美しい自然残る湧水の都・国立市を観光しよう!【東京の旅】

国立市は立川崖線(北)と青柳崖線(南)からなる段丘上にあります。崖線からは澄み切った湧き水が流れ、様々な植物が生い茂り、野鳥や多様な水生生物が生息しています。

人気も少なくのどかな風景が広がっていますので都会の喧騒に疲れてしまった方におすすめです。たまには自然補充しましょう!

 

矢川緑地保全地域

矢川緑地保全地域矢川緑地は矢川の起点となる湧水で立川崖線下にあります。

 

矢川緑地保全地域のどかです。

 

矢川緑地保全地域 蛙大きい蛙がたくさんいました。何匹いるでしょう?蛙好きには堪らない場所です。

 

矢川緑地保全地域 カルガモカルガモ。 ひたすら地面、水中を突っついていました。ミミズでもいるのかな?

 

矢川緑地保全地域 カルガモふわふわしていてかわいいですね。

 

矢川緑地保全地域 カルガモと鳩間違え探し。

 

万願寺渡船場跡

万願寺渡船場跡1648年~1652年の間に開設されたといわれています。多摩川に日野橋が架かる1926年(大正15年)迄、住民や旅人の足として利用されました。

 

府中用水

府中用水現役の農業用水路。いつ、どのようにして開削されたのかは不明だそうです。「氾濫した多摩川が自然に作った流路をベースに開削されたのでは?」という説があります。

 

四件在家公園

四件在家遺跡公園平成13年に行われた四件在家地区の発掘調査で発見された遺跡群の一つ。古墳時代後期(600年前半)のものとされ合計で10基発掘されました。小高い山状の墳丘墓で形は円墳だったようです。

 

ママ下湧水公園

ママ下湧水ここは写真撮り辛かった。写真の所から湧き水が出ています。

 

ママ下湧水正面から。 

こちらの湧水は青柳崖線から出ています。「ママ」とは土地の言葉で崖線のことをいいます。昭和初期まではホタルが見れたそうです。

 

ママ下湧水ママ下湧水で遭遇。 

鳥は詳しくないけど…。調べた感じダイサギかな?首が見事なS字!鳥に詳しい方教えて(コメント)いただけたら嬉しいです。「ごぁー」って鳴くそうです。

 

瀧之川学園

瀧之川学園瀧之川学園は1891年(明治24年)に石井亮一が創設した日本で最初の知的障害児者のための社会福祉施設です。

 

瀧之川学園写真にはありませんが同施設内の石井亮一・筆子記念館は国指定有形登録文化財です。後援者として勝海舟、3代目理事長として日本資本主義の父・渋沢栄一といった著名人が関わっています。

 

城山公園

城山公園写真左側の青柳崖線上に城(館)があったようです。城主は鎌倉時代初期の三田氏。或いは源頼朝に仕え、後に浄土宗に帰依した津戸三郎為守の城郭ともいわれています。

 

城山公園脇道。 左側が城跡。右側は自然の丘。城跡は住宅が建っていて見学できません。

 

城山公園 土塁わかり辛いですが土塁跡。

 

城山公園 空堀これもわかり辛いが空堀跡。

『くにたち郷土文化館』の城郭図で確認したので間違いないと思う。

 

くにたち郷土文化館

くにたち郷土文化館いろいろと勉強になりました。思わず200円で『里山だいすきガイドマップ』を買ってしまった。崖線巡りするなら買っといた方が捗ります!

 

おんだし

おんだし矢川と府中用水(谷保用水)が合流する地点。左がママ下湧水から。右が矢川。横に流れるのが府中用水(谷保用水)。水温が低い湧水に住む魚と温かい用水に住む魚の両方が見られ、多くの生き物が集まるポイントになっています。

 

神奈川県庁の測定石おんだし近くの畑内にあった測定石。国立市域は1893年(明治26年)に東京府へ移管される迄、神奈川県に属していたことからここに測定石が残されています。

 

おんだし近くの鳥おんだし近くにいた鳥。

コサギかな?ママ下湧水で遭遇した鳥よりだいぶ小さいし。

 

谷保天満宮

谷保天満宮 谷保天満宮の拝殿。 

御祭神は菅原道真公。菅原道真の三男・道武が父の死を偲んで尊容を刻み現在の府中市に鎮座したことから始まります。その後、津戸三郎為守が現在の位置に遷座しました。ってな感じのことが説明板に書いてあったのですが菅原道武って?調べても出てこないです。配流された時に名前を変えたのかな?

法然上人が津戸三郎為守のために送った手紙の中に菅原道武の名前が出ているようですね。
それでも真相はわからないのですが。

 

谷保天満宮 本殿谷保天満宮の本殿。 

一般的には「やほ」と読まれていますが、本来は「やぼ」だそうです。崖線図を見るとわかるのですが、谷保天満宮は立川崖線と青柳崖線が交わる手前に位置しています。崖があってすぐまた崖がある感じです。※厳密に言うと交わるのはもう少し東ですが。

 

谷保天満宮 ニワトリ谷保天満宮ではたくさんのニワトリが出迎えてくれます。近づいてもあまり逃げません。完全に人間慣れしています。 これは…。軍鶏?矮鶏??雑種???毛並みはかなりいいです。

 

常盤の清水

常盤の清水谷保天満宮の裏にある湧水です。かつては豊かな水量だったそうですが、今は湧いているのかすらわかりません。ザリガニが沢山いました。

 

厳島神社

厳島神社ここも谷保天満宮の裏にあります。厳島神社と言えば宗像三女神ですね。

 

谷保天満宮 鯉厳島神社の鯉。派手なやつを狙いました。

 

谷保天満宮 亀厳島神社の亀。日向ぼっこしててかわいい。

 

終わりに

谷保天満宮にある梅園で梅を撮影したのですが…。ぼやけてしまってとてもお見せできるものではありませんでした。花って撮るの本当に難しいです。

国立市編は以上です。また何かの機会に訪れたら追記していきます。

おしまい!



谷保天満宮 ニワトリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。 コメント待ってるよー!