日本三大水城について【まとめ】

日本三大水城

日本三大水城をご存じでしょうか。

水城とは海や河口の近くに築かれ、その利を得た城々のことを指します。故に海城とも呼ばれます。

今回、紹介する高松、今治、中津の3城もそうですが、水城は西日本に多い気がします。

四国、九州は土地が海によって分断されているため、海を隔てた戦いが頻繁に行われました。海岸沿いには監視や侵入を防ぐため城が築かれます。また瀬戸内海には小島を丸ごとを要害にした水軍城なんてものも存在しました。

さて、日本三大水城についてですが、出典が不明なため何を基準に日本三大としたのか、私は知りません。規模か構造か?はたまたその歴史故なのか?

この言葉の起源が気になったので少し調べてみると、1993年(平成5年)1月24日に発行された読売新聞の記事に日本三大水城、また1989年(平成元年)5月7日の中日新聞には日本三大山城の文字が見られます。後者は山城なので直接的な関係はありませんが、山城があるなら水城も同時期に造られた可能性はありますね。時間の関係上、これ以前の新聞は調べられませんでした。

古い書籍はどうかと、該当する城について書かれた明治・大正の案内本を数冊覗くも、見当たりませんでした。当時、城跡は軍の管轄になっていたりして今ほど観光名所的な扱いは受けなかったでしょうから『あそこは日本三大〇城だ!』なんて話にはならなかったのかもしれません。

調べてみたものの答えは見つかりませんでした。憶測ですが昭和中期から後期にかけて造られた言葉だと思います。

もし『日本三大〇城』について書かれた古い書籍をお持ちの方がいらっしゃいましたら教えていただければ幸いです。

前置きが長くなりました。

それでは瑣末なことは一先ず捨て置いて、日本三大水城とに訪問してきましたので、ご紹介致します。

 

高松城【香川県】

高松城
所在地:香川県高松市

別称:玉藻城

築城者:生駒親正

築城時期:16世紀後半

城の構造:輪郭式平城/水城

文化財:国の史跡/月見櫓・水手御門・渡櫓、旧東之丸艮櫓、披雲閣が重要文化財

現在、城跡は玉藻公園として整備され、高松市の観光名所となっています。玉藻は『玉藻よし 讃岐の国は』から始まる柿本人麻呂の長歌が由来。

水手御門は海に通じており、舟で出入りすることが出来たと云います。

いちち
うどんが有名です。(香川県)
高松城

玉藻公園内にある高松城跡に行ってきたから、その歴史を調べる!【香川の旅】

2019-11-22

 

今治城【愛媛県】

日本三大水城
所在地:愛媛県今治市

別称:吹揚城

築城者:藤堂高虎

築城時期:17世紀前半

城の構造:輪郭式平城/水城

文化財:愛媛県史跡

築城名人として知られる藤堂高虎が築いた城です。

五層の天守が建っていますが、これは模擬天守。天守の存否は未だわかっていません。

いちち
タオルが有名です。(今治市)
今治城

日本三大水城!今治城へ。築城名人・藤堂高虎と幻の天守について【愛媛の旅】

2019-11-27

 

中津城【大分県】

中津城
所在地:大分県中津市

別称:中津川城、扇城など

築城者:黒田孝高(官兵衛)

築城時期:16世紀後半

城の構造:梯郭式平城/水城

文化財:大分県史跡

黒田官兵衛が中津川の河口部分に築き、細川忠興が大改修した御城。

上述した今治城と同じでここも模擬天守で、やはり天守の存否は不明です。

見どころは天守下の石垣の継ぎ目かな。黒田氏の代に積まれたものと細川氏が改修した石垣の境が、くっきりと分かれています。

いちち
タニシが有名です。

 

終わりに

以上が日本三大水城についてでした。

他にも幾つかの日本三大〇城がありますので、各ジャンルごとに訪問コンプリート出来たら記事にしていく所存で御座います!

おしまい!

 



コメントする(承認制)

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA