雷を切った鬼道雪の居城・立花山城について【福岡の旅】

ここは糟屋郡久山町、新宮町または福岡市東区!

まずは鬼道雪こと立花道雪(戸次鑑連)について簡単に紹介いたします。彼はドン・フランシスコこと豊後国(大分)の大名・大友宗麟に仕えた武将です。大友氏の重臣で吉弘鑑理と臼杵鑑速と並んで三宿老に数えられています。

道雪は雷切や雷神の二つ名を持っていますが、これは彼に雷が落ちてきたとき千鳥という刀で雷を斬ったという伝説が由来です。まぁ、そのせいで半身不随になり輿に乗って戦わなければならない状況になってしまったのですが。立花道雪は病気で亡くなるまで大友氏を支え活躍し続けました。殊に戦に関しては神がかっていたそうです。

さて今回訪れた立花山は道雪が居城にしていた立花山城があった場所です。それでは立花山の様子と立花山城の歴史について見ていきましょう。

 

立花山城の歴史

立花山
立花山城は鎌倉時代或いは南北朝時代、豊後大友氏の一族・立花貞載が重要な貿易都市の博多を支配、守備するために築城されたと伝わっています。

 

立花山城
戦国時代に城主・立花鑑載が主家の大友宗麟を裏切り毛利元就に従います。これにキレた宗麟は立花山城に戸次鑑連(道雪)と吉弘鎮信を攻めさせこれを滅ぼします。それまでの功績を認められ道雪は1571年に立花城を与えられ立花氏の名跡を継承します。ただ道雪自身は立花姓は名乗らなかったようです。

 

立花城石垣がきれいに残っています。

男児に恵まれなかった道雪は1575年に娘の誾千代に家督を譲ります。この時、誾千代はまだ7歳でした。そして1581年に大友氏の宿老、高橋紹運長子・統虎を養嗣子に迎え入れます。統虎は後の『九州の逸物』とか『剛勇鎮西一』と呼ばれ褒め称えられた立花宗茂です。

ちなみに誾千代と立花宗茂の夫婦仲は険悪で子供が出来ず道雪及び宗茂の直系はここで途絶えてしまいます。

 

立花山城山頂

 

山頂の様子山頂に到着です!40分くらいで登れました。景色を見てみましょう。

 

立花山 景色博多湾方面が見渡せます。これを見るといかにここが重要な軍事拠点だったのか解ります。
さて下山します!

 

井戸跡
下山中にあった井戸跡。

1584年の沖田畷の戦い(島津・有馬vs龍造寺)で龍造寺隆信が戦死すると、大友宗麟は島津が本腰入れて攻撃してくる前に筑後(福岡南部)を攻めるよう道雪、高橋紹運に指示します。1585年、道雪は多くの城を攻略したものの龍造寺家晴が守る柳川城を攻めている最中に病没してしまいます。

道雪の死去によって大友軍は士気を一気に失い、これをチャンスと島津軍が仕掛けてきます。1586年に島津軍は2万~5万の兵を従え岩屋城を攻撃。ここは立花宗茂の実父・高橋紹運が守っていました。籠城側はたったの763名。

高橋紹運は見事な采配で城を守りますが半月ほどで全滅、落城し高橋紹運は自害。しかし岩屋城は守り辛い城で何もここに固執する必要はなかったとのこと。実際に息子の宗茂や黒田官兵衛に「退却して別の城に籠るべきだ!」といわれています。

では何故、紹運ほどの武将が命を賭してここを守ったのか。どうやら近くに控えている立花山城の宗茂、宝満山城の高橋統増(宗茂の弟)を守るためだったらしいのです。実はこの少し前に島津軍に勝てる見込みがないと悟った主君の大友宗麟が大阪城へ出向き豊臣秀吉に援軍をお願いしていました。

そのため岩屋城で自分が島津軍を引き付けておけば援軍が間に合い息子たち&主家が確実に助かるだろうと考えたわけです。

 

修験坊滝
そして島津軍は立花宗茂が守る立花山城へ進みます。しかし岩屋城で高橋紹運に痛手を負わされたのに合わせて宗茂が予想を遥か超えて戦上手ときたもんだ。結局、立花山城は攻めきれず豊臣軍(毛利軍)が近づいていることを知り包囲を解きます。この後、宗茂は豊臣軍と協力し合い島津軍を蹴散らしています。

功績が認められた宗茂は秀吉から柳川城を与えられ、立花城には毛利元就の三男・小早川隆景が入城しました。そして1601年黒田長政(官兵衛の息子)が福岡城を築き役目を終えた立花山城は廃城となりました。

 

梅岳寺
立花山登山口の手前にある梅岳寺。ここに立花道雪は埋葬されています。

 

梅岳寺
右奥が道雪の墓石です。真ん中に継母の養孝院。

左手前が部下の薦野増時(こものますとき)。薦野増時は才能豊かな人物で道雪は彼にかなり惚れ込んで婿養子に入れ家督を譲ろうとしました。が薦野増時本人が『後々お家が乱れる原因になる』といった理由で断ったそうです。死後も道雪と墓を並べると約束していたのでここに埋葬されています。

これで立花道雪及び立花山城編を終わりにします。

おしまい!

立花城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA