夷耶馬の中山仙境を登山して、帰りは夷谷温泉で汗を流そう!【大分の旅】

大分の国東半島北部に位置する夷地区には景勝地で有名な耶馬渓になぞらえた夷耶馬という観光スポットがあります。奇勝や奇石が多く見られる中山仙道は中級者向きの登山道になっており鎖をつたって登ることが出来ます。そして嬉しいことに登山を終えてクタクタになった暁には温泉が待っています。

今回は夷谷温泉と中山仙道登頂についての紹介です。それでは参りましょう!

 

夷谷温泉

夷谷温泉夷谷温泉へのアクセスは自動車であれば簡単です。国道213号を走っていると青看板に夷と書かれた交差点があるので曲がり10分くらい道なりに行けば着きます。あとバスもあるようですがこの地域を周っているだけなので自動車以外の方法で遠方からいらっしゃる方は難しいかもしれません。※行けないことはないがかなり面倒。

温泉の定休日は第2、4月曜日で10:00~22:00(要確認)まで営業しています。料金は格安で大人300円、子供100円。アメニティもシャンプー、ボディーソープがあるのでタオルを持っていけば大丈夫。これだけ安いと備品が付いていないものですが、かなり良心的な温泉でビックリしました。

湯質はカルシウム・ナトリウム硫酸塩泉で外傷、やけど、皮膚病、高血圧症、動脈硬化、筋肉痛などに効果があるといわれています。湯船は露天風呂、内湯2つ、水風呂、サウナ。お湯は温すぎず熱すぎず丁度よい按配。地元の方々で賑わっている温泉でした。

 

中山仙境登山口

中山仙境登山口さて、今回登った中山仙境の登山道はこんな感じです。現在地のところから尾根まで向かい尾根をひたすら通って下山。2時間~3時間くらいあれば周覇できるかと思います。私は下のmapにある駐車場の登山口から登りました。登山口は何ヶ所かあるようです。

 

中山仙境登山口ここが登山口。川を跨いで進みます。

 

中山仙境登山道登山口に入り道なりに行くとこんな感じに整備された階段が現れます。

 

中山仙境登山道
登山口を真っすぐ行った所にロープが掛かっている急斜面があるのですが、ここは登山口ではありません。最初間違えて登ったのですがそこで1時間くらい迷いました。ちなみに別の尾根まで行けますが行き止まりです。

途中にかなり乱れた古いお墓群があります。お寺でもあったのでしょうか?

 

中山仙境登山道

 

中山仙境登山道
台風があったので階段がずれていたり倒木があったりと少々荒れています。

 

中山仙境登山道
20~30分歩くと尾根に出ます。

 

中山仙境登山道
もう一つの登山口との合流地点。地図の右方向からきてる道ですね。

 

中山仙境登山道
最初の鎖場。ここは鎖なくても登れるくらい楽勝です。

 

中山仙境登山道
どんどん登って行きます!

 

中山仙境登山道
イノシシの沼田場。野生動物が身体ついているダニや汚れを落とすため泥を浴びる場所のことです。

 

中山仙境登山道少し開けてきました。この辺りから高さに怯えながら進むことになります。

 

中山仙境登山道
少々急な鎖場ですが階段が掘ってあるので楽ちんです。

 

中山仙境登山道
いい景色でした。

 

中山仙境登山道
難易度は高くありませんが踏み外して落ちたら死ぬので注意が必要です。

 

中山仙境登山道

 

中山仙境登山道
天空に架かる橋、無明橋です。片側は落ちたら「さようなら」です!以前は立ち入り禁止の看板があったようですが見当たりませんでした。ということで何事も経験と渡ってみました。

 

中山仙境登山道
尾根伝いに進みます。道中「中山仙道第○番札所」という看板と石像が点在しています。霊場巡礼をする方々もいらっしゃるのでしょう。

 

中山仙境登山道
プチ無明橋。ここからかなり迷いました…。

 

中山仙境登山道
プチ無明橋を越えて横ばいの鎖場を進むとこの札所があります。ここから少し進んで左に折れる登り道を探して下さい。左に折れずまっすぐ進むと行き止まりになっています。

 

中山仙境登山道
左に曲がって少し進むと長い鎖場があります。この鎖場はかなり危険です!

下から見て無理だと思ったら登らない方がいいでしょう。

 

中山仙境登山道
夷耶馬・中山仙境の(高城)頂上。316.9mとそこまで高くないですがむき出しの尾根を歩くのでもの凄く高く感じます。石碑には天照大御神と刻まれています。

 

中山仙境登山道

 

中山仙境登山道
馬の背と呼ばれる場所です。見ての通りスリル満点です。

 

中山仙境登山道
こんな感じで狭い尾根をひたすら進みます。

 

中山仙境登山道怖いです!滑落事故だって…?!

どうやらここで死亡事故が起きたようです。

 

 

恐怖をそそります!
CAUTION看板のところを下ると斜め急斜面の鎖場が待っています。ここが一番難しく怖かったです。

 

中山仙境登山道
隠れウト(隠洞穴)と呼ばれる場所。いろいろと祀られています。

 

中山仙境登山道
下に近づくほど地面が湿っていて滑りやすいです。まぁ、崖はないので安心ですが。

 

中山仙境登山道
やっと戻れました!道にかなり迷ったので4時間くらい山籠もりしていました。そしてこの後夷谷温泉へ行って登山の疲れを癒しました。

おしまい!

中山仙境登山道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA