上杉謙信の居城、春日山城へ!謙信死後のお家騒動・御館の乱について【新潟の旅】

新潟県上越市にある春日山城跡は春日山(標高189m)に築かれた難攻不落の山城です。

其名の由來は文明年間越後の守護上杉房定が此山麓に春日神社を南都から分靈したのに起因し、山容は大鵬の翼を張つた形に似、頂上に八朶の峯があるが故に一名を八ヶ峯と云ひ、又八を同音蜂の字に替へて蜂ヶ峯とも呼び、更に又山頂が兜の鉢に髣髴たりと云ふ次第で鉢ヶ峯とも言つて居る。

新潟県史蹟名勝天然紀念物調査報告 第3輯 五.春日山城址より

その名の由来は文明年間に越後の守護・上杉房定がこの山の麓に春日神社を奈良から分霊したのを起因とし、山の姿は大鵬が翼を広げた形に似ていて、頂上に蓮の花のような八つの峯がある故に八ヶ峯と云い、又『八』を同音『蜂』の字に替えて蜂ヶ峯とも呼び、更に山頂が兜の鉢によく似ているため鉢ヶ峯とも言われている。

 

明治廿八年春日村長の書上には『本社創立は不詳なれども神璽奉納筐筪の裏書によりて天德二年の勸請たること明なり境内地はもと蜂ヶ嶺の上にあり古來社名によりて又春日山と稱す、寛治中鎌倉權五郎景政源賴義の命に依り此地に砦を設く卽蜂ヶ嶺の砦又は春日山の砦と稱す、』

中頸城郡誌 第四巻 春日神社より

明治二十八年、春日村長の書には『本社創立は不詳だけれど神璽奉納筐筪の裏に天徳二年の勧請であること明らかなり、境内地はもと蜂ヶ嶺の上にあり古来社名により春日山と称する、寛治中、鎌倉景政が源頼義の命令によりこの地に砦を築く、蜂ヶ嶺の砦、又は春日山の砦と称する。』

春日村の村長の説が正しければ寛治年間(1087~1094年)に鎌倉景政が春日山に築いた砦が春日山城の前身になるのでしょう。

他に上杉氏が文明年間(1469~1486年)に築いたという説もあるようです。【新潟県史蹟名勝天然紀念物調査報告】にある『上杉房定が春日神社を分霊した』時期に砦を築いたということかもしれません。

 

春日山城へのアクセス

春日山城

北陸自動車道・上越ICを下りて直ぐの二又を右方向(富山・長岡方面)に進み国道18号へ。

青看板に『春日山城跡』と出てくるのでそれに従い進みましょう。国道18号を下りたら左車線に入り謙信公大通を突き当りまで行きます。

あとは案内板や青看板に従えば到着します。

公共交通機関を使うなら春日山駅が最寄りの駅です。徒歩だとちょっと遠いのでタクシーを利用したほうがよいかもしれません。

 

春日山城の風景

春日山城

写真ではいまいちわかりづらいですが、この写真の真ん中上部の木がない部分に城が建っていました。

ここは冬になると大雪が降りまず攻めることはできません。

いちち
日本版・冬将軍ですね。

守りは強いですが、冬は攻撃に出れないという欠点もあります。

 

春日山城

 

春日山城

三の丸跡。

ここには北条氏康の息子で後に上杉謙信の養子になった上杉(三郎)景虎が住んでいました。

御館の乱で上杉景勝と争ったことで有名です。この事件については後述します。

 

春日山城

二の丸跡。

本丸を帯状に囲う帯曲輪の形をとっていたそうです。

防衛上、生活上とても重要な場所でありました。

 

春日山城

本丸跡。

 

春日山城

毘沙門堂跡。

ここで上杉謙信は戦勝祈願をしたようです。毘沙門天の起源はインド神話の財宝神クーベラ。後に仏教に吸収され中国、日本に伝わり勝負事の神様として崇められるようになりました。

また馬の神様、北方を守る神様と云われています。

 

春日山城

 

春日山城

護摩堂跡。

護摩はサンスクリット語でホーマといい『燃やす』という意味です。ここで護摩行に励んだのかもしれません。

諏訪堂跡の詳細はわかりませんでした。ここで上杉謙信は息災、戦勝を祈願してと伝わっています。

 

春日山城

お花畑。

 

春日山城

上杉家臣で有名な直江氏が住んでいたところ。 

他にも上杉景勝、柿崎景家、甘粕景持の住居跡があったのですが、見ての通り雨がものすごく降っていたので撮れずに終わってしまいました。

 

御館の乱について

春日山城

最後に御館の乱について。

御館は関東から追われて上杉謙信に頼った関東管領の上杉憲政が住んでいた場所です。現在は公園になっています。(春日山城とは別の場所にあります。)

御館の乱は1578年に上杉謙信が亡くなった後に起きたお家騒動のことです。

上杉謙信には子供がいなかったので養子をとりました。上杉謙信の養子である長尾政景の次男・上杉景勝と北条氏康の七男・上杉景虎が家督を巡って争いました。上杉謙信が後継者を決めていなかったため御館の乱は起きてしまいました。

上杉景勝は上杉謙信が死亡するとすぐに春日山城の本丸を抑え、武器や金品を確保し、内外に自分が上杉謙信の後継者と宣言します。そして三の丸の上杉景虎に攻撃を仕掛けました。

一方、先手を取られた上杉景虎は春日山城から退去し御館に立てこもります。上杉景虎の兄にあたる後北条氏当主・北条氏政は弟のピンチを救うべく武田勝頼に援軍を依頼し、後北条氏も越後へ軍を進めました。

ところが金にものをいわせて上杉景勝は武田勝頼を懐柔します。武田軍は越後に軍を置き中立の立場から景勝、景虎の調停を試み成功させます。

同時期に徳川家康が武田領に攻めて来たため武田氏は上杉氏に構っている余裕が無くなり兵を少しだけ残し退却してしまいます。武田氏のクッションが無くなってしまったため両者は再び険悪ムードになります。

その後、後北条氏の軍勢が上杉景勝を攻めますが、景勝はよく守りました。外部勢力を味方に取り入れた景勝は降雪によって勢いが無くなった後北条氏の隙を突いて上杉景虎がいる御館に一斉攻撃を仕掛けます。

関東管領で上杉謙信の養父である上杉憲政が景虎の息子を連れて和議交渉しようと試みますが、道中で二人とも切り殺されてしまいます。

そして御館は落城します。

景虎はなんとか脱出しますが迎え入れてくれるはずの味方が謀反を起こし、追い詰められ景虎は自害してしまいます。

景勝は景虎に味方した人間を粛正し御館の乱は幕を閉じました。

 

終わりに

このお家騒動により上杉氏の国力は著しく低下してしまい景勝はとても苦しい立場に置かれることになります。

戦国時代末期、上杉氏の後に春日山城に入った堀氏は『今のご時勢、山城は不便じゃ。』と福島城を築城し春日山城は廃城となりました。

おしまい!



コメントする(承認制)

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA