真田幸村のお爺さん・幸隆が城主だった岩櫃城跡【群馬の旅】

群馬県吾妻郡にある信濃国真田氏ゆかりの岩櫃城跡行ってきました。アクセスはまず『岩櫃ふれあいの郷』を目指すとわかりやすいと思います。そこからはナビを頼りましょう。群馬県吾妻郡東吾妻町原町4392で調べれば行けるはず。

本丸跡まで15分から20分くらい登山道を歩きますので飲み物をお忘れなく。登山道といっても難易度はかなり低いので気張らなくても大丈夫です。ただしクマ出没の可能性があるのでラジオや鈴を装備していって下さい。

 

岩櫃城の歴史

岩櫃山岩櫃城の築城者および築城年は不詳です。一説によると1400年くらいに越前国(福井県)からやってきた斎藤憲行という人物が築城したとされています。斎藤氏は上杉謙信の後ろ盾を得て吾妻周辺を掌握するほどの力を付けました。しかし1560年代に上野(群馬県)侵攻を目論む武田信玄に目を付けられてしまいます。

 

岩櫃山 登山道
吾妻郡内の豪族である羽尾氏と鎌原氏の領地争いが勃発したとき、岩櫃城主の斎藤氏は信濃国の真田幸隆が両者の仲介に入っているのを知ってか知らでか羽尾氏の味方に付いてしまいます。当然、真田氏主家の武田氏(信玄)はこのチャンスを見逃しません。斎藤、羽尾氏が鎌原氏の城を攻略したことをきっかけに武田信玄は攻勢に出ます。

 

堀切跡
写真は堀切跡です。

武田信玄は真田幸隆に岩櫃城を攻めるよう命じます。しかし天然要塞の岩櫃城はそう簡単に落とせません。そこで謀略家の幸隆は内部から崩壊させるべく行動を起こしました。まず一度斎藤氏と和議を結び時間を稼ぎます。そして得意の調略を仕掛け内応(裏切り)の約束を得て再度攻撃を仕掛けます。

するとあら不思議。岩櫃城内は大混乱に陥り簡単に落城してしまいました。斎藤家はその後、後ろ盾の上杉氏を頼りに戦いますが結局真田氏に敗れて滅亡。こうして斎藤家に変わって真田氏は岩櫃城を中心に吾妻を支配していくことになります。

 

岩櫃城本丸跡
武田信玄、真田幸隆が亡くなり息子たちの時代になると武田氏、真田氏共に時代の大きな渦に飲まれていきます。1575年の長篠の戦で武田氏は織田、徳川軍に完膚なきまで打ちのめされ多くの重臣や兵を失います。

なんとか再起しようと信玄の息子である武田勝頼は新府城を築城し構えますが、味方の裏切りと織田、徳川軍の攻撃にあい人質もろとも新府城を燃やして逃走します。この時、真田昌幸(幸隆の息子)は岩櫃城に逃れてくるように伝えましたが勝頼は小山田信茂が守る岩殿山城へ。

しかし小山田信茂に裏切られ甲州市大和町の天目山を目指すが目前で織田軍の滝川一益と対峙し善戦するも虚しく武田勝頼は自害。これにて甲斐武田氏は滅亡します。

武田氏滅亡、本能寺の変(織田信長死去)のあと真田氏は本拠地の上田城と岩櫃城の二城を拠点とし豊臣、徳川、上杉、後北条の間を綱渡り状態で行ったり来たりしてなんとか家を存続させます。

そして1600年の関ヶ原の戦いに親子で分かれて参戦します。上田城&岩櫃城の真田昌幸、信繁(幸村)は西軍に味方し沼田城の真田信之は東軍に。結果はご存知の通り東軍(徳川家康)の大勝利で戦後岩櫃城は真田信之の領地の一部になります。徳川家康によって幕府が開かれしばらくたった1614年、一国一城令が発令され岩櫃城は廃城となりました。

ちなみに関ヶ原の戦いで敗北した真田昌幸、信繁は高野山に追放。昌幸は流人生活中に病死。信繁(真田幸村)は豊臣vs徳川最後の戦い大坂の陣で活躍しますが、それはまた別の物語。

 

終わりに

池の薬師堂水牢跡
岩櫃城に向かう道中にたまたま発見した池の薬師堂水牢跡。

真田信之の孫である真田信利(または信直)という人物がいます。真田信利は酷い暴君だったらしく住民に苛政を行います。恐ろしく冷たい水牢に税を治められない農民の妻子を入れ夫を脅すというやり方をしたそうです。圧政と幕府へ虚偽の報告などで真田沼田藩は改易されてしまいます。

一方、長野県の真田松代藩は明治維新が来るまで存続しました。

おしまい!



岩櫃城本丸跡

2 件のコメント

  • 岩櫃城本丸址があるのですね。
    一見お城ののような温泉施設は利用したことが有ります。
    >~~親子で分かれて参戦~~
    丁度大河ドラマの来週の回がそのあたりのストーリーなので、興味深く読ませて頂きました。

    いつの世だって切り詰めたって実入りがなきゃ納められないしねぇ~。
    それで水牢は無しですよね。

    • 上総さん

      こんにちは。
      そのお城の温泉施設のすぐ近くに岩櫃城があります。
      真田丸見たことないので時間ある時一気にみようかなと思っています。

      水牢は酷いですよね…。しかも見栄のために苛政を強いた感じなので尚更良くないです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA