日本屈指の聖域?!最恐なパワースポット白鹿権現【大分の旅】

2016年の8月に東京/群馬から大分へ引っ越してきました。

さて、記念すべき大分県の初記事は最恐で神秘的なパワースポットと名高い白鹿権現(ししごんげん)についてです。最初は引っ越ししてきた国東市を一番に持ってこようと考えていたのですが白鹿権現の情報を手に入れ、居ても立っても居られなくなり速攻で出かけました!

衝撃的な写真が数枚ありますので怖いのが苦手な方はブラウザバックどうぞ。心霊スポット的な怖さではありません!

それでは、張り切って参りましょう!

 

白鹿権現への行き方

白鹿権現 看板 白鹿権現の場所についてネットで下調べしたのですが、神聖な場所なためか詳しい情報があまり出ていませんでした。(あんまり調べると面白くないので、実はそこまで見ていなかったりする) まぁ、行ってみたら教えたくない気持ちはわかります。

でも臼杵石仏の観光案内板に白鹿権現はしっかり載っていますし、上の写真のように道標もあるので非公開にしたいわけではなさそうです。白鹿権現に行くならまずは臼杵石仏を目指しましょう。そして案内板で場所を確認してください。

 

白鹿権現 砂利道 臼杵市に訪問予定があるなら行くことをおすすめしたい神聖パワースポットなのですが、山道に慣れていない方にとっては辛い旅になることでしょう。

目的地に至る道はかなりの悪路&対向車が来たらどうにもならないで私自身運転していて嫌でした。しかも意外と車の往来があります。

 

熊野神社の鳥居

熊野神社 ここが白鹿権現&熊野神社入口です。どうにか車を一台(大きい車は無理)停められるスペースがあるので駐車して出撃!

 

熊野神社

熊野神社 熊野神社はこんな感じです。なんか神社っぽくないですね。後ろの本社はえぐれた岩の内にあって独特な雰囲気を醸し出しています。

 

白鹿権現 看板 入口の鳥居の先が分岐になっていて左が熊野神社、右が白鹿権現へ向かう道になっています。

 

白鹿権現の難所

鎖場1 はい、鎖場です。10m程の崖を登って行きます。

 

鎖場2はい、また鎖場です。更に10m程の崖を登って行きます。

 

鎖場3はい、またまた鎖場です。更に更に10m程の崖を登って行きます。

崖と言っても90°というわけではありません。でも注意は必要!滑らない靴と滑り止め付きの軍手があると楽になりますので装備していきましょう。なお、落ちたら大怪我もしくは最悪死にますので体力と腕力に自信がない方はあきらめましょう。

あれだけ行くのを勧めておいて「諦めろ!」とか言うのは「なんだかなぁ」と思いましたが死んだら元も子もない。

 

白鹿権現

白鹿権現 鎖場を進んでしばらく歩くと到着!

 

白鹿権現 祠洞窟の中に祠がありました。ちょっと引いて写真を撮ってみましょう!

 

白鹿権現 うぉ?!なんだこれは???アップにしてみます。

 

白鹿権現

いちち
うぁ…。

これ全部イノシシの頭蓋骨なんです。これは狩猟儀礼の一種で仕留めた動物を白鹿権現へ奉納することによって豊猟祈願、そして神様に対して感謝の気持ちを表しています。

 

白鹿権現の由来

白鹿権現 平安時代の後期に地元の猟師が毛並みの良い鹿を山中で発見しました。そして猟師は捕獲すべくと西神野まで必死に追い詰めました。しかしさっきまでいた鹿がいなくなってしまったではないか。すると岩場から光が出て「私は国を保護する熊野の神だ。信仰しなさい」と仰るわけです。猟師は恐れ戦き神の指示に従いここに祀りましたとさ。

平安時代初期にあった天台宗、慈覚大師の白鹿伝説と似たような話ですね!また鹿は神の使いとしても有名なのでこういう話が出来上がるのでしょう。神の使いの由縁を知りたい方は日本神話の武甕槌命と天迦久神の関係をググってみてください!

 

終わりに

いやぁ。大分県での初旅で凄まじい所に来てしまったものです。でも何故か頭蓋骨に囲まれていながらも怖いという感情は一切わきません。むしろ無宗教な私を敬虔な気持ちにさせた不思議な場所です。柄にも合わず長々と手を合わせ「大分での生活うまくいきますように!」と祈願してしまうほどでした。ってなわけで九州のかた仲良くしてください!

おしまい。



熊野神社

2 件のコメント

  • いきなり。ですね。
    行くのも大変そうだけど、行ってからもびっくりですね。
    インバウンド観光が盛んになっていますがちょっと刺激が強すぎかも。~

    >引っ越ししてきた国東市~~
    >大分での農業生活~~
    ネットの普及等で何をしても、なんとなく将来の結果が見えてきちゃう中、

    農業は、大変だけど、創意工夫だとか、新しい事が沢山ありそうな世界ですよね。

    • 上総さん

      はい。いきなりです!
      日本各地を探してもこれ程のものは見られないのではないでしょうか?
      確かに刺激強いですよね。日本の山岳信仰として紹介したら面白そうですね!

      農業は奥深いですね。まだひよっこで何もわかっていませんが、単純に作物が育っていく姿を見ているのは楽しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA