来島村上氏が由来の玖珠町・旧久留島氏庭園を歩く【大分の旅】

旧久留島氏庭園は江戸時代に速水、玖珠、日田を領した森藩の藩庁があった場所です。森藩の藩主は瀬戸内海の村上水軍の一族である来島氏(久留島に改名)が1601年に任命されました。久留島氏は明治以降も続きます。童話作家で有名な久留島武彦はその末裔に当たります。

さて、旧久留島氏庭園について書けることはそれ程ありません。ですので庭園は写真で紹介し、久留島氏の歴史について書いていこうと思います。

それでは参りましょう!

 

旧久留島氏庭園へのアクセス

大分自動車道の玖珠ICを下り右折、国道387号に入ります。そのまま道なりに進むと『三島公園』、『わらべの園』の看板がありますのでそれに従えば到着します。高速道路を下りてから10分かからないくらいで着くかと思います。

JR豊後森からバスが出ているようですが本数が余りに少ないので自家用車かレンタカーで行くことをおすすめします。

 

来島氏の歴史について

旧久留島氏庭園水軍で有名な村上氏は能島、因島、来島に親族を置き瀬戸内海で活躍しました。後に能島村上氏、因島村上氏、来島村上氏と呼ばれることになります。元を辿ると清和源氏に行き着くそうなのですが、途中の家系図が混乱していて様々な説が飛び交っているためよくわかりません!

 

旧久留島氏庭園来島に拠点を置いた村上氏を来島村上氏といって伊予国(愛媛県)の河野氏に仕え瀬戸内海の警備にあたりました。戦国時代の河野氏は家督争いや隣国からの攻撃でボロボロになりながらも縁戚関係があった毛利氏に助けられながら何とか生きながらえていました。

 

旧久留島氏庭園1577年、織田信長が羽柴秀吉に中国征伐を指示します。

主家の体たらくにうんざりしていた来島通総は叛旗を翻そうと虎視眈々と狙っていました。1579年に河野氏から離反し、1582年に羽柴秀吉の調略を受けて織田方に与することになります。その際、河野氏、及び毛利氏に来島を攻められ居場所を失った来島氏は秀吉の下に寄りました。

秀吉の調略は能島、因島、来島の村上三家に及んでいましたが、従ったのは来島氏だけでした。秀吉に可愛がられた来島通総の系列は大名に、他二家は毛利家臣として続いていくことになります。

 

旧久留島氏庭園本能寺の変で織田信長が亡くなり毛利攻めどころではなくなった羽柴秀吉は速急に毛利氏と和睦します。色々あって秀吉が天下の中心になってからようやく通総は来島に戻ることが出来ました。

その後は四国征伐、九州征伐、小田原征伐に参加し戦いに明け暮れます。そして朝鮮出兵(文禄の役)での海戦で来島通総は戦死してしまいます。

 

旧久留島氏庭園跡を継いだのは来島康親です。彼も父と同様、秀吉に仕えました。

豊臣秀吉が亡くなり、1600年の関ヶ原の戦いでは豊臣氏と毛利氏に関係が強かった来島氏は西軍に味方します。ご存知の通り徳川家康の東軍が勝利を治め西軍方の武将は悲惨な目に…。

康親も戦後に流浪の身となったそうですが、福島正則と縁があったため赦され1601年に江戸幕府から豊後国森1万4000石を拝領されます。来島康親は31歳の早さで亡くなり長男の通春が跡を継ぎます。この代に来島の姓を久留島に変えました。

 

旧久留島氏庭園ってな感じで久留島氏の森藩は明治まで続き、その後は華族に加えられます。

 

旧久留島氏庭園久留島武彦は明治から昭和に活躍した児童文学者です。彼は森藩最後の藩主である久留島通靖の孫に当たります。

「日本のアンデルセン」と呼ばれた久留島武彦は、明治・大正・昭和の三代にわたって、人が人として共に生きていく上で、必要な教えを楽しいお話にのせて子どもたちに語り聞かせた教育者です。また、日本にボーイスカウトを紹介し、日本ボーイスカウトの基盤作りに尽力、以下のような日本初となる数々の業績を残し、日本の近代児童文化の基盤を築き上げたパイオニアといえます。

久留島武彦記念館HPより

日本のアンデルセンと呼ばれる理由はアンデルセンが生まれたデンマークに訪問した際、アンデルセンの生家やお墓が余りに雑に扱われているのを見て心を痛めました。『これはどうにかならないものか?』と行く先々でアンデルセンの復権を訴え、これにデンマークの人々が感激し日本のアンデルセンと称賛したからです。

 

終わりに

旧久留島氏庭園旧久留島氏庭園は観光スポットというよりは地元の子供たちが遊ぶ公園です。私のようにカメラを首からぶら下げてウロウロ徘徊していると親御さんたちから白い目で見られるので、メンタルが弱い方は注意してください!

いちち
私はそういうの気にならなくなったよ!

ちょっとマニアックで地味ですが、ある地域の歴史を見つめることは有意義なことだと思っています。何が有意義なのかと問われると困ってしまいますが、何か有意義な気がするのです。

おしまい!

旧久留島氏庭園

2 件のコメント

  • >ちょっとマニアックで地味ですが、ある地域の歴史を見つめることは有意義なことだと~~
    歴史の荒波にもまれて、戦い、調略、家督争い、朝鮮の役、豊臣、徳川を渡り。
    そんな家系の祖から、明治まで続いた御家がたどり着いた先は、
    日本のアンデルセン。

    剣をペンに持ち替えて活躍した人が讃えれるなんて有意義な事だと思いますよ。

    • 初めまして!
      コメントありがとうございます。

      なんというか、私が言いたかったことをきれいに簡潔に纏めていただきましたね。
      とても勉強になりました!

      またお気軽にコメントいただければと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA