岐阜公園は織田信長が住んでいた場所だった?【岐阜の旅】

ここは岐阜市金華山天守閣!

住所(↑)がなんか凄い!岐阜城のために置かれた住所ですね。どういう経緯で決められたのか気になる所ですが、残念ながら調べても出てきませんでした。

犬山城の後は特に予定を決めていませんでした。深夜中バイクに乗り続けて疲れ蕩け切った脳みそでぼんやりと考えました。
愛知県の何処かで一泊する。→なんかつまらない。
もしくは無理してそのまま東京へ帰る。→事故って死ぬかもしれない。
岐阜県まで行って一泊する。→ブログネタ増えるし「いいね!」
ということで犬山城から岐阜駅方面へ。

しかし一つ心配事が・・・。
岐阜県は過去に色々ありすぎて私的トラウマスポットなのです。場合によっては錯乱状態になるかもしれない。 

と言いつつも自分がどうなるのか実験を兼ねて久し振りにin岐阜しました。

岐阜について駐輪場と宿を探しました。両箇所で「兄(さん)ちゃん街は向こうだよ」
・・・。
あぁ。。金津園ですか?(よいこのみんなはググらないでね!)
私はそんな気分じゃないのですよ。

さあ眠りましょう。…zzz。

普通に朝起きて、普通に朝食を頂いて、普通に出発。精神状態も特に変化なく快調!

正午には岐阜を発たないと時間が東京着の時間がヤバいことになるので岐阜城OPENと同時に入城。

さて本題。この記事では岐阜公園と岐阜城の様子について。城や歴史については次の記事(3記事になるかも)で書きます。

 

信長の庭

信長の庭庭園(信長の庭)
何回か岐阜公園に訪れていますが、かつての見え方と違って映りました。心に余裕がなかったあの時は岐阜城一点しか見えていませんでしたが今回は広い視野をもって探索ができました。(時間の余裕はありませんでしたが)

 

山内一豊と千代 婚礼の地

山内一豊と千代 婚礼の地2006年大河ドラマ「功名が辻」の主人公である山内一豊と千代の婚礼地。山内一豊については高知県に行った時に題材にします。行く当てはないけど、いつか行けるはず!

 

岐阜城の井戸

岐阜城の井戸現在の岐阜公園一帯は当時治めていた大名の居住地でした。この井戸は1999年の発掘調査で見つかったものです。 井戸底にはサワラとヒノキで作られた桶があり、そこに水が溜められていたそうです。

 

岐阜公園三重塔

岐阜公園三重塔1917年に大正天皇の即位を記念して建立された三重塔。残念ながら修復中。まぁこれはこれで記念になるから撮影しました。旧長良橋の古材が使われたと伝わっています。

 

信長公居館発掘調査現場

信長公居館発掘調査現場こちらは発掘中。奥に滝が流れていたので近くまで行きたかったのですが道が塞がれ行くことができませんでした。残念です!

 

信長公居館発掘調査現場発掘調査後にまた訪れようと思います。

 

岐阜公園水路跡写真奥に滝が流れています。かつてはその滝からこの水路を通って長良川へ流れていたそうです。

 

板垣退助像

板垣退助像「板垣死ストモ自由ハ死セズ」で有名な岐阜事件。
1882年(明治15年)に起きた自由党党首の板垣退助が襲撃された事件です。ここで襲撃されたんですね。知りませんでした。 
「板垣死ストモ…。」はあまりに有名な言葉ですが実際はこんなこと言っていないらしいです。晩年に「ビックリして声も出なかったわ!」的なことを話したそう。

板垣退助や土佐山内家(一豊子孫)は小さい頃に読んでいた漫画「お~い竜馬」の影響で悪人のイメージしかなかったのですが歴史はそんな単純じゃないと気付いた今日この頃で御座います。

 

狂俳発祥之地

狂俳発祥の地狂った俳句という意味ではなく「面白おかしい皆楽しも(歌お)うぜ!」的な。お題があってその後に12文字で歌うルール。他にもルールはあるらしい。 

 

岐阜公園ロープウェイ

岐阜公園ロープウェイさてロープウェイで金華山頂上(岐阜城)へ向かいます。 
岐阜城は次記事で→ 岐阜の旅 【岐阜城と金華山 編】

おしまい!

岐阜城図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA