よく読まれている城郭&城跡めぐり記事ベスト10

ここは日本各地!

『城跡を訪ねれば歴史がわかる。』私が今さっき作った言葉ですが本当にそんな気がします。天守が残っているような華やかな城、雑草が繁茂するほったらかしな城。そこでは百戦錬磨の名高い武将が城主を務めたり、殆ど無名でよくわからない城主が居たり。戦に巻き込まれることなく終わった平和な城や兵隊が奮闘し死屍累々となった城…etc.といった感じで城跡には様々な物語があります。

ここでは私こと『いちち』がこれまで訪れた城跡の中で読者の方に特に読まれている記事(best10)をお送りします。2016年8月19日から1月19日の半年間を集計しました。新しい記事もどんどん追加されていきますので適宜更新したいと思っています。

それぞれの記事へは文字色の違うリンクをクリックすると行けます。どうぞゆっくりしていってください。

それでは参りましょう!

 

第10位 群馬の旅【信州真田氏ゆかりの城、沼田城の現在 編】

沼田城10位は真田信之居城の沼田城跡

現在は公園として沼田市民の憩いの場になっています。それなりの規模でかつては5層の天守があったとか。真田信之は優秀な武将として有名ですが子孫の真田信利が暴君で結果悪事がばれ沼田藩を改易になってしまいました。

 

第9位 群馬の旅【高津戸峡と歴史に翻弄された高津戸城 編】 

高津戸城跡9位は群馬県みどり市にあった高津戸城跡

地元の人間も殆ど知らないと思われるかなりマニアックな歴史記事を扱っています。登場人物の『誰だそれ?』感がすごいです!

 

第8位 群馬の旅【箕輪城主・長野業正と真田幸隆の逸話 編】

左右で積んだ時代が違う石垣8位は上州の黄斑こと長野業正が居城にした箕輪城跡についてです。

記事では長野業正と真田幸隆(信之&幸村/信繁の祖父)との逸話について綴っています。恐らく創作ですが群馬県出身の私としては夢のある話なんだよなぁ。

 

第7位 東京の旅【小田原征伐が由縁。悲劇の心霊スポット八王子城跡 編】

御主殿虎口7位は東京都の八王子城跡

戦国時代に後北条氏が治めていた城です。1590年の豊臣秀吉による小田原征伐で八王子城は壮絶な戦いの末落城。女、子供が身投げしたという滝が残っていて心霊スポットとしても有名です。

 

第6位 群馬の旅【剣聖と名高い群馬の偉人、上泉信綱とは?編】

上泉信綱6位は群馬が誇る剣聖・上泉信綱の居城、上泉城跡

上泉城は甲斐武田氏に落城させられてしまいます。上泉信綱は主君の長野氏が滅びると弟子数人連れて剣の旅に出掛けました。その旅で出会い教えた人物がすごい人ばっかり。詳細は記事で。あと公家の山科言継とマブダチです。

 

第5位 岐阜の旅【岐阜城と金華山 編】

岐阜城外観5位は岐阜城跡

岐阜城(稲葉山城)といえば斎藤道三と織田信長ですね。一代国盗りで有名な道三ですが『実は親父と道三で美濃国を盗ったのではないか』と最近の研究ではいわれているそうです。

 

第4位 群馬の旅【桐生市の歴史と桐生城(柄杓山城)について 編】

桐生城4位は我が生まれ故郷の桐生にある桐生城跡

桐生の名の由来や名産・桐生織の発祥について書いてあります。かなりマニアックな記事なのでランクインするとは思いませんでした。

 

第3位 群馬の旅【太田の守護神が祀られる新田金山城 編】

大手虎口さて第3位は群馬で一番有名であろう武将・新田義貞公が祀られる太田金山城

ここは群馬県にいらっしゃることがあれば是非訪れていただきたい場所です。(城好きに限る)石垣が本当に素晴らしい。『群馬にこんなところにあるのか…。』と私は驚きました。

 

第2位 群馬の旅【真田幸村のお爺さん真田幸隆が城主だった岩櫃城跡 編】 

岩櫃山それでは第2位!

甲斐武田氏に属していた真田幸隆が落城させ居城にした岩櫃城跡についてです。孫の代まで続いた岩櫃城は1614年に一国一城令で廃城になります。この記事では真田氏の物語をさくっと綴っています。

 

第1位 山梨の旅【無念…。憎悪の心霊スポット?!新府城跡 編】

武田勝頼慰霊塔めでたき第1位は…。

甲斐武田氏、特に信玄の四男、武田勝頼と関りが強い新府城跡でした。何故、この記事のアクセスが多いのか。それは心霊スポット記事だからです。当『にっぽん旅行記』はgoogleに心霊スポットサイトとして認定されているのか圧倒的に心霊記事が強いのです!

私としましては歴史記事の方に力を入れて書いているつもりなのですが…。まぁライバルが多いから仕方ないのかもしれないですね。もっともっと史跡に訪れて歴史記事をしっかりとした文章で綴っていけば後々覆るはず!ガンバロウ!!

 

終わりに

城跡は日本各地に点在しています。きっとあなたの街のどこかにもあるはずです。暇があるとき散歩がてらに寄ってみるのもまた一興。

おしまい!

大手虎口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。