よく読まれている歴史探索記事ランキングベスト10

当ブログにっぽん旅行記は歴史探索をメインとして活動しております。

いちち
そこへ赴き、そこで何が起こったのかを調べ記事としてUPするのが私のポリシー。

歴史記事を書くだけならば訪問せずとも幾らでも記事は書けるのですが、場の空気や立地などを身に感じたほうが楽しいですし、何より記憶に定着しやすいと思うのです。

今回は読者さんによく読まれている歴史探索記事をランキング方式でまとめてみました。

どういうわけか暗く残酷な歴史の記事ばかりなので耐性がない方は閲覧注意です!
各記事の詳細は表題(見出し)のリンクから飛んでください。

それでは参りましょう!

 

10位 なんで世界遺産なの?荒船風穴ってどんなとこ?【群馬の旅】

荒船風穴世界遺産の富岡製糸場に関する史跡です。

いちち
天然の冷房施設である風穴を昔の人は何に利用したのか?という内容です。

 

9位 死屍累々の心霊スポット田原坂公園?!西南戦争での激戦・田原坂の戦いについて【熊本の旅】

田原坂公園表題の通り明治時代に起きた内乱・西南戦争のお話です。

田原坂は激戦区になり多くの死者を出したことで有名。訪れたとき多くの自衛隊員が見学していました。資料館の展示物を真剣なまなざしで見つめる彼らはとても印象的でした。

 

8位 不気味な心霊スポット伝馬町牢屋敷跡、斬首と切腹について【東京の旅】

江戸伝馬町処刑場跡江戸時代にあった牢獄兼処刑場です。

吉田松陰はこの牢屋敷で斬首されました。記事には切腹や斬首のことが書かれています。

 

7位 天下の義人って?茂左衛門地蔵尊に参拝しよう!【群馬の旅】

茂左衛門地蔵尊群馬県出身で知らない人はいないであろう上毛かるたの『て』↓

いちち
天下の義人、茂左衛門
に関する記事です。

民衆の英雄が不条理に翻弄される悲しいお話です。

 

6位 華厳の滝が心霊スポットになった理由と藤村操の巌頭之感について【栃木の旅】

華厳の滝華厳の滝が自殺スポットとして認知される原因を作ったであろう藤村操。

彼が投身自殺する前に彫った遺書について書きました。

 

5位 悲劇の心霊スポット八王子城跡と御主殿の滝【東京の旅】

八王子城戦国時代に豊臣秀吉の大軍に攻められた後北条氏が守った八王子城についてです。

勝てる見込みのない八王子城の兵たちは無慈悲に戦死していきました。残された女子供は辱めを受けるならと主殿近くにあった滝に身を投げます。豊臣vs後北条は関東地方に暗い歴史を落としていきました。

 

4位 斬って磔、燃やされて…。心霊スポット・鈴ヶ森刑場とは【東京の旅】

鈴ヶ森刑場遺跡江戸三大処刑場の一つ鈴ヶ森刑場跡。

ここでは罪が重い人々が火炙りや磔刑で殺されました。

いちち
人間は残酷な生き物です。

 

3位 残酷な歴史が生み出した恐怖の心霊スポット?!新府城跡について【山梨の旅】

新府城 本丸甲斐武田氏の末期に築城された城です。

亡き信玄公の跡を継いだ武田勝頼は織田信長、徳川家康連合軍に追い詰められ新府城から更に東へ逃亡します。その際、人質を城と共に焼き払ってしまいました。

勝頼は逃亡先で裏切られ行き場を失い自害します。

 

2位 心霊スポット考察!水神様と城下トンネルについて【群馬の旅】

夜の城下トンネル心霊スポットで有名な城下トンネルの探索。

トンネル上部にはこの辺りの暗い歴史を紐解く石碑がありました。私にとってにっぽん旅行記の中で特に思い入れが強い記事の一つです。

 

1位 数多の血吸う心霊スポット・小塚原刑場跡とは?【東京の旅】

小塚原刑場首切り地蔵が印象的な小塚原刑場跡。

4位の鈴ヶ森刑場と同様、江戸三大刑場の一つです。ちなみにもう一つは八王子にある大和田刑場。(ここは遺構が残っていないため行っていない)

 

終わりに

お気づきだと思いますが歴史探索記事といいながら殆ど心霊スポットの記事になっています。恐らくgoogleなどの検索エンジンがにっぽん旅行記を心霊スポットやオカルトのサイトとして見ているのが原因でしょう。

いちち
google先生、にっぽん旅行記は心霊スポットのサイトじゃないよ!

他のまとめ記事もどうぞご覧ください↓

おしまい!



田原坂公園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。
休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。

コメント待ってるよー!