童謡詩人・金子みすゞの記念館に行って。彼女の人生についてまとめました!【山口の旅】

金子みすゞ記念館山口県の金子みすゞ記念館に行ってきました。

金子みすゞの名前は知っていました。詩人だということも。でもそれ以外は何も知りませんでした。今回の訪問で彼女の人生に触れることが出来ましたので、後学のためにまとめようと思います。

それでは参りましょう。

 

金子みすゞ記念館への場所

最寄りのICは中国自動車の美弥ICですが、そこから一般道を30km以上走ることになります。

美弥インターの信号を左折します。国道435号線を道なりに進み国行の交差点を右折し国道316号線へ。あとは細かい道なのでナビに頼った方がいいです。

JR山陰本線の仙崎駅から徒歩5分なので電車がおすすめです。

 

金子みすゞ記念館について

金子みすゞ記念館金子みすゞの実家は金子文英堂という書店でした。記念館は実家跡に復元された金子文英堂の奥にあり、金子みすゞに関する色々が展示されています。

本館の展示室は撮影禁止なので写真がありません。なので今回は撮影可能な金子文英堂の写真を記事に載せています。
開館時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分迄)

休館日 12月29日から1月1日

入館料 一般:350円 小中高生:150円

詳細は→金子みすゞ記念館ホームページ

 

金子みすゞについて

金子みすゞ記念館金子みすゞは1903年(明治36年)4月11日に山口県大津郡仙崎村(現在の長門市仙崎)で生まれました。本名は『金子テル』。兄と弟がいます。

父親は庄之助といい、妻(ミチ)の妹(フジ)の嫁ぎ先である上山家が経営している上山文英堂の清国の営口で支店長をしていました。しかし1906年(明治39年)に突然病死してしまいます。

祖母と母は家計を支えるため上山文英堂の世話を受け金子文英堂を開業。そして弟の正祐を上山家に養子を出します。

正祐は後に上山雅輔(がすけ)と名乗り劇団若草を立ち上げました。また金子みすゞの遺稿を世に知らしめた人物でもあります。
いちち
幼い頃から本に囲まれる生活をしていたんですね。

 

金子みすゞ記念館1918年(大正7年)、みすゞ15歳のときに上山家に嫁いだ叔母のフジが亡くなります。そして翌年。母のミチが上山文英堂の主人・松蔵と再婚します。

いちち
なんか怪しい香りがしない…?

この再婚によってみすゞから見て弟の正祐は実弟でもあり義弟でもある不思議な関係になります。

 

金子みすゞ記念館みすゞは20歳の頃から童謡詩を書き、作品を雑誌に投稿し始めます。それが西條八十の目に留まり称賛され、童謡詩人として一躍有名になります。

1926年(大正15年)、23歳のとき。義理の父・上山松蔵の進めで上山文英堂の番頭格・宮本啓喜と結婚し一女をもうけます。

 

金子みすゞ記念館世間に詩が認められ、結婚、出産。

明るい未来が想像出来そうですが…。そうはいきませんでした。

23歳で結婚。そして、彼女は26歳で亡くなります。

何が起こったのか?

 

金子みすゞ記念館夫の宮本啓喜は上山文英堂の番頭をしていたくらいですから主人の上山松蔵に期待されていたのでしょう。

松蔵から見てみすゞは義理の娘に当たります。優秀な人間は親戚にしてしまった方が何かとやり易いですし、宮本啓喜からしてみれば社長の親戚になれれば出世間違いなしと思ったに違いありません。二人の結婚は当時では珍しくない政略結婚に近いものだったのでしょう。

結婚に猛烈に反対した人物がいます。それはみすゞの弟・正祐です。

正祐と啓喜は相容れない関係でした。また啓喜が放蕩三昧な男と知っていたためみすゞには相応しくないと思っていたようです。

正祐がみすゞのことを愛していたという話もあります。実の姉弟だけど幼いときに養子に出されましたからそういう感情が起こっても不思議ではない。松蔵がみすゞに結婚話を持ってきたのも正祐の気持ちを吹っ切らせるためだったという説もあります。これに関しては本当かどうかわかりません。

 

金子みすゞ記念館夫・啓喜は正祐とうまくいかなかったことが原因で上山松蔵から見限られ上山文英堂を解雇されてしまいます。

啓喜は自暴自棄になり女遊びに没頭します。また、みすゞの詩作活動が気に入らなかったため詩の投稿や仲間との文通を禁じています。

不幸は重なるものです。トドメの一撃です…。啓喜から淋病を移されてしまいます。

1930年(昭和5年)2月に離婚します。みすゞは娘の親権を要求するも認められず啓喜に取られてしまいます。

そして、同年3月。金子みすゞは服毒自殺でこの世を去ります。

 

金子みすゞ記念館私は記念館に行っただけで彼女についての伝記は読んでいません。この記事も記念館で知ったこと及びインターネットで調べてまとめたものです。参照にしたサイトは以下。

 

金子みすゞは遺書を残して自殺しています。詳しくは載せませんが『絶対に娘を夫に渡したくない。』という感情を思いっ切りぶつけています。

みすゞの願いは叶い娘は夫のところには行かず、みすゞの母・ミチの元で育てられます。

 

終わりに

金子みすゞ記念館夫に移された病気も自殺の方向へ傾かせる一つの要因になったのでしょう。

身体も心も憔悴しきっている状況で自分が産んだ子供にもう会えないかもしれないと考えたら死にたくもなると思います。『せめて…。信頼できる人の元で育って欲しい。』彼女にとって自殺が最後の手段だったのでしょう。

現在なら裁判で親権を争えますが、昔は男性の立場が強かったため父親の親権要求がまず通っていたようです。

以上が金子みすゞについてでした。

いちち
今度、伝記を買って読んでみよう。そうしたらもう少し突っ込んだ内容の記事が書けるはず。そういえば、詩について何も触れていませんね…。私には詩の良し悪しがわからないのです。

おしまい!



金子みすゞ記念館

2 件のコメント

  • 伝記も。詩も。
    >自分が産んだ子供
    自分の子供と云ったら父も含まれますが、
    自分が産んだ となったら、お母さんだけですよね。

    女性ならではの、”元” 体の一部。分身。という表現は乱暴ですが、
    産まれてからも、自分の乳を与えられるの母だけだし。
    子はどう思うかは別として、母からは、何があっても強い絆があって然りですよね。

    詩も検索すると、いくつかは読めますが今でも通用する言葉で、
    柔らかく語りかけてくる感じがします。

    • 上総さん

      >子はどう思うかは別として
      金子みすゞが子供に対して愛情を持っていたことは間違いないです。
      ただ母親が自殺したことを知ったとき、残された子供は何を思ったのでしょうか。

      詩は読みやすいですよね。
      金子みすゞに関しては著作権がややこしそうなのでいつもみたいに引用せず記事を作りました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA