松本城の前身が信長の野望にある深志城だと初めて知った日【長野の旅】

2015-06-17 16.57.32

松本城は信濃守護の小笠原氏が林城の支城として築城したと伝わります。当時は深志城と呼ばれていました。

いちち
以前から深志城の名前は知っていました。

歴史シミュレーションゲーム・信長の野望で武田信玄の城として登場しているからです。

でも、深志城が松本城の前身だとは知りませんでした。

わたし、群馬県出身なので上野国の長野家でよくプレイしていました。そうすると直近の敵は武田信玄と北条氏康なんですよね。北条は恐ろしいので大概武田からを攻略することが多かったです。(武田も恐ろしいが…。)

武田氏の深志城はそこそこ大きい城&要所だったので『そこまで行ければ何とかなる!』みたいな目標になっていた記憶があります。

前置きはこれくらいにして…。

それでは、松本城の歴史を簡単に振り返ってみましょう。

 

松本城の場所

長野自動車道の松本ICを松本方面へ下ります。

突き当りまで進み左折すると松本城に到着です。

駐車場は『市営・松本城大手町駐車場』が便利だと思います。千歳橋の信号を越えるとすぐに看板がありました。

 

深志城・松本城の歴史

2015-06-17 16.45.39

小笠原氏は信濃に侵攻してきた武田信玄と戦うも敗北。

深志城は武田氏の支配下に置かれ、林城は廃城。代わりに深志城が長野北部の重要拠点になりました。

武田氏が滅亡したのち、織田信長は木曽義昌に深志城の城代を任じています。ところが本能寺の変で信長が横死すると織田氏の旧領地の奪い合いが始まります。

どさくさ紛れに旧領主の小笠原氏が上杉景勝の援護をもらい木曽義昌を追い払います。この辺りで松本城に改称したようです。

しかし小笠原氏は徳川氏に属していたため徳川家康の関東転封にあわせて小笠原氏も関東に国替えになりました。せっかく取り戻したのに残念です。

 

2015-06-17 16.38.11

その後、豊臣家臣の石川数正(もともとは徳川の重臣だった)が入城し、松本城の天守を造りまた城下町などの整備を行いました。

石川数正の息子が大久保長安事件で改易になると再び旧領主小笠原氏が入城します。

ところがまた国替えで移動…。 

いちち
小笠原さん本当にかわいそうです…。

旧領にこそ戻れませんでしたが子孫は北九州の小倉藩主として廃藩置県まで活躍しています。

小倉城

小倉城へ!デートに最適な観光地ってこういうところをいうんだろうな【福岡の旅】

2018-05-06

江戸幕府が開幕したあとは水野氏、戸田松平氏の居城となりました。

 

2015-06-17 16.53.38

徳川幕府が滅び、明治新政府によって廃藩置県が行われました。

この頃になると城の存在意義がなくなり日本各地で城の取り壊しや払い下げが行われます。

松本城も例外ではなく売りに出され一時は破壊される予定だったそうです。

『松本城を壊されてたまるものか!』

市川量造さんという方が地元住民や東京、大阪で募金を呼び掛けて買戻ししました。もし市川さんが立ち上がっていなければ松本城はなくなっていたかもしれません。

 

終わりに

お城のなかに入れるのですが、この日は到着が遅れてしまい開城時間に間に合いませんでした…。

せっかく来たのだからと土砂降りのなか外観だけ撮影して帰りました。

国宝5城をまとめましたので時間がある方は見て行ってください!

日本の国宝5城を巡る歴史旅!ついに完遂。

おしまい!



コメントする(承認制)

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA