々駅から小道を進むとかなり揺れる吊り橋が掛かっていた。よく人が飛び降りるから落ちないように網が張られていた。なんか不気味で怖かったよ…。

 

はねたき橋の心霊現象

はねたき橋

女性や赤ちゃんの霊が出ると噂されています。

すぐ近くにある高津戸城の御姫様が不審死し、彼女が橋下へ引きずり込むなんて嘘くさい噂話があるようです。確かにこの辺りは戦国時代に血生臭い戦いがあったので、そういう話の一つや二つありそうです。

うん。是非、詳細が知りたい!

当ブログの他記事で高津戸城について少し触れているのでご興味のある方はご覧ください→【高津戸峡と歴史に翻弄された高津戸城】

しばらく滞在しましたが、何も出てきませんでした。信じていない人の前に霊は出てきてくれないのでしょうか?

 

はねたき橋あとはダム建設による殉職者の慰霊碑も人によっては恐怖を感じるのかもしれません。むしろ私は戦死者に対して想う様な畏怖の念を抱きます。

終わりに

なんでここから投身自殺する人が絶えなかったのでしょうね?霊に誘われ、引きずり込まれたなんていう笑止千万な御伽噺は捨てておいて、私はこう思うのです。

いちち
自殺の名所で死ぬ人って、寂しがり屋で孤独が苦手な人だったのかな?
って。

生に反抗した多くの仲間がそこにいたと思うから選択したんじゃないかな?あと確実に死ねるからでしょうね。

私は…飛べないな…。

おしまい!

はねたき橋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。