終わりかけの神流町・鯉のぼり祭りを見学してきたよ【群馬の旅】

神流町(かんな)の鯉のぼり祭りは毎年4月末から5月上旬に行われています。神流川にかかる鯉のぼりの数は何と約800匹!私が訪れたときは祭りの終わりかけだったので人は殆どいなく出店はありませんでしたが、神流町観光サイトの祭り情報を見るとなかなかイベントが充実していることが分かります。

いちち
鯉のぼりを見たいだけだったら終了間際がねらい目かもね!

上の場所で毎年開催されています。

 

神流町・鯉のぼり祭りの風景

神流町 こいのぼり祭りの始まりは昭和56年5月。

最初は100匹の鯉のぼりだったそうです。

 

神流町 こいのぼりそこから徐々に増えていき昭和62年5月には800匹まで増えました。

いちち
そこからは増えてないのかな?

 

神流町 こいのぼりちなみに日本一(世界一)の鯉のぼりを揚げる祭りは同じく群馬県の館林市、こいのぼりの里まつりです。

この祭りでは4500匹の鯉のぼりが揚げられるそうです。

 

神流町 こいのぼり神流町の鯉のぼりが特に美しいと感じられる理由は山に向かってワイヤーが張られていて、立体的な鑑賞できる点だと感じました。

いちち
本当にのぼっているんです!

 

終わりに

神流町 こいのぼり鯉のぼりもきれいですが川もきれいです。

いろいろと調べて語りましたが、たまたまなんですよね。この祭りに遭遇したのは。そもそも神流町でこんな祭りが開催されていることすら知りませんでした。

祭り終了時に行けたのは本当に幸運だったと思います。ピーク時だったら絶対素通りしてました。でもまぁ、素晴しい景色だったので今度は祭り自体を楽しんでもいいかなと思っています。

おしまい!



神流町 こいのぼり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。 コメント待ってるよー!