聳え立つ金華山と観光名所・岐阜城【岐阜の旅】

ここは岐阜市金華山天守閣!

Livedoor BlogからWordpressに引っ越してからしばらく経ちましたがWordpressのカスタマイズが難しすぎて殆ど手を付けずに放置していました。今回少し時間が出来たのでヘッダーのデザインを変更。まぁ時間かかりました・・・。PCではまぁまぁ見れますが、スマホだと小さくなって見づらい。いやぁ。難しい。また時間があるとき修正しよう!

さて今回は岐阜の旅 【岐阜公園 編】 の続きです。

 

天下第一の門

岐阜城第一の門説明板に「信長の大志を讃えてここに冠木門を建て、その偉業を伝える。」と書いてあります。岐阜公園から出ているロープウェイを降りて10分くらい歩くと金華山頂上(岐阜城)に到着します。

 

閻魔堂

閻魔堂二ノ門、下台所跡にある閻魔堂。中には1358年に造られたと伝わる木造の閻魔王座像が安置されています。福閻魔といわれ様々な御利益があるそうです。

 

題目塚

題目塚岐阜城周辺は戦国時代多くの戦没者を出しました。没者を弔うため無名の日蓮宗信者が「南無妙法蓮華経」の題目碑を建てました。題目の両横には大般涅槃教の四句「諸行無常 是正滅法 生滅々已 寂滅爲楽」。また側面には「此の寶塔に禮拜する人は悪に迷ふ事を止む」と書いてあります。 所々調べて書こうと思いましたが切が無いので割愛!

 

金華山の岩塊

岐阜城の岩塊

 

岐阜城の岩塊岐阜城のある金華山は火山性の土壌ではなくチャートと呼ばれる放散虫の死骸が堆積して出来たものです。(2億年以上前)
かなり固い岩塊なので浸食されずに山として残りました。

 

井戸と石垣

貯水用井戸

 

岐阜城井戸

 

岐阜城石垣岐阜城で一番綺麗に残っている石垣。高い技術を要しているため信長入城後に造られた石垣ではないかと言われています。あと貯水用井戸。

 

太鼓櫓跡

太鼓櫓跡太鼓櫓は「お知らせ」の太鼓を打つための櫓。勿論防御するためでもあります。現在はレストランになっています。

 

千成瓢箪発祥の地

千成瓢箪の祠木下藤吉郎が稲葉山城(岐阜城)に奇襲し成功の合図として槍先に千成瓢箪を付け信長本隊に知らせました。ご存じの通り木下藤吉郎は千成瓢箪を馬印とした豊臣秀吉です。奇襲が本当にあったかどうかはわかりませんがここが千成瓢箪馬印の発祥地とされています。ちなみに千成瓢箪は10cm前後の瓢箪のことを言います。

 

お城時計

お城時計十二支が目盛りになっている和時計です。明治5年に太陰暦が太陽暦に改められ和時計は製作されなくなりました。

 

金華山 御嶽神社

金華山 御嶽神社金華山山頂にある御嶽神社。 
修験道の本尊である蔵王権現が祀られています。蔵王権現はスキーや温泉で有名な蔵王山の由来になっています。修験道については東京の旅 【等々力渓谷 編】 で少し述べていますので参考にどうぞ。

 

岐阜城

岐阜城外観それでは岐阜城の中へ!次記事は主に「美濃の蝮」こと斎藤道三についてです。
岐阜の旅 【美濃の蝮こと斎藤道三 編】

岐阜城外観

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA