村上海賊の城、能島城跡をカレイ山展望公園から眺める【愛媛の旅】

能島城

能島村上氏が本拠にした能島城は今治市宮窪町の沖にある能島、鯛崎島にありました。

能島村上氏の史料上の登場と発掘された遺物の時期が一致したことから14世紀後半頃には居城があったとされています。

能島城の名前が初めて出てきた文献は『嚴島野坂文書(1547年)』です。厳島神社の神主となった杉景教が能島城にいたと書かれています。

また、この島から戦国時代に大活躍した村上海賊の頭領・村上武吉が出現しました。

村上水軍博物館

海賊王におれは…。瀬戸内海の大海賊?!村上武吉とは?村上水軍博物館に訪れて【愛媛の旅】

2019-01-27

 

桜の景勝地・能島

能島城

能島は桜の名勝地として知られています。

いちち
なんと、桜が咲く時期の2日間しか上陸できません。

過去には上陸クルーズが出ていたようですが、現在は行われていません。また復活するかも。

ですので基本的には外観を眺めて満足するしかありません。

 

カレイ山展望公園の場所

能島城

カレイ山展望公園から能島がよく見えます。

ナビに頼ると失敗するかもしれません。(私は大変な目にあった。)

国道317号線の青看板にカレイ山展望公園の案内が出ているのでそれに従いましょう。

 

カレイ山展望公園から見る能島城跡

能島城

能島城跡には郭跡、船だまり、岩礁ピット、堀立柱建物跡などの遺構が残っています。

いちち
実際に上陸したわけではないので上記の遺構が見れるのかはわかりません。

村上海賊の城というパンフレットに写真と説明が載っていたので参考にしました。

 

終わりに

能島城

写真はカレイ山展望公園から眺める景色です。この右側に能島があります。

奥の島が伯方島、その手前にある小さな島(写真だと伯方島にくっついているようにみえるが…。)を見近島といいます。

調査で15世紀から16世紀中頃の陶磁器が大量に発掘されています。城郭の遺構が見られないため能島村上氏の流通拠点だったのではないかとされています。

①同じ絵柄、同じ形、同じ大きさのものが数点から数十点、まとめて出土している。

②高級品や珍しい品が戦国大名の城館並みに豊富である。

③流通量が少なく他の遺跡ではあまり出土しないものまで確認ができる。

村上海賊と瀬戸内海の城 見近島城?-海賊の流通拠点ーより 

いちち
海賊の宝物庫があったのかな?

能島村上氏の同族である来島村上氏の来島城にも行きました↓

来島城

島がまるまる城跡?!村上水軍が治めた来島城跡に行ってきた!【愛媛の旅】

2019-01-31

おしまい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA