鍼治療の達人、杉山和一と江の島【神奈川の旅】

杉山和一(すぎやまわいち)。私は江の島探索するまでこの人物について何も知りませんでした。「旅は学び」 誰が残した言葉かは忘れましたが、まさにその通りだと思います。知らない何かを発見するために旅をするのです。 出会いは何も生きている人間だけではありません。故人、これも一種の出会いだと思うのです。

 

杉山和一の墓

杉山和一の墓杉山和一。またの名を杉山検校。

1610年(慶長15年)に生まれ、1694年(元禄7年)に死没。現在の三重県津市出身。幼少期に伝染病で失明し、長男として家を継ぐことをあきらめ義弟に杉山家を譲ります。自身は17歳位の時に鍼術の道を目指し山瀬琢一なる人に師事しますが上達せず破門。

破門され絶望しますが「盲目の自分が生き抜いていくには鍼術の道しかない!」と江の島の弁財天の下で命を賭した断食修行を行ったそうです。詳しくは不明ですが弁財天は琵琶法師(琵琶を弾く盲目の芸人)と関係があり、財宝神の性格の他に芸能上達、盲目の守護神としての性格も持ち合わせているようです。

 

福石と江の島弁財天道標

福石と江の島弁財天道標弁財天の元で修行したあとに石に躓きました。その時、筒に入った松葉が刺さりました。

和一「あれ?痛くないぞ???」 これがきっかけで管鍼法を思いついたそうです。管鍼法は管を皮膚に当てて鍼を刺すことによって痛みを軽減させる現在まで続く施術法。今、日本で行われている鍼治療の殆どは管鍼法と言われています。で躓いた石が江の島にある福石(上の写真)だと伝わっています。 

その後、和一は破門された山瀬琢一の師匠である入江良明に弟子入りしようと京へ向かいます。ところが入江良明は無くなっていたので、入江流を継いだ息子の入江豊明に弟子入り。弁財天の加護を受けたのか入江豊明で奥義を習得し江戸で開業します。

江戸での開業は大成功。5代将軍徳川綱吉の目にとまり61歳の時に盲人の役職「検校(けんぎょう)」となり72歳で綱吉の指令を受け鍼術の稽古場を創設。

「本所一つ目」という有名な話が残っています。 

綱吉「そちは素晴らしい施術をしおるな。」
和一「滅相もございません。」
綱吉「よい!謙遜はよい。何か欲しいものはないか。」
和一「・・・。一つでいいので目が欲しいです。」
綱吉「おっ・・おぉ・・・。すまぬことを申した。」
和一「出過ぎた真似を!申し訳御座いませぬ。」
綱吉「詫びるのはわしのほうよ、お詫びと言っては何だが土地をやろう。」

これにより本所一つ目という土地を与えられ、ここに稽古場を建てました。この稽古場は世界初の盲人教育の学校と言われています。現在は墨田区にある杉山和一所縁の江島杉山神社になっています。それまで盲人官位(検校)になるためには本部がある京都まで行かなければなりませんでしたが和一が「惣録検校」になり関東でも検校になれるようになりました。

日本鍼術中興の祖「杉山和一」。盲目の人達に勇気を与えた彼の功績は後世まで受け継がれなければならないと感じます。

おしまい!



福石と江の島弁財天道標

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA