何となく通った林道・小平座間線の景色【群馬の旅】

みどり市の小平鍾乳洞からさらに山奥へ向かうと小平座間線という林道があります。『記事にするまでもないかな?』と悩みましたが道中にマイナースポットが点在しているので載せておきます。まぁ、適当に読み飛ばして下さい。

 

小平座間線の場所

googlemapで岩穴観音を検索すれば小平座間線に入れます。岩穴観音については後述。

 

みどり市指定天然記念物 小平の大杉

小平の大杉の説明板小平座間線入口にある小平の大杉です。

 

小平の大杉後光が射している。

 

謎の黒い人形小平の大杉のすぐ近くにあった謎の人形。ちょっと怖いけど。

 

岩穴観音

岩穴観音入口謎の人形を過ぎて林道小平座間線を道なりに行くと岩穴観音があります。

 

岩穴観音の舞台いい感じに朽ちています。この辺り昔は人が住んでいたようですが現在は廃墟だらけです。

 

朽ち果てた祠とさびれた橋途中にあった古ぼけた橋。先の祠は大破しています。

 

岩穴観音の説明板1699年(元禄12年)に阿弥陀石仏とあるのでかつては人口もありにぎやかな場所だったのかもしれません。

本尊は准胝観音で准胝を準眼と読んで『眼の病気を治す』『鉄砲の標準をよくする』という眼に関する信仰があったそうです。ちなみに本来の准胝観音は六観音の紅一点で出産関連の功徳があると言われています。

 

岩穴観音外観この中に観音様があります。

 

岩穴観音岩穴の中はこんな感じ。

 

林道 小平座間線

草茂る小平座間線岩穴観音からさらに山奥へ。さすが林道!草伸び放題。

 

岩が転がる小平座間線岩転び放題。

 

崖が崩れた小平座間線崩れ放題。

イノシシとかクマが出るくらい山奥です。そして小平座間線は草木ダム方面(みどり市東町座間)にでます。

 

柱戸の不動滝

柱戸の不動滝小平座間線からは少し外れていますが、みどり市東町座間にある落差25mの柱戸の不動滝。

 

柱戸の不動明王像不動明王像。

サイド二像の顔の造りが超適当で笑えます。

 

大わらじ不動明王像の隣にある巨大なわらぞうり。

この地域では昔から現在に至るまで疫病退散の祈願目的で巨大なわらぞうりを吊るす習慣があるそうです。あるとき迷信ぎみたことはやめようと廃止したのですがその直後村に伝染病が広まったらしく再び巨大なわらぞうりを吊るすことにしたとのことです。

おしまい! 



黒い謎の人形

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。
休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。

コメント待ってるよー!