リーダーのためのパワースポット!妙義神社に参拝【群馬の旅】

妙義山石門めぐりを終えて近くの妙義神社へ向かいました。妙義神社は妙義山の威厳ある姿から人徳やら権威を求める経営者やリーダーにとってのパワースポットになっております。

神社にお参りして妙義山に登ったら願いが成就すること間違いなし?!ただし妙義山は死者が出るほど難易度が高い峻険な山ですので注意が必要です。

それでは妙義神社の歴史を見ていきましょう。

 

妙義神社へのアクセス

上越自動車道を下りて松井田IC入口を左折します。突き当りの丁字路を右折し進むと妙義神社に着きます。

 

妙義神社について

2015-09-12 14.18.56妙義神社は537年に創建された歴史ある神社です。ちなみに翌年538年は日本に仏教が公伝した年です。日本の時代区分としては古墳時代に該当。もともと波己曽神社(はこそ)と呼ばれていたという記録が残っています。

 

2015-09-12 14.22.28

 

2015-09-12 14.23.48国指定の重要文化財のカラフルで豪奢な本社です。御祭神は日本武尊、豊受大神、菅原道真公、権大納言長親卿。各々どういう神様なのか調べてみました。

日本武尊(やまとたけるのみこと)は日本神話(日本書紀や古事記など)に登場する人物。第十二代天皇の景行天皇の息子。悲劇の英雄。各地で信仰の対象になっています。実在しなかった、もしくは別々の人物の実話が日本武尊に集約されたのではないかといわれています。
豊受大神(とようけびめ)は日本神話の登場人物。伊弉冉尊(いざなみ)の孫。食物や穀物をつかさどる女神です。伊勢神宮外宮の御祭神として有名です。稲荷神社御祭神の倉稲魂命/宇迦之御魂神(うかのみたまのみこと)と性質がかなり似ている女神ですが別神です。 
菅原道真は平安時代の貴族。太宰府天満宮に祀られていることで有名です。学問の神様として多くの受験生が合格祈願のため参拝しています。

菅原道真は若いころからすこぶる優秀でどんどん出世していきました。しかし晩年に天皇から謀を働いたと疑われ太宰府に左遷。ついでに道真の子供たちが流罪刑に処されます。そして道真は太宰府で亡くなります。これだけでは今のように祀られることはなかったでしょう。 

では何故祀られるようになったのでしょうか?

理由は菅原道真の死後にあります。道真が太宰府で亡くなってすぐかつての政敵や天皇、その周りの人間がバタバタと死んでいきます。そして平安京にあった清涼殿に雷が落ち、そこでもたくさんの人間が命を落とします。これは菅原道真の怨霊が復讐に来たに違いないと朝廷は考えました。

祟りを恐れた朝廷は道真の子供たちの罪を解き、道真を赦すとともに贈位を与えます。 清涼殿落雷事件から道真の怨霊は雷神と噂され天神様として信仰されるようになりました。しばらくの間、災害が起きると怨霊の祟りといわれていましたが徐々に風化していき、天神様は生前の道真が学問優秀だったことから学問の神様に移り変わりました。

権大納言長親卿は花山院長親のことです。南北朝時代から室町時代前期に活躍した公卿です。身分が高くて才学非凡。歌道に精通し自由人。そして長生き。権大納言長親卿が妙義山に祀られている理由はよくわかっていません。「長親が妙義山で生涯を閉じた説」や「法名が明魏(めいぎ)で、それが変化して妙義山命名の由来になったから説」などがあります。

重要文化財の唐門

2015-09-12 14.35.52

 

2015-09-12 14.27.26唐門の天井には龍の絵が描かれています。右下の小さい字は「狩野玉燕弟子 中澤燕州画?」と書いてあります。幕府御用達の絵師狩野派です。狩野派は超絶ややこしいので書きません。調べてたら時間がなくなります・・・。 

狩野玉燕の弟子に鳥山石燕という妖怪の絵を書いた浮世絵師がいます。この人の絵はかなり有名で現在の絵師や漫画家に影響を与えています。ググるとなんか見たことあるような絵がでてきますね。中澤燕州は調べてもわかりませんでした。

 

竹林の七賢

2015-09-12 14.29.41

 

2015-09-12 14.24.56中国史の魏の時代(3世紀)に実在した七賢人。魏、呉、蜀(三国志)の少しあとの時代です。 

阮籍(げんせき)、嵆康(けいこう)、山濤(さんとう)、劉伶(りゅうれい)、阮咸(げんかん)、向秀(しょうしゅう)、王戎(おうじゅ)の七人。

竹林で酒をあおり、音楽を奏でて、清談(哲学的な談話)をしたといわれています。働いたら負けだと思っている人たちが世捨て人になったのかなと思ったら皆さん超絶優秀な人たちで国の役職などについています。

下手なことを言ったりやったりしたら処刑される(実際に嵆康は死罪になった)時代なので命がけの行動だったそう。国に対する憤りや批判をこういった形で表した方々なのです。

 

社殿裏の天狗面

2015-09-12 14.31.02

 

2015-09-12 14.31.12社殿の裏にひっそりとある天狗の面。 

ちょっと怖いですね!妙義山上級者登山コースに天狗の評定という場所があります。何か関係あるのでしょうか?確かに天狗が出そうな山です。

 

波己曽社殿

2015-09-12 14.41.10波己曽社殿です。1656年に建立された旧社殿。群馬県指定の重要文化財です。

 

終わりに

上毛三山(赤城、榛名、妙義)の頂にはそれぞれ神社が鎮座しています。中でも妙義神社は特に風格があり立派な造りとなっています。始めて訪れた方はその豪華さにビックリすること間違いないでしょう!

いちち
個人的には榛名神社が一番好きだけどね。

おしまい!



中澤燕州画 龍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。 コメント待ってるよー!