ギャンブル運が上がる?国定忠治の墓にお参りしてきた【群馬の旅】

『赤城の山も今夜を限り…。』

このセリフで有名な国定忠治は江戸後期に活躍した侠客、博徒で現在の伊勢崎市国定町に生まれました。今回は国定町の養寿寺にある国定忠治の墓にお参りしてきました。彼がどのような人物だったのかを写真と共に紹介します。

それでは参りましょう!

 

国定忠治の墓へのアクセス

もの凄く説明しにくい場所にあります。なのでgoogle mapで『養寿寺 群馬』とお調べください。そうしたら優秀なgoogle先生が道案内してくれます。両毛線の国定駅から歩いていける距離です。20分くらいかかりますが…。

 

国定忠治について

国定忠治国定忠治の本名は長岡忠次郎といいます。1810年に国定村(現、国定町)の豪農の家に生まれました。若かりし頃の忠治については不詳ですが早くから侠客の世界にいたようです。

忠治の経歴を細かく記すと殆どの方が『誰それ?何それ?』になってしまうので簡単にざっくり説明しようと思います。

彼は二十歳くらいのときに伊勢崎境百々の親分が亡くなり、境百々の縄張りを譲り受けます。その後は縄張り争いや敵討ちで殺人を犯したり、当時大罪とされていた関所破りを行い全国?指名手配されます。しばらくの間は逃げ隠れ生き延びますが、やがて病に侵され群馬の縄張りに帰ってきます。

縄張りを子分に譲り看病されながら忠治は暮らしていましたが、幕府の追手に捕縛され江戸の伝馬町牢屋敷に繋がれます。最後は関所破りをした大戸(群馬県吾妻)に連れていかれ磔刑に処せられました。享年41歳です。

 

何故、忠治が人気なのか?

国定忠治何故なのか?上記の説明を見る限りただの犯罪者にしか見えませんよね。

国定忠治が現在まで語り継がれる理由は天保の大飢饉での対応です。

当時の群馬県は役人が不正を働き私腹を肥やし平民はどうにもならない状態でした。通常時でも苦しいのに大飢饉に襲われ一帯は阿鼻叫喚地獄になりました。

しかし忠治が治めた境百々では一人の餓死者が出なかったそうなのです。なんと、彼は博打小屋で得た金を農民らに施し危機を乗り越えさせたのです。恐らく大飢饉中に博打ができる人なんて役人や大商人などお金持ちばかりでしょう。そんな彼らから金をせしめて地域を活性化させました。

また、敵同業者に対しては冷酷無比な忠治ですが、堅気(一般人)には一切手を出さなかったため民衆からの人気は凄まじいものでした。忠治が治める縄張りは他の地区より治安が良かったといわれています。また、彼が長い間、幕府の追手から逃れられたのも民衆の協力があったからなのでしょう。

 

終わりに

国定忠治国定忠治の墓は柵に囲まれています。

墓を削ってお守りにすると勝負運(ギャンブル運)が付くという噂があります。柵はそんな残念な方々から守るために設置されたものだそうです。若い頃は知らないけど忠治って親分だから主催者側だよね?主催者側は勝たせてくれません。忠治の墓石を持っていてもカモになるのが落ちです!

群馬の偉人の一人ですが、伊勢崎市は英雄でありヤクザな国定忠治をどう扱っていいか困っているようです。

おしまい!



国定忠治

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。
休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。

コメント待ってるよー!