原爆ドームを訪れて。原子爆弾についてちょっと勉強した【広島の旅】

1945年8月6日午前1時45分。

マリアナ諸島テアニン島から原子爆弾・リトルボーイを搭載したB29エノラ・ゲイが離陸。

午前8時15分17秒。

上空で自動投下されたリトルボーイは43秒後、地上から約600mの位置で炸裂。

『ピカッ!』という眩い閃光を放ち広島の街は焦土と化しました。

 

原子爆弾について

原爆ドーム

ウランやプルトニウムといった元素に中性子を衝突させると、原子核が2つに分かれ(核分裂)、エネルギーを放出する。核分裂と同時に平均2.5個の中性子が飛び出し、連続して核分裂が起こることによって、放出されるエネルギーは巨大なものとなる。このエネルギーを兵器に利用したものが、原子爆弾(原爆)である。

長崎市平和・原爆 原爆の記録 原子爆弾とはより 

原子の核は陽子中性子で構成されています。

『+の電子を持つ陽子』と『電子を持たない中性子』は核力という力でバランスを保っています。核に外から中性子を与えバランスを崩すとエネルギーが発生します。これが核分裂です。

ウラン235(原子爆弾に使われるウランの名称)の核は核分裂を起こすと放射性物質と平均2.5個の中性子を放出します。この放出された中性子が別のウラン核に入り込むことによって次々と核分裂が起き凄まじいエネルギーが生み出されていくのです。核分裂が連鎖的に進むことを臨海といいます。

いちち
臨海はもの凄い速さで進みます。核の急速なエネルギー放出が小さな火球を作り熱線などを放出します。これが原子爆弾の仕組みというわけです。
広島はウラン型、長崎はプルトニウム型の爆弾が使用されました。

 

放射能について

原爆ドーム

放射能、放射線、放射性物質。この3つの違いを電灯に例えると、「放射線」は懐中電灯の光、「放射能」は懐中電灯の光を出す能力のこと。そして懐中電灯は「放射性物質」ということになります。

電気事業連合会 放射能と放射線より

放射線(ガンマ線や中性子線など)は電磁波の一種です。目に見えない光のようなもので生物に衝突すると体内の原子に反応し別の原子に変化したり破壊させたりします。これを外部被ばくといいます。また放射性物質を体内に入れ内部から被ばくすることを内部被ばくといいます。

被ばくすると免疫力が著しく低下し白血病や癌、様々な病気になりやすくなります。

 

広島の被害

原爆ドーム被害者の正確な数はわかっていません。

1945年(昭和20年)12月の末までに約14万人が亡くなったと推測されています。爆心地から1.2km以内で直接熱線を浴びた人々は皮膚が焼けただれ即死、もしくは数日で死亡しました。

爆風も凄まじく吹き飛ばされて亡くなった人、ガラス片を浴び全身に刺さった人などなど…。

広島は阿鼻叫喚地獄となりました。

 

原爆ドーム

 

原爆ドーム写真は爆心地の島病院と投下目標とされた相生橋です。

原子爆弾は熱線、爆風を運よく避けられた人々にも牙をむきます。爆発から1分以内に大量に降り注いだ放射線は内部から人々を犯しました。

残留放射線は外から救援などで訪れた人々の命を狙います。

 

原爆ドーム空高く巻き上げられたチリや残骸は黒い雨となって爆心地から北西に向かって降り注ぎました。その中には放射線に侵された放射性物質が多く混じっていました。そのため爆心地から離れた人々も被ばくしてしまいます。

今もまだ被ばくのため苦しみながら生きている方々が存在しています。

最後に原爆が落とされた理由を見ていきます。

 

何故、原爆が落とされたのか?

原爆ドーム

いちち
日本が降伏しないからアメリカは止む無く原爆を落とした。
と昔は認識していました。まぁ、間違ってはいないと思います。でも『早く戦争を終わらせたかった。』が正しいかな。日本は放っておいてもそのうち降伏したでしょうし。

この頃になると『日本vsアメリカ』ではなく『ソ連vsアメリカ』の戦争になっています。

日本よりも前に連合国に降伏したドイツは戦後、東(社会主義)と西(資本主義)に分かれてしまいました。アメリカやイギリスはこれを恐れました。

『日本をドイツのようにしてはならない!』

後の世に日本は必ず役に立つと考えました。連合国は日本がソ連や中国の壁になると読んだのでしょう。

広島に原爆が落とされた2日後の8月8日、ソ連は不可侵条約破棄して宣戦布告、中国にあった日本領満州に攻め込みます。そしてアメリカは8月9日、2つめの原子爆弾・ファットマンを長崎に投下します。その後、ソ連は北方領土に攻め込み日本は防衛戦を強いられます。

ここで日本は降伏しますがソ連は止まりません!そのまま北方領土を占領してしまします。

いちち
未だに北方領土は返還されていません!

北海道までは取られませんでしたが、もう少し降伏が遅れていたらどうなっていたかわかりません。

 

終わりに

原爆ドーム社会主義国家に日本を奪われないために原子爆弾が落とされた。

他の投下理由として挙げられるのが人体実験です。

原子爆弾にどれほどの力があるのかを単純に知りたかった。広島は戦時中ほとんど空襲を受けなかったそうです。これは原爆の殺傷能力を見るためだったのでしょう。ウラン、プルトニウムと別々の爆弾を用意し投下したのもこうした理由からではないでしょうか?

いちち
無知ながら書籍やらネットなどで調べてから自分なりにこうなんだろうと考え書きました。もし間違いや勘違いがありましたらお知らせいただければ嬉しいです。

おしまい!



原爆ドーム

2 件のコメント

  • 些事ですがフットマン→ファットマンですね

    原爆というとどうしても日本対アメリカばかりいわれがちな中で、
    ドイツやソ連のことを踏まえた話というのは感心しました
    戦争や平和について多面的に考えられることになれば
    原爆ドームが残る意義は今も強くありますよね

    • 匿名さん

      コメント&ご指摘ありがとうございます!
      フットマンをファットマンに訂正しました。

      はい、戦争(歴史)は歪められていることが多いとはいえ
      多面的に見ることが重要だと感じています。

      ただ多面的に見ようとすると戦いは永遠に終わらないのだろうな…。とも考えてしまいます。

      8月14日に原爆ドームに訪問しました。
      そのとき多くの外国人が見学していたことを覚えています。
      彼らは原爆ドームを見てどのように思ったのか?
      もの凄く気になりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA