黒田官兵衛ゆかりの心霊スポット!赤壁・合元寺について【大分の旅】

ここは中津市寺町!

戦国時代に黒田官兵衛(孝高)が治めた中津城下東には寺町という寺院密集地帯があります。中津だけに限らず戦乱の世の城下町には往々として寺院が防衛施設として築かれました。広く塀で囲まれた様は将に砦そのもので有事の際には兵隊が寝泊まり可能、そして万一敵襲があれば鐘で町中に知らせることも出来る。といった感じの理由からです。

今回訪問した合元寺もそのうちの一つの寺院なのですが、他のどの寺院よりもひときわ目立っています。もし何も知らずに合元寺の前を通ったなら『えっ。何この寺?なんか怖いんだけど…。』と思う方も少なからずいるでしょう。実際、心霊スポットとしても有名みたいです。

 

合元寺へのアクセス

自動車で向かうなら中津駅北口前の駐車場か福沢諭吉旧居(記念館)で駐車するのがよいかと思います。福沢諭吉旧居もついでに観光していきましょう。

中津駅北口から信号がある交差点を直進。すると小さな川が見えてきますので川に沿って左折します。50mくらい歩くと小さな交差点がありますので右折。そのまま道なりに進むと道路が石畳になります。石畳通り(寺町通り)を左折すればすぐ到着します。

福沢諭吉旧居(記念館)からなら駐車場から左に出てしばらく歩くと石畳の道があるのでそこを左折して直進すれば着きます。

共に徒歩5~7分で行けるでしょう。

 

赤壁・合元寺の外観

合元寺

 

合元寺
こちらは寺町通りの様子。一般的な城下町の通りといった感じです。それでは合元寺をご覧下さい。

 

合元寺

 

合元寺赤ゐ。赤ゐ。ひたすらに赤ゐ…。

白と黒が基調の寺町通りですがここだけ異彩を放っています。何故、合元寺の塀は赤いのか?それは戦国時代に起きたある悲しい事件が大きく関わっています。

 

合元寺の悲話 黒田氏と宇都宮氏の戦い

合元寺1587年、豊臣秀吉による九州平定で功を認められた黒田官兵衛は豊前国(福岡と大分の一部)の6郡を与えられました。同じく九州平定で活躍した佐々成政は拝領した肥後国(熊本)の統治に失敗し国人衆が反乱を起こします。

これを鎮圧するため官兵衛は肥後国に援軍として向かいます。この隙を突いて宇都宮(城井)鎮房が豊前国の国人衆と反乱を起こします。

 

合元寺お願い地蔵と延命地蔵。

宇都宮鎮房は豊前国の大名で九州平定の際に豊臣秀吉に味方しました。しかし病気を理由に戦は息子に任せ本気を見せなかったため秀吉から訝しがられます。そのためか伊予国(愛媛)への転封と家宝の献上を要求されます。

宇都宮鎮房からしたら鎌倉時代から先祖代々過ごしてきた豊前国から離れたくないし、突然やってきた偉そうな秀吉に家宝を渡すわけにはいけないと思ったのでしょう。鎮房も秀吉も頑なに譲らず官兵衛と鎮房の関係が険悪に…。

 

合元寺宇都宮鎮房が反乱を起こすと留守を預かっていた黒田長政(官兵衛の息子)が討伐に向かいますが地の利を得る鎮房はゲリラ戦法で長政を苦しめ撤退させます。しかし百戦錬磨の官兵衛が中津に戻ってくると戦況は一転します。

官兵衛は出城を築き宇都宮方が守る城井谷城の補給線を切断し持久戦を狙います。その間に他の国人衆を攻め落としていったためどうすることも出来なくなった鎮房は止む無く13歳の娘、鶴姫を人質に差し出し降伏します。

 

黒田親子による合元寺の悲劇

結果からいうと宇都宮鎮房は黒田親子によって殺されます。というか一族殆ど殺されます。息子の朝房(このとき官兵衛の肥後一揆討伐軍に加わっていた)、城井谷城にいた父の長房。13歳の鶴姫と一族十数名なんかその日のうちに中津川に磔にされ処刑です。

酒宴があるということで宇都宮鎮房は家臣を連れ中津城に向かいます。そのとき鎮房は多くの家臣を合元寺で待機させます。そして数名を連れて城へ。その経過はよくわかりませんが酒宴の席で黒田家臣に囲まれ家臣ともども謀殺されたのでしょう。※黒田氏の意思だけではなくもちろん豊臣秀吉が絡んでいるとは思います。

そして宇都宮家臣が待機していた合元寺にも黒田の兵が押し寄せます。黒田の奇襲になすすべもなく悉く討ち取られ寺の塀は血まみれになりました…。ちなみに争いの最中に出来た刀傷が現在も寺の大黒柱に残っています。

 

終わりに

合元寺その後、合元寺の壁をいくら白に塗り替えても…塗り替えても。赤く染まっていったそうな。『なら、いっそのこと赤く塗ってしまおう!』と現在の姿になりました。かなり残酷な物語ですがここは死ぬか生きるかの戦国時代。ちなみに宇都宮一族は鎮房の弟と妊娠していた朝房の妻が辛うじて逃げ延び滅亡の危機だけは逃れることが出来ました。

たくさんの人間が亡くなった場所なので心霊スポットとして扱われてしまうのは仕方ないかもしれません。ただ史跡として観た方がドロドロとした人間劇が知れて面白いと私は思いました。だって皆に崇められる超有能な官兵衛とその息子(長政が有能かどうか知らん)の戦国武将としての姿が垣間見れますからね。

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しましたので興味がある方はご観覧下さい。なおこの記事は適宜更新いたします↓

旅のまとめ【心霊スポットランキングベスト10 編】 

おしまい!

合元寺

2 件のコメント

  • あら。中津へ行かれたのですね。
    さっきまで観ていた、今週の、鶴瓶の家族に乾杯も中津でした。(金曜日に再放送あります)

    黒田家と深いつながりのある中津。調べると奥が深いかもですね。

    • こんばんは上総さん。

      奥が深いです!中津は史跡もあり景勝地(耶馬渓)もありかなりおすすめな観光スポットです。あと唐揚げがおいしいらしいです。まだ食べたことありませんけど…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA