群馬の偉人が過ごした居城へ!剣聖・上泉信綱について語る【群馬の旅】

私が上泉信綱を初めて知ったのは中学校の時に嵌った歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」だったと思います。このゲームは他家を滅ぼしたり従属させることで天下統一を目指すなかなか面白いゲームです。そして当然の如く私は地元群馬の大名で始めて天下統一したろうと考えるわけです。

最新のシリーズはわかりませんがプレイしていた当時の上野(群馬)大名は箕輪城主・長野業正というおじいちゃんでした。そして配下に上泉信綱がいたのです。彼は剣豪特性が付いていて合戦に関してのステータスがかなり強い。(主君の長野業正もかなり強いです)

これなら案外いけるのでは?と思える位の強さでしたが井の中の蛙とはまさにこのこと…。東に佐竹義重、西に武田信玄、南に北条氏康、北に上杉謙信(一応同盟国)と戦国時代中期のオールスター揃いと来たもんだ。東なら何とか行ける?と思いきや途端に武田と北条が襲ってくる地獄のような光景が毎日繰り広げられていた記憶が残っています。

結局うまく行ったのは上杉とがっちり手を繋いで武田信玄をやっつける方法でした。後北条氏は小田原城が堅すぎるためか一回も勝てなかった気がします。

完全に話が脱線しましたね!今回の記事では何故かあまり有名ではない剣聖上泉信綱についてです。流派名と弟子はかなり有名なんですけどね。それでは参りましょう!

 

上泉城跡へのアクセス

群馬県道76号線の上泉町交差点近くにあります。交差点を東に進むと藤沢川に架かる小さな橋があります。橋を越えてすぐ左折してしばらく進むと右手に城跡があります。少し説明しにくい場所にあるのでgoogle mapで事前に調べるか、ナビにして向かったほうが良いかもしれません。

 

上泉信綱について

上泉信綱上泉信綱像。

上泉信綱は1508年(永正5年)に群馬県前橋市の上泉城に生まれ、1577年(天正5年)に奈良県の柳生谷で亡くなったとされています。正確な生没年は諸説あります。藤原秀郷の流れを汲む大胡氏の一族、若しくは足利将軍の命で大胡氏再興のために関東へやってきた河内源氏の一色氏の流れという説もあります。
信綱は祖父や父の影響で兵法書や剣術を学び成長していきます。

所謂天才型タイプだったようで祖父や父を超えるまでにそれ程時間はかからなかったようです。陰流、念流、神道流といった剣術の流派を学び、安全な稽古をするため木刀の代わりに袋竹刀を発明しました。それゆえ剣道の神様とも呼ばれています。

 

上泉城跡上泉城跡。

恐らく上泉信綱の前~中半生は大胡城や上泉城などの赤城南麓を拠点に活動していたと思われます。しかし後北条氏の攻撃によりそれらの城が奪われてしまいます。そしてその後、箕輪城の長野業正に仕えたといわれています。

業正が生きている間は武田信玄や北条氏康の大軍に攻められても箕輪城を守り切っていたのですが、息子代になり「業正が死んだ今こそだ!」と俄然やる気になった武田信玄に落城させられ長野氏は滅んでしまいます。ちょっと話がそれてしまいますが、幕末期の井伊直弼の師、長野主膳は上州長野氏の末裔かもしれないそうです。

主家が滅んでしまった上泉信綱は武田信玄に惚れられ誘われます。しかし士官を断り、日本各国に自流派を広めるため疋田景兼などの弟子達と旅に出かけます。
この自流派がかの有名な新陰流です。

 

新陰流 石碑新陰流流祖生誕之地の碑。

上洛を目指して様々な地を遊行しました。良い噂が広がっていき上洛すると信綱の才能、人徳に魅かれ多くの弟子たちが集まります。弟子の中には柳生宗厳(石舟斎)、丸目長恵、奥山公重、宝蔵院胤栄など後の日本武道の礎となる有名な人物がいます。

公家の山科言継(やましなときつぐ)とかなり仲が良く言継卿記という日記に信綱が32回も登場しているようです。信綱本人の人望&能力と山科言継の政治力あってか京都御所への昇殿を許され正親町天皇の前で新陰流を披露したり、将軍足利義昭に招かれ二条城で酒杯を頂いたとされています。これってとんでもないことですよね?!私はかなりビックリしました。

 

終わりに

上泉信綱 墓向かって右側が上泉信綱の墓。(西林寺)

いちち
これからは『群馬の歴史的偉人って誰?』って問われたら上泉信綱と答えましょう!まぁ、他にも大勢いるんですけどね。『何した人なの?』と聞かれたら『新陰流を立ち上げた剣術の神様で竹刀のベースを作った人です。』でいいと思います。

おしまい!



上泉信綱

2 件のコメント

  • 剣聖がいたのですね。宮本武蔵やら、柳生某と違って武勇伝やら逸話が少ないのでなかなか全国区になりませんよね。

    信長の野望は、長野さんから始めた事は無いです。真田でも苦しかった思い出があります。
    2人プレイにして、真田と信玄を選んで、開始早々信玄に降伏させて領地と武将を得てからなんてズルをしてたような。
    やりたくなっちゃったじゃん。

    • 当時は有名だったようですが情報が少なすぎますね。
      真田は上田城と沼田城の飛び領地なので難しいですよね。その頃には織田か豊臣が大きくなっていますし。
      2人プレイの発想はありませんでした!クリアしたいとき私は島津を選んでいました。
      囲まれていない&武将が強いので簡単に天下統一できた記憶があります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA