前橋vs高崎の歴史を振り返る。前橋ぶらり旅【群馬の旅】

いちち
なんで県庁所在地が前橋市なのか?

群馬出身だった私はよくこう思いました。高崎市は前橋市と比べて人口もオフィスビルや店舗が多いですし新幹線も通っています。何も知らない人が見たら確実に群馬の中心は高崎市と思うはず。

さて、今回は高崎市が県庁所在地ではなく前橋市なのかを説明します。前橋城跡とこの問題にゆかりある建築物と一緒に見ていきましょう。それでは参ります!

 

前橋城跡について

前橋城跡前橋市の群馬県庁がある場所にはかつて前橋城がありました。ここには説明板と石碑があるだけです。

前橋城は利根川と広瀬川を外堀代わりとして建てられた平城です。起源は15世紀末といわれ、周辺を支配していた長野氏もしくは長尾氏が箕輪城の支城として建てたと考えられています。前橋と呼ばれるようになったのは比較的最近でそれまでは厩橋(まやばし)と呼ばれていました。

戦国時代の群馬は武田氏、上杉氏、後北条氏などの強豪大名に囲まれていたため常に奪い合いの地として争いが盛んに行われていました。もちろん前橋城も例外ではありませんでした。

 

前橋城1551年に後北条氏に攻められ傘下に入り、1560年に上杉氏に攻め落とされ、1563年には武田氏、後北条氏連合軍に落とされます。その後、上杉氏が奪い返します。しかし上杉家臣・北条高広(きたじょうたかひろ)の謀反によって再び後北条氏のもとへ。

上杉、後北条が越相同盟を結ぶと再び上杉家に引き渡されます。1579年に今度は武田勝頼に攻め落とされるが、1582年に武田氏が滅亡。次は織田家臣の滝川一益が前橋城に入城します。その後すぐに本能寺の変が起き織田信長が死亡すると後北条氏が滝川一益を攻め、またまた後北条氏の城に。

いちち
目まぐるしく変わり過ぎてややこしい…。

1590年の豊臣秀吉による小田原征伐で攻め落とされ当時関東を支配していた徳川家康の家臣、平岩親吉が入城。その後、江戸時代に入り厩橋城から前橋城へ名前が帰られ本丸御殿は昭和3年まで群馬県庁として使われていました。

 

 

楫取素彦と臨江閣

臨江閣明治期の廃藩置県で最初に県庁舎が置かれた都市は高崎市でした。しかし県庁舎は軍事上重要な高崎城にあったため軍部に接収され行き場を失ってしまいます。またそれに見合う建物が高崎には無かったため一時的に前橋城跡へ移転することなりました。

臨時で前橋に県庁舎が置かれることになりましたが、群馬県そのものが埼玉県(入間県)と合併することになり一時的に庁舎がなくなってしまいます。まぁ、これはすぐに解消されて群馬県は復活します。そして再び高崎市に県庁が設定されます。

相も変わらず高崎城は軍部が支配していたため使えません。城外で業務を行うものの作業効率が上がらず問題が多発していました。

このタイミングで現れたのが2015年の大河ドラマ『花燃ゆ』の準主役だった楫取素彦です。

 

臨江閣楫取素彦は山口県(長州藩)に生まれ第二次群馬県の県令になった人物。

楫取素彦がまず行ったことは業務不能な高崎の県庁舎を一時的に前橋に移転させる手続きです。高崎市民には準備が整い次第また県庁舎を高崎へ戻すと説得。お上の許可を得て実行します。

しかし時間が経ち前橋が群馬の中心地となりつつある姿を見て彼は『これ高崎に戻す必要なくない?』とこっそりとお上に連絡。そしてこれが通ってしまいます。

高崎市民はこの対応にブチ切れ!前橋の県庁舎に押しかけます。大抗議です。そして移転問題は裁判にかけられることになります。

ところが楫取側が勝利し高崎市民は引かざるを得ない状況になります。こうして現在まで前橋市が県庁所在地になっているわけです。私は桐生市民なので傍観していますが『前橋vs高崎』の戦いは未だ燻っている気がする。気のせいかな…?

さて、あとは臨江閣の様子でも見て終わりましょう!

 

この臨江閣は楫取素彦が提言して建設された迎賓館です。日本庭園があり心が落ち着きます。

 

臨江閣この大広間で詩人の萩原朔太郎が結婚式を挙げたそうです。

 

前橋vs高崎県指定重要文化財の茶室です。

 

終わりに

県庁舎最後に日本庭園から眺める県庁舎。群馬県には高層ビルが殆どありません。

県庁舎が群馬で一番高いビルみたいです。

おしまい!



前橋城&臨江閣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA