吉弘城跡と豊後大友氏に仕えた義の家系・吉弘氏について【大分の旅】

ここは国東市武蔵町吉弘西ヶ谷!

大分県の戦国大名である大友氏について調べているとよく出てくる吉弘氏。この家系は大友氏の分家で初めは国東半島の武蔵郷、後に都甲荘(豊後高田市)に本拠を置きました。非常に優秀な一族で戦国時代末期に石垣原の戦いで大友氏が滅亡するまでこれを支えました。

ここでは現在の吉弘城の様子と吉弘氏出身の歴史著名人を紹介したいと思います。それでは参りましょう!

 

吉弘城へのアクセス

場所はこの辺りです。大分空港から国道213号線を北へ。(国東市役所方面)みなとの交差点を左折し県道55線を道なりに進むと右側に楽庭八幡宮が見えてきます。そこから3番目の小路を左折すると着きます。

なかなかわかりにくい場所にあるので上の地図を参照にしてください!

 

吉弘城跡

吉弘城跡吉弘城は西ヶ谷の城山頂上に築かれた山城です。1334年に吉弘氏初代の正堅によって築城されたと伝わります。遺構は石畳や土塁、竪堀、石垣などが残っているようです。

 

吉弘城跡頂上にある石碑。この先の藪の中を突き進むと遺構らしきものがあります。

 

吉弘城跡

 

 

吉弘城跡築城当時に積まれた石垣なのか?それとも近年積まれたものなのか?

 

吉弘城跡

 

吉弘城跡石畳の通路のように見えなくもない。ただ台風などで石が流れて来ただけなのかもしれない。

 

吉弘城跡

 

吉弘城跡少し開けた場所もあります。頂上の案内板に館跡とあったのでもしかしたらこの辺りに館が建っていたのかもしれない。ってな感じで全く整備されていないのでどれが遺構なのか素人にはわからないです。

次は吉弘氏で特に有名な武将を紹介します。

 

吉弘鑑理(あきまさ)について

吉弘城跡吉弘鑑理は1519年から1571年に生きた戦国武将で大友宗麟全盛期に活躍しました。彼は臼杵鑑速や吉岡長増らと合わせて豊後三老と呼ばれていました。病死する寸前まで戦に明け暮れた猛将ですが、それだけではなく政治の能力も高かったようです。また申次職(取り次ぎ役)を務めるなど大友宗麟から絶大な信頼を得ていました。

※ここからの写真は吉弘氏とゆかりのある楽庭八幡宮です。

 

吉弘鎮理(高橋紹運)について

吉弘城跡吉弘鎮理は鑑理の次男で1548年から1586年を生きました。後に高橋紹運と名乗ります。息子に立花宗茂という超有名人がいます。宗茂の義理の父、立花道雪と共に行動することが多く若くして大友氏の重臣となっています。

大友氏の武将の中では取り分け目立った存在だった高橋紹運ですが、彼を特に有名にした事といえば岩屋城の戦いでしょう。この戦いで主家に対する義、そして大切な息子たち生かせるべく奮闘、戦死しました。詳しくはリンク先へどうぞ。

 

吉弘統幸について

吉弘城跡吉弘統幸は鑑理の孫。1563年に生まれ1600年に亡くなりました。

父の鎮信が1578年の耳川の合戦(大友vs島津)で戦死すると吉弘氏の家督を継ぎ大友氏を支えました。大友義統(宗麟の息子)が文禄の役で失態を起こし大友氏が改易になると黒田氏、立花氏に身を寄せました。

1600年の関ヶ原の戦いで義統は石田三成らに『我々に味方して勝ったら豊後国あげるよ!』とそそのかされて(?)西軍に付きます。統幸は義統の息子である義乗が徳川家康に付いていたので東軍として戦うべきと考え義乗の下へ向かおうとします。

その道中で義統と出会い『東軍に付くべきです。』と説得しますが聞く耳持たず。仕方なく義統と行動し西軍として戦うことになってしまいました。そして現在の別府で黒田官兵衛と細川忠興の軍とぶつかり統幸は敢闘するも討ち死にしてしまいます。この戦いを石垣原の戦いといいます。

 

終わりに

吉弘城跡吉弘氏は上記3名が主に対して懸命に尽くしたため『義の将』と名高い家系です。正直私は義理深くないと自覚症状があるので彼らのような生き方に憧れと懐疑の感を抱きます。凄いと思うけど私には出来ません!

おしまい!

吉弘城跡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。