大友宗麟が大砲・国崩しをぶっ放して守り切った臼杵城に訪問した【大分の旅】

県南の臼杵市は歴史ある街で散策し甲斐があります。城下町の雰囲気を壊すことなく造られた街並みは歩いているだけで楽しくなってきます。おしゃれなお店がたくさんあって歴史に興味がない方でも十分楽しめる街だと思います。

いちち
ただこの記事は歴史に興味がない方にとってはつまらないものになるかもしれません。

さて、今回はかつて臼杵の中心だった臼杵城の歴史について。実際に訪れて写真を撮ってきましたので合わせて紹介します。では参りましょう!

 

臼杵城へのアクセス

臼杵城東九州自動車道の臼杵ICを下りて右折します。しばらく直進して中須賀橋東の信号を右折すると臼杵城の案内板が出てきます。駐車場は城の近くにある市営下屋敷前駐車場が便利です。

 

 

臼杵城の歴史

臼杵城臼杵城は戦国時代に豊後国を支配した大友宗麟が築城しました。築城年ははっきりとわかっていません。1556年前後若しくは1562年前後だといわれています。臼杵城の説明板には『近年では1556年説が有力になっている。』とあります。

 

臼杵城臼杵湾に浮かぶ丹生島に建てられたため丹生島城とも呼ばれています。

大友宗麟はそれまで府内の館で政務を執り行っていました。しかし毛利氏や島津氏との戦いが激しくなることを見越してより守備の堅い臼杵城に移ったのでしょう。

 

臼杵城1586年、豊薩合戦(九州征伐)の戸次川の戦いで豊臣、大友勢は島津軍に大敗してしまいます。

その後、臼杵城は島津氏に攻め込まれています。臼杵城の戦いでは城の高い守備力と大砲・国崩しの力によって見事に守り切っています。しかしこの戦いによって城下は大きな被害を受けてしまいます。攻め手は島津家久、守り手は隠居していた大友宗麟でした。

ちなみに豊薩合戦後半の大友氏は島津氏に多くの城を攻め取られ滅亡寸前になります。でも豊臣秀吉の援軍が来て事なきを得ます。ところが…。

豊薩合戦については下のリンク先を見て頂ければ何となくわかるかと思います。

国の指定史跡の大友氏遺跡と豊後国大友氏の歴史について【大分の旅】

2017.02.10

豊薩合戦・戸次川の戦いについて!長宗我部信親の墓にお参りしてきた【大分の旅】

2018.01.01

 

臼杵城臼杵城主の大友宗麟はこの戦いの後すぐに亡くなります。島津氏が豊臣秀吉に降伏する少し前のことでした。

いちち
晩年の大友宗麟はストレスMAXだったでしょう。やりたいことやって生きた人物なので自業自得ですが。

跡を継いだ大友義統は秀吉に従いそれなりの身分を与えられましたが、文禄の役で仲間を見捨てて逃亡したと咎められ改易になってしまいます。

大友義統は後にお家復興のため立ち上がります。それについては↓をご覧ください。

石垣原の戦いとは?豊後大友氏最後の合戦【大分の旅】

2017.03.06

 

臼杵城大友氏が改易になると豊臣秀吉の家臣で石田三成と関係が深かった福原直高や太田一吉が臼杵城に入城します。

1600年に関ヶ原の戦いが勃発すると九州にも影響を及ぼします。病を理由に臼杵城に籠っていた太田一吉は中川秀成に攻め込まれます。中川秀成は東軍の徳川家康からの『あいつ西軍か?!』と疑われていたため嫌疑を晴らす目的で臼杵城を攻撃しました。

一吉は若造の中川秀成に城を意地でも明け渡したくなかったようで『知り合いの黒田如水だったら城を明け渡すけど。お前じゃ無理!』と徹底抗戦。両軍は佐賀関でぶつかります。

佐賀関の戦いで中川勢は大きな被害を受けてしまいますが、この戦いにより徳川家康から信頼を得ることになります。中川氏は岡藩主として明治維新まで続きます。ここで失敗していたらきっと没落していたでしょう。

その後、太田一吉は黒田如水に城を明け渡し剃髪、隠棲します。

 

臼杵城関ヶ原の戦いが終わると稲葉貞通が臼杵に入ります。以後、明治維新まで稲葉氏は15代に亘って臼杵を治めることになります。

 

臼杵城明治政府の廃城令により卯寅口門脇櫓(上の写真)、畳櫓(上から5枚目の写真)以外の建物が破壊されてしまいます。

西南戦争では藩の旧士族たちが集い臼杵隊を結成し攻め入る薩摩軍と対峙します。

臼杵隊は785名と警視隊100人。薩摩軍は3000人。

物量に劣る臼杵隊は負けてしまい臼杵城は占領されてしまいます。後に新政府軍が取り返しています。

いちち
自分の土地は自分らで守る!その精神なんかよい。

 

 

終わりに

臼杵城以上が臼杵城についてでした。

写真は明治期の臼杵城。

近くに稲葉家の屋敷跡がありますので時間がある方はそちらもおすすめします。

おしまい!



臼杵城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA