草津温泉のついでに絶対よって欲しい白根山の湯釜【群馬の旅】

草津温泉に行ったら是非訪れていただきたい草津白根山。頂上までの道のりは活火山特有の殺伐とした風景が続き、何というか…。

いちち
地獄にでも来てしまったのか?
と思わせるような雰囲気があります。

しばらく車を走らせ山頂付近まで到着するとポツンとレストハウス、山には噴火による噴出物を防ぐトーチカのようなものが点在しています。レストハウスの駐車場から山頂に続く登山道があります。

さて、そこにはどんな風景が広がっているのか?見ていくことにしましょう!

 

草津白根山へのアクセス

草津温泉までの道のりは世界に誇れ草津温泉!温泉の情報や歴史について書くをご覧ください。

草津温泉からは自動車で30分程。一本道なので簡単に行けます。草津バスターミナルから白根山行きのバスが出ていますので車がない方でも安心です。草津バスターミナルは草津役場のすぐ近くにあります。

草木白根山は活火山のためしばしば通行規制が入ります。レストハウスまで行けても火口まで登れないことがありますので。気象庁や地域のサイトを確認してから向かうことを強くおすすめします。

 

草津白根山の風景

草津白根山

 

草津白根山こんな感じの道をひたすら進んでいきます。

 

草津白根山

 

草津白根山火山ガス(硫化水素)の噴出口があちらこちらにあるので外に出られない場所が多くおります。

ガスが出ているところが見所なのに残念です。まぁ、無理に外へ出て中毒になったら堪らないので安全なところで下りて写真を撮りました。

 

草木白根山の湯釜

草津白根山頂上付近にあるレストハウスの駐車場に停めて登山します。

足場が悪い上にかなりの坂です。標高が高く空気が薄い、そして硫黄臭い…。健康な方でもかなりの体力を奪われます。体力に自信がない方、体調がすぐれない方、足の悪い方は登らない方がいいかもしれません。途中に売店や自動販売機がないのでレストハウスで飲み物を買って挑みましょう。

 

草津白根山湯釜は火山活動によって生まれた直径300m、深さは30mのカルデラ湖です。ph1.0前後の強酸性。

それでは湯釜の風景を見てみましょう!

 

草津白根山

 

草津白根山

いちち
幻想的ですよね~。写真だけ見ると日本じゃないみたい。

温泉みたいで入って見たくなりますが水温は意外と低いようです。まぁ、入ったらあの世行きなんですけどね!本当かどうか知りませんが、エンペドクレス自殺をする人もいたとか…。

エンペドクレスは古代ギリシアの哲学者でエトナ火山に飛び込んだ方です。

 

終わりに

冒頭でもお伝えした通り噴火状況によって行きたくても行けないときがあります。県外から草津にいらっしゃる旅行者は通行規制がなければ絶対行きましょう!

おしまい!



草津白根山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。
休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。

コメント待ってるよー!