移住者が語る、国東市に住んでみて感じたメリットとデメリットについて【大分の旅】

小城観音堂

私は大分県の国東市に住んでいます。

2016‎年‎に東京から引っ越してきました。もう、3年目に突入です。(2018年12月8日現在)

今回は2年間過ごした国東市のメリット・デメリットについてご紹介致します。

【にっぽん旅行記】は旅専門のブログなので少々脱線している感が否めないのですが『マクロな視点で見たらこれも旅の一つなのかな?』と解釈しております。

それでは参りましょう!

 

国東市の場所

両子山 仁王像

国東市は大分県北部にある国東半島の先端部に位置しています。

神仏習合の地として有名です。国東半島の山々には多くの寺院が点在しこれらを総称して六郷満山と呼びます。

かつては七島蘭という畳表の原料が名産でした。現在では生産者が減少しているようです。みかんやかぼすの農家が多い印象です。

 

里の駅むさし

大分県の玄関口・大分空港は国東市にあります。

関東の人間としては交通の便がよく大変ありがたいです。

さて、本題に入りましょう。

 

国東市の良い所

・家賃が滅茶苦茶安い。

私は月15000円(1k)のアパートで暮らしています。

共益費が2000円なので実質17000円
いちち
事故物件ではありませんよ。建物も古くないです。

何故こんなに安いのか?ヒントは派遣切り。

家族連れでもかなりの低家賃で居住出来ます。

 

・空港が近い

これはデメリットでもあります。騒音を気にする方もいるかもしれません。でも私はそれほど気になりません。もし嫌なら空港から離れたところに引っ越せばいいしね。

それよりも東京にすぐに帰れるというのが私にとっては嬉しい。

 

・別府温泉が近い

近いといっても車で40分くらいかかります…。

でも天下の別府温泉が近くにあるのって羨ましくないですか?

別府 地獄めぐり

別府地獄めぐり!大分屈指の観光名所はどんなとこ?【大分の旅】

2016-12-25

 

・人がいい

田舎といえば排他的イメージがあります。

いちち
私の出身地、群馬県は排他的な人が多いと感じています。

正直あんまりいい思い出がない。

一時期流行った『グンマー』もそういうところから来ている気がします。

こんなこと言っていると入国拒否されるからやめておこう。

国東の話に戻ろう。

今のところ私は国東の人々と接して嫌な気分になったことはありません。もちろん瞬間的に『イラッ!』とすることはありますが、それはどこに行っても同じこと。

それなりに受け入れ態勢が整っています。国東はもの凄く過疎化が進んでいるため、外から来る若者はなるべく受け入れてあげようと考える方が多いのかもしれません。

でも、これに関しては地域や人によって左右されます。たまたま私が受け入れてもらえたに過ぎない、またこれからどうなるのかはわからないとだけ言っておきましょう。

 

・食べ物がおいしい

多分、これは国東に限ったことではありません。

九州全体の食材のレベルが高いのです。野菜や魚の鮮度がいいのだと思います。

食に拘らない私(前職はソムリエなんだけど)ですが関東から越してきてそう感じました。

 

国東市の悪い所

・ネット環境がクソ

光回線とか光ハイブリッドとかD-ONUとか…。そういうの詳しくわかりませんが。

話にならないくらい重くなったり、最悪断線したりします。

上り速度が劇的に遅いため私のように一眼レフカメラで撮った写真をアップロードする人にとってはとても辛い。他の住民がネットを使っているときに画像アップロードするとエラーが多発するので深夜か早朝にしています。

いちち
たまにはネットゲームやりたいな~。とか思うけどこの回線じゃ他のプレイヤーに迷惑をかけてしまいます。

せっかく家賃が激安なんだからネット環境整えて『ネットで稼いでる在宅ワーカ』を好待遇で囲って人口(税金)確保を狙えばいいのに。まぁ、そんな都合よくいかないか。

 

・自動車がないと厳しい

空港はありますが電車はありません。バスもそれほど出ていません。

自動車は負債だと理解しているものの田舎で自動車無は無理ゲーです。

何もかもネットで調達すると割り切ればもしかしたら生きていけるのかもしれませんが…。

旅ブログを運営している私にとって自動車は必需品です。

 

・仕事がない?

選ばなければあります。

年齢制限がありますけど、地域おこし隊や新規就農制度を使えば飯は食えます。

 

・給料が安い?

そういう話を聞きますけどどうなんでしょう?貰っている人は貰っていると思います。

最低賃金は確かに安いですけど、能力がある人はそんなの関係ありません。まぁ、給料を多く貰っているから能力が高いとも限りませんがね。

 

終わりに

小城観音堂

私は国東市に住む自営農家です。

ほぼ一人で運営しているのでなかなか厳しいですが、このブログの取材や執筆が出来る時間とお金くらいは確保出来ているので割と楽しく過ごせています。(もう一つ雑記ブログを作りたいと思っている)

大変なことも多いので強くは進めませんが、国東市で農業をしてみたいという人がいれば少しはお手伝い出来ます。気になる方がいればコメント下さい。

いちち
因みに私が国東市に来た理由は…。

農業がしたいから?いや…。九州や西日本を旅したかったからかな。

そういう意味では夢が叶っています。

ネット環境以外はほんといいところよ!

おいでよ国東へ。

おしまい!



コメントする(承認制)

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA