肥後の虎祀る清正公!覚林寺に参拝【東京の旅】

今回は清正公・覚林寺についてです。

覚林寺は可観院日延(かかんいんにちえん)が1631年に開いた日蓮宗寺院で別名を清正公(せいしょうこう)といいます。

 

覚林寺へのアクセス

国道1号線に清正公前の信号があります。そのすぐ近くです。東京メトロの白金高輪駅から歩いても行けます。およそ10分くらいでしょうか。

 

清正公覚林寺について

覚林寺清正公の由来。

豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、加藤清正は捕えた王族の子供を日本へ連れ帰り大切に育てました。その子供は成長すると出家し隠退後に寺を創設。その寺に育ててくれた加藤清正の像を祀りました。捕えられた朝鮮の子供が可観院日延というわけです。美談っぽいですが普通に拉致ですね。

 

覚林寺 本殿覚林寺土蔵造りの本殿。土蔵造りの本殿なんてあるんですね!他にも有名な所あるのかな?

 

覚林寺表門覚林寺山門。寺院内最古の建築物だそうです。建築年月はわかりません。

 

稲荷堂

 

お稲荷様稲荷堂。 このヒビが凛々しさを倍増させています。かっこいいから珍しくお賽銭しました。イケメン狐です。

 

毘沙門堂毘沙門堂。

 

百度石百度石。

百度参りの目印です。「寺や神社の入口から本堂へ行き参拝→入口に戻る」を百回繰り返して祈願する方法。百度参りは他人に見られてはいけないそうです。ソレハムリダ…。

おしまい!



覚林寺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。 コメント待ってるよー!