青く輝く洞窟!日本一の稲積水中鍾乳洞に行ってきた【大分の旅】

日本一の水中鍾乳洞と呼ばれる稲積水中鍾乳洞へ行ってきました。この鍾乳洞の原型が完成したのはおよそ2億数千万年前といわれています。そして約30万年前くらいから鍾乳石の発達が始まり、8万5千年前の阿蘇山大噴火によって水没してしまいました。

それから長い月日が経ち、たまたま付近で遊んでいた子供たちが水中に穴を発見し、専門のダイバーが調査を行い昭和52年に観光洞として私たちの前に姿を現すことになりました。

それでは写真メインで稲積水中鍾乳洞を紹介いたします!

 

稲積水中鍾乳洞へのアクセス

稲積水中鍾乳洞までは自動車以外のアクセス方法がありません。案内板が至る所に出ているので迷うことはないと思いますが、道のりを説明するのが難しいので割愛します。稲積水中鍾乳洞のホームページを見るとざっくり説明しているのでそちらを参考にしてください。

ここは鍾乳洞だけではなく近くに白山川キャンプ場やホタル生息地があるので初夏に家族で泊まったら夏の思い出になること間違いなしです。おすすめします!

 

 

稲積水中鍾乳洞の景観


稲積水中鍾乳洞

営業時間は年中無休で9:00~17:00。夏季は延長営業しているようです。

入場料は大人:1200円、大学生:1000円、中高生:800円、4歳~小学生:600円。

そこそこ高いですが維持が大変でしょうから止む終えませんね。

 

稲積水中鍾乳洞

 

稲積水中鍾乳洞青の洞窟です。青色でライトアップされているだけですが美しいですね。

 

稲積水中鍾乳洞順路を進みます。

 

稲積水中鍾乳洞赤ちゃん竜。

 

稲積水中鍾乳洞途中二手に分かれます。まずは左の新生洞へ!

 

稲積水中鍾乳洞黄金柱。

 

稲積水中鍾乳洞天のかけ橋。この部分だけ固かったので浸食されずに残った感じでしょう。

 

瑞宝厳瑞宝厳との説明がありました。

 

やすらぎの池やすらぎの池。頭上からの水滴が半端ないです。タオルを持って行った方がいいです。

 


仏の里仏の里。なんだか神秘的ですね~。

 

夫婦石夫婦石。石筍(せきじゅん)と呼ばれる鍾乳石です。

 

砂場砂場だって。

 

名残りの池名残りの池。

 

氷河氷河だそうです。

 

ベルホール

 

 

ベルホールベルホール。鍾乳洞が水没していた時に渦が巻いていた部分です。

 

昇り龍昇り龍。垂直な壁に龍が這っています。

 

無限の滝無限の滝。

 

無限界無限界。意味はわかりません。

 

サンゴ石サンゴ石。

 

雲上の滝雲上の滝。50mに達する深い断層。未だ上部の確認はできていません。

 

稲積水中鍾乳洞未開削地点。この先は調査中とのこと。分岐に戻り水中洞へ。

 

稲積水中鍾乳洞水中洞はこんな感じの道を歩いていきます。道下には川が流れています。

 

仙人の渕仙人の渕。

 

竜の牙竜の牙。何が竜の牙なのかわかりませんでした。

 

底なしの渕底なしの渕。透明度は高いですが底が見えません。

 

水中の黄金石水中の黄金石。

 

幽玄の滝幽玄の滝。

 

鬼の岩屋鬼の岩屋。

 

竜宮城竜宮城。

 

古城古城。

 

竜神の門竜神の門。

 

子宝観音子宝観音?って書いてあったけどコレジャナイ感が強いです。

 

ヘリクタイトヘリクタイト。左手前がわかり易いかと。膜を張るように鍾乳石が生成されています。

 

エメラルドの泉エメラルドの泉。グリーンにライトアップされています。

 

雲上界雲上界。

 

久遠の渕久遠の渕。

 


示現の渕示現の渕。ここが最終地点です。現在水中500mまで調査が進んでいるそうです。吸い込まれそうな水面ですね。ここを潜るダイバーって凄いと思います。

以上で終わります。

 

終わりに

『ナースときどき女子 by看護のお仕事さん』の行楽の秋にオススメ!レジャースポット特集♪でこの記事が紹介されました!

ナースときどき女子は、「看護のお仕事」が運営するナースのための情報メディアです。 仕事、勉強から恋愛、美容などのプライベートのことまで、ナースにとって役立つ情報を毎日配信していきます。 日々忙しい看護師という職業のすきま時間に、ぜひナースときどき女子のコンテンツをお楽しみ下さい。

って感じのサイトです。どーぞお時間ある方はご観覧下さい。

おしまい!



稲積水中鍾乳洞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA