太宰治ゆかりの地!三鷹市を巡る【東京の旅】

いちち
三鷹市と言えば?

すぐ思い浮かんだのが三鷹の森ジブリ美術館。ジブリのファンではないのですが、パッと出てきました。あとは井の頭公園ですかね。有名どころは。

でも今回訪問して一番印象に残ったのはジブリでもなく、井の頭公園でもなく、三鷹市が太宰治ゆかりの地だったということでした。細かいことは本文に載せますが、三鷹市は太宰治を初め多くの作家が好んで住み、執筆活動をしていたようです。

それでは参りましょう。

 

太宰治ゆかりの地

太宰治「走れメロス」「斜陽」「人間失格」などの作品で有名な太宰治。昔、さらっと読んだだけであまり内容は覚えていないのですが、私が通っていた大学が玉川上水駅(立川市、東大和市)の近くだったので印象に残っています。「玉川上水⇒入水自殺⇒太宰治」という構図です。

若い頃から自殺未遂を繰り返し、そして山崎富栄と心中を遂げた太宰治。三鷹市の太宰治ゆかりの地を巡りましたので写真と共に紹介していきます。

 

陸橋

太宰治と陸橋

 

太宰治と陸橋1929年(昭和4年)に竣工された陸橋。中央線の上を通っています。太宰治お気に入りの陸橋で「いいところがある!」と言って編集者や弟子達を連れて行ったそうです。

 

中鉢家跡

中鉢家跡疎開生活を終えた太宰治が仕事に没頭できるようにと借りた仕事場。ここは女性(キクちゃん)の部屋で彼女が仕事に出ている間、太宰治が借りるといった感じ。『朝』という作品にその様子が書かれています。引き込まれるような文章です。なんかエロいです。

ここで『ヴィヨンの妻』という作品を書きました。

写真は中鉢家跡の説明板にあったものを撮影。現在は取り壊されマンションが建っています。

 

田辺肉店離れ跡

田辺肉店離れ跡説明の通りです。

 

太宰横丁

太宰横丁この通りは小さな飲食店が軒を連ねており太宰治がよく通ったことから名付けられました。
太宰治は酒豪で有名でした。『酒の追憶』という短編では自分と酒にまつわる思い出を書いています。他にも『右大臣実朝』の中で「酒ハ酔フタメノモノデス。ホカニ功徳ハアリマセヌ。」なんて言葉も残しています。 一理ある!

 

伊勢元酒店跡(現・太宰治・文学サロン)

伊勢元酒店跡

 

太宰治 文学サロン太宰治・文学サロンでは「資料展示」、「情報交流と発信」の場として市民の交流の場になっています。

 

野川家跡

野川家跡説明板の場所には葬儀会社が建っています。

 

小料理屋「千草」跡

千草跡

 

千草跡あれですね…。説明板を載せてしまうと特に書くことがありません!しかし仕事場多いですね。

 

太宰治 旧居跡のさるすべり

太宰治 さるすべり三鷹市の和風文化施設「井心亭」にあるさるすべり。すぐ近くにあった太宰治の居住地に植わっていたものを移植。『おさん』という作品にこのさるすべりが登場するそうです。

 

玉鹿石と入水の地

玉鹿石

 

太宰治入水の地この玉鹿石の辺りから太宰治と山崎富栄は玉川上水へ入り入水自殺したといわれています。 現在の玉川上水からは想像出来ませんが当時は水量が多く、この場所に至っては「滝のような」流れだったそうです。

山崎富栄は美容師。綺麗な女性です。なんで太宰治と心中したのかしばらく考えてみましたが無粋だな…。私は自殺を否定しないし肯定もしません。わからないことに関しては沈黙。「とある人」が「とある信念」を持って「とある行動」しただけのこと。

 

新橋

新橋太宰治の誕生日6月19日(1948年)、新橋付近にて紐で結ばれた太宰治と山崎富栄の遺体が発見されました。発見された太宰治は穏やかな死に顔。一方、山崎富栄は苦しみに満ちた恐ろしい相貌をしていたそうです。痛かったんでしょうね。怖かったんでしょうね。後悔したんでしょうね。

 

禅林寺 太宰治墓所

禅林寺このお寺に太宰治の墓があります。

 

太宰治の墓本名の津島修治ではなくペンネームが刻まれていることに驚きました。

 

森鴎外の墓森鴎外の墓。

太宰治は『花吹雪』の中で、「森鴎外が眠る禅林寺の片隅に埋葬されたい。でも自分なんかが鴎外と同じ墓地に眠る資格なんてない…。」的なことを語っています。結果、同墓所というか、すぐ近くに埋葬されました。

あ”ぁ”ぁ”ぁ”~。なんだか暗鬱な記事になってしまいました。

おしまい!



太宰治

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA