餃子で有名な宇都宮に行ってきた。宇都宮城の歴史について【栃木の旅】

宇都宮城餃子の街、宇都宮。その中心にあった宇都宮城は明治の戊辰戦争による焼失と第二次世界大戦後の都市開発によって遺構は殆ど残っていません。

現在、宇都宮城跡にある土塁や櫓は復元されたものです。現存建築や遺構が多く残る城跡から比べると若干の見劣りするのは否めませんが、復元土塁の中に設置された『宇都宮城ものしり館』でその歴史をしっかりと伝えていこうとする意志を強く感じました。

いちち
係のおじさんが中学生くらいの子供に一生懸命宇都宮城について教えていたのが印象的でした。子供もしっかり話を聞いていたみたいです。何かこういうのいいな、と思いました。

今回は宇都宮城の歴史について見ていきましょう。

 

宇都宮城へのアクセス

宇都宮城宇都宮ICや鹿沼ICを下りて宇都宮市街地に向かいます。少し入り組んだところにあるのでカーナビで宇都宮市役所、もしくはgoogle mapで宇都宮城を検索して向かった方がいいです。駐車場は宇都宮城址公園駐車場が便利です。

電車なら東武宇都宮駅が近いです。JR宇都宮駅からバスが出ているようです。歩いていけないことはないですが少し遠いです。

 

宇都宮城と宇都宮氏

宇都宮城宇都宮城は平安時代後期に藤原秀郷もしくは藤原宗円が築城したと伝わります。

藤原秀郷は平将門を討ち取ったことで有名な武将です。

鎌倉時代から安土桃山時代までの約500年間宇都宮は藤原宗円を祖とする宇都宮氏によって治められました。

宇都宮氏には

・百人一首のきっかけを作った5代目・頼綱

・楠木正成と対等に戦い関東武者の恐ろしさを知らしめた9代目・公綱

・宇都宮氏の最盛期を築いた17代目・成綱

など詳細を調べたら面白そうな人物が数名います。黒田官兵衛、長政父子に誅殺された豊前宇都宮氏(城井氏)は藤原宗円の子、もしくは孫である中原宗房が祖です。

 

宇都宮氏の滅亡

宇都宮城宇都宮氏が滅亡したのは22代目・国綱の時。

当時の関東地方は豊臣秀吉の小田原征伐によって混乱していました。周囲が後北条氏の味方に付くなか宇都宮国綱は秀吉と手を組み、忍城攻めなどに参陣しています。

文禄の役に参戦。後に豊臣姓を下賜され順風満帆かと思いきや、突然改易されます。原因は定かでありませんが豊臣五奉行の浅野長政が関係しているのではないかといわれています。

その後、再興することなく子孫は水戸へ移り明治維新まで水戸藩の家臣として仕えました。

 

本多正純と宇都宮城釣天井事件

宇都宮城宇都宮氏が改易されたあとの宇都宮城は様々な譜代大名が出たり入ったりしています。一人ひとり取り上げていくのは少々難儀なのでここでは宇都宮城釣天井事件で有名な本多正純についてだけ触れておきます。

本多正純は徳川家康の重臣・本多正信の長男です。自身も初期徳川政府(江戸幕府)の中心人物でした。徳川家康、父の正信が相次いで亡くなると2代将軍・徳川秀忠の側近として仕えます。下野宇都宮藩15万5000石を拝領し城や城下町の大改築を行います。現在の宇都宮市の基盤はこの頃に出来たとされています。

実際に正純がどのように振舞っていたのかはわかりませんが、徳川家康の時代から重要な人物として活動していたため発言力は凄まじいものだったと思われます。それ故に秀忠政権ではあまりよく思われていませんでした。

 

宇都宮城釣天井事件とは

宇都宮城徳川秀忠は日光東照宮(家康の墓)にお参りに行きました。その帰りに宇都宮城で一泊する予定でしたが江戸から『寄らずに御戻りを』と伝達がきます。理由は宇都宮城には不備があるというものでした。秀忠は宇都宮城には寄らず他の城で一泊して江戸に帰ることにしました。

後日、秀忠は正純に使いをやり、嫌疑をかけます。その中に宇都宮城に釣り天井を設置して秀忠を暗殺しようとしたというものがありました。幾つかの質問に正確に答えることが出来ず宇都宮は召し上げられ減封されてしまいます。

納得できない正純は新たに拝領された出羽由利郡5万5000石を辞退。これが秀忠の逆鱗に触れ流罪に処されます。出羽横手(秋田)に流さ生涯そこで過ごすことになりました。

本当は宇都宮城釣天井なんてなかったのでしょう。正純はでっち上げに近い罪を着せられ追放されたということです。前述したように秀忠政権で邪魔な存在になっていました。また大久保長安事件(詳細は割愛)で本多正信、正純父子が暗躍したことに恨みを抱いた人物がいたことも理由の一つだと思われます。

 

その後の宇都宮城

宇都宮城幕末、明治初期の戊辰戦争で宇都宮城と城下町は戦場となり殆どの建物が焼失してしまいます。そして残った遺構も都市開発により無くなってしまいました。

以上が宇都宮城の歴史でした。

 

おまけ 御城プロジェクトと宇都宮城

城プロ

御城プロジェクト:RE CASTLE DEFENSEより引用

御城プロジェクト:RE CASTLE DEFENSE(通称:城プロ)というゲームでの宇都宮城。城プロの長老的存在。『ババ様』と呼ばれています。従えている狛犬は二荒山神社の鉄製狛犬がモデルだと思われます。巫女服も二荒山神社が関係しているのかも。

宇都宮釣天井は表現されていないのかな?もしかしたらセリフに釣天井関連の話があるのかもしれない。名物の餃子はいつだかのイベントで呟いていた気がする。

興味がある方は↓のリンクを見てください。私が訪れた城郭と城跡と城プロのキャラクターを並べました。なかなか面白いゲームなのでおすすめです。

御城プロジェクト:REの城娘たちと実際に訪問した御城を並べ比較してみた!

2017.12.04

 

終わりに

宇都宮城宇都宮といえば餃子ですね。

戦時中に中国で本場餃子の作り方を覚えた人々が宇都宮で餃子を提供したことから始まります。また餃子の原料の小麦や白菜が栽培しやすかった場所だったからともいわれています。

日本一餃子消費量の多い都市というところに目を付けた宇都宮市の職員は餃子を観光PRとして利用しました。狙いは当たり『餃子=宇都宮』といわれるほどに有名になりました。

 

おしまい!



宇都宮城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA