色んなご利益があるパワースポットの赤城神社に参拝する【群馬の旅】

上毛三山の一角、赤城山。最高峰の黒檜山は1828m。

その頂上付近には赤城神社が鎮座しています。多くの神様がいらっしゃるということで沢山のご利益があるといわれています。例えば↓

心身健康 ・ 無病息災 ・ 病気平癒 ・ 開運招福 ・ 家内安全 ・ 商売繁盛 ・ 社運隆昌交通安全 ・ 旅行安全 ・ 工事安全学業成就 ・ 試験合格 ・ 芸事上達 ・ 必勝 ・ 当選 ・ 良縁 ・ 縁結び ・ 子授け ・ 安産 ・ 子育て ・ 初宮詣 ・ 七五三厄除け ・ 方位除け ・ 心願成就

などなど多岐にわたっています。故に老若男女問わず多くの方が参拝しています。

それでは赤城神社の紹介をいたします!

 

赤城神社へのアクセス

遠方からいらっしゃる方は関越自動車道・赤城ICを下り赤城山方面へ向かいます。しばらく直進し畜産試験場の交差点を左折。進むと赤城山頂上付近に着きます。T字路を右折すると大沼の湖畔が見えてきます。そのすぐ近くです。

 

赤城神社について

赤城神社赤城神社は大沼に浮かぶ真っ赤な神社です。

大沼は正式には『おの』と読むそうですが、私たち(群馬県民)は普通に『おおぬま』と呼んでいました。真冬に行われるワカサギ釣りが有名です。

 

赤城神社御祭神は磐筒雄命(いわつつおのみこと)と赤城姫命(あかぎひめのみこと)です。

磐筒雄命は火神のカグツチの首を切った剣に付いていた血から生まれた神様です。岩に関する神様のようですが詳細はわかっていません。赤城神社によると↓

殖産興業、厄難消除、学問芸術の神又特に火防の神として高い御神徳を発揚せられます。

赤城神社 HP ご由緒より

 

赤城姫命は↓

一説に「赤城姫命」(あかぎひめのみこと)は大胡氏の息女ともいわれていて、旧別当は天台宗東叡山寛永寺末、赤輝山円明院当覚寺(江戸名所図会には東覚寺と記載)で同寺の本地仏は乗馬姿の地蔵尊でありました。

かつての神仏混淆の頃、赤城大明神の御神影であると称して当覚寺から氏子中へ頒布したことがあるので、
今なお折々氏子中の旧家に散見されるため、当社の祭神である「磐筒雄命」(いわつつおのみこと)とはかかわりはないが、合殿とされています。

赤城神社 HP ご由緒より

いちち
磐筒雄命も赤城姫命も詳細がよくわからない神様ですね。

 

赤城神社赤城神社は少なくとも平安時代には存在していたようですが、創立についてはよくわかっていません。場所は山頂付近ではなく麓の村落だったのではないかといわれています。鎌倉時代に入ると山籠もりなどで修行する修験道と仏教が混じり日本特有の独特な宗教観を呈するようになります。

室町時代後期に成立したといわれる日光山縁起では栃木県日光山と赤城山の神様が中禅寺湖を奪い合ったという物語が残っています。日光権現は大蛇、赤城大明神は大百足に変身し戦いました。残念ながら我が赤城大明神は負けてしまいます。

 

赤城神社江戸時代には前橋藩を中心として上野(群馬)の人々の信仰を集めました。明治時代の廃仏毀釈により仏教色が無くなり現在に至っています。

 

終わりに

いちち
赤城山南麓出身の私は常にこの山を見て育ったため特別な思い入れがあります。群馬から遠くへ離れるとき国定忠治のように『赤城の山も今夜を限り…。』と心の中で呟いたとか…。

おしまい!



赤城神社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。 コメント待ってるよー!