前橋市の2つの心霊スポット訪問記【群馬の旅】

ここは前橋市敷島町、昭和町!

前橋市には心霊スポットをして扱われている場所が数ヶ所あります。その中でも安全で比較的アクセスしやすい2箇所を選んで訪問しました。どういった経緯から心霊現象がみられるようになったのか調べましたので紹介します。それでは参りましょう!

心霊スポット、凄惨な殺人事件について綴っていますのでそういう事柄に嫌悪感を抱く人はブラウザバックお願いします!

 

敷島公園

敷島公園敷島公園には野球場や陸上競技場などがありそこではよくスポーツ大会が開催されています。また県民の憩いの場として日中は穏やかな雰囲気で賑わいを見せています。一見すると普通の公園ですが真夜中になると状況が一転するといわれています。

噂話の域を出ないですが夜になると血だらけで苦悶の表情を浮かべた女性やびしょ濡れになった女性の霊が敷島公園付近を徘徊するとのこと。一体何故そんな恐ろしい噂が広まっているのか。

それは1971年(昭和46年)に逮捕され死刑になった連続殺人犯の大久保清が関係しているといわれています。彼は群馬県内で『絵のモデルを探している』などと言葉巧みに若い女性を誘い出し強姦と殺人を繰り返しました。

拒絶、抵抗して殺された被害者は8人ですが、他にも被害届を出していない者がいると予想されており正式な被害人数はわからず仕舞いとのこと。しかし大久保清の殺人事件を調べてみると数人の被害者の住所が前橋市だったということを除いて敷島公園との関連性はないことがわかりました。

他に可能性があるとすれば第二次世界大戦末期の前橋空襲でしょうか。でも敷島公園は市街地から離れていて空襲を受けていないから違うはず。私の周りに敷島公園で幽霊を目撃したという人はいないので多分ガセ情報なんだろうな。まぁ、心霊現象に遭遇したと聞かされても私は信じないですけどね。

 

天然記念物 岩神の飛石

岩神の飛石
天然記念物に指定されている岩神の飛石。赤城山、若しくは浅間山が噴火した際に飛んできた(流れてきた)巨大な火山岩です。この赤い岩を削ると赤い血が出てきて削った人が死ぬというお話があるそうです。恐らく『貴重で価値があるものなので傷つけないようにしましょう』という口伝が『触ると祟りにあうよ』に変わっていったありがちな話だと思います。

 

終わりに

敷島公園、岩神の飛石ともに根拠なく広まったガセ心霊スポットだと思います。というか全国殆どの心霊スポットがこんな感じですね。無念の内に亡くなった方なんて山ほどいらっしゃるでしょうし、多くの人間が死んだ場所が心霊スポットになるなら東京なんて都心殆どがこれに該当しますしね。ただ何故そこが心霊スポット扱いになっているのかを調べてみると、その地域の歴史がわかったりするので興味深いです。

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しましたので興味がある方はご観覧下さい。なおこの記事は適宜更新いたします↓

旅のまとめ【心霊スポットランキングベスト10 編】 

おしまい!

岩神の飛石

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA