三相女神ってなんだろう?江島神社を参拝してきた【神奈川の旅】

ここは藤沢市江の島!

ギリシア神話のクロートー(創造者)、ラケシス(維持者)、アトロポス(破壊者)。
北欧神話のウルズ(過去)、ヴェルザンディ(現在)、スクルド(未来)。
アラビア神話のアッラート(女神)、アル・ウッザー(権力)、マナート(死)。

各国神話の三姉妹の女神たち。姉妹以外にも三相の女神は各国にいて「生→死」「若→老」「過去→未来」の運命の流れを司っていることが多いです。勿論例外も多々あります。(今回の記事もそうです…。)

では本題。

日本にも三姉妹の女神がいらっしゃいます。三姉妹はアマテラスとスサノオの誓約の間に誕生。宗像三女神と呼ばれ福岡県の宗像大社、広島県の厳島神社などに祀られています。そして今回訪れた江島神社にも三姉妹が祀られています。

 

辺津宮(へつみや)

辺津宮御祭神は多岐都比売命(たぎつひめのみこと)。湍津姫(たぎつひめ)とも呼びます。
三姉妹の三女。(諸説あり!) 「たぎつ」には激しい流れの意味があるので水流や海流に関連している神様だと推測されています。恐らく流れに運ばれる「海運」的な意味もあるのでは?

 

 

弁天堂弁天堂。 中には八臂弁財天と妙音弁財天が安置されています。写真撮影禁止なので外観だけ。謎の人たちが陣取っていてゆっくり拝見できませんでした。「霊がどうのこうの」とかぶつぶつ数人で言っていました。ちょっと怖かったです。

 

弁財天黄金浄水弁財天黄金浄水。 
黄金水は
・健康に良い
・運が開ける
・声が良くなる
・美しくなる 
心とお金を洗い清める浄水です。

 

八坂神社辺津宮の近くにあった八坂神社。 この八坂神社には建速須佐之男命(スサノオ)が祀られています。三姉妹のパパですね!

 

 

中津宮(なかつみや)

中津宮御祭神は市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)。狭依毘売命(さよりびめのみこと)とも呼びます。三姉妹の次女。(諸説あり!) 
「いちきしま」は齋く島の意味があるそうです。齋くは「清めて神に仕える」の意味。
何処の島のことを言っているかは不明です。彼女も海に関する神様です。

 

水琴窟の看板水琴窟そのものを撮影し忘れていたようです。二度目の水琴窟。一度目→武田神社
江の島の方が聞きやすかったです!

 

奥津宮(おくつみや)

奥津宮御祭神は多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)。田心姫(たごりひめ)とも呼びます。 
三姉妹の長女。(諸説あり!) 
末っ子似ていますが「滾り」が由来で激しい水の流れを表しているとか。あと霧を司る女神ともいわれています。

 

 

八方睨みの亀奥津宮拝殿の天井に描かれている八方睨みの亀。江戸時代の絵師、酒井抱一作。
これは模造で実物は社務室に保管されているそうです。

 

 

源頼朝寄進の鳥居源頼朝寄進の鳥居。 
1182年に源頼朝が寄進したと伝わる鳥居です。設置の場所も形も特定できません。って説明板に書いてありました…。江島神社に関してはこれで終わりです。

 

北条家紋 三つ鱗

北条家紋

 

北条家紋

 

北条家紋

 

北条家紋江の島の至る所で見かけるこの家紋。 
戦国時代好きならご存知だと思いますが北条家の家紋です。鎌倉幕府執権の北条時宗が江の島弁財天の祠で参籠した時のこと。北条時宗の前に気品のある女性が現れ「あなたの功徳によって子孫は繁栄し、日本を支配するだろう。しかし間違いを起こせばたちまち家は滅びてしまうでしょう。心得なさい。」と言いました。すると女性は大蛇になり三つの鱗だけ残して消えてしまいました。時宗はそれを持ち帰り家紋にしたそうです。

その後、北条早雲が「俺は北条の後裔だ!」といい引き継ぎました。北条早雲については小田原城に行った時にでも詳しく書きます。

おしまい。

弁天堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA