織田信雄が築いた楽山園と織田宗家七代の墓【群馬の旅】

群馬県の南西に位置する甘楽町は第六天魔王こと織田信長の次男・織田信雄ゆかりの地。私は群馬県出身にもかかわらずこのことを全く知らず、甘楽町についてインターネットで調べたとき初めて知りしばらく信じられませんでした。

いちち
というか群馬県民であり、歴史好きな私がこんなことも知らないなんてと羞恥の感を抱き信じたくなかったといった方が良いかもしれません。
まぁ私、東毛出身だし西毛のことなんてわからないよねと言い訳しつつ、でも知らないのは気持ち悪いので甘楽町へ行って確認して参りました。

それではご観覧下さい。

 

織田信雄と織田宗家七代の墓

甘楽 織田信雄まずは織田信雄について。1558年、織田信雄は織田信長と側室の生駒吉乃の間に生まれました。1569年に伊勢の北畠具房の養嗣子として入り1575年に北畠氏の家督を相続します。この相続はかなり強引だったらしく北畠具房と北畠家臣達は反感を抱き、陰で悪さをするようになります。

そして1576年、三瀬の変。信長と信雄は北畠具房及び家臣を謀殺します。これによって信雄は北畠の権力を掌握。このあと信雄は一揆を治めるために出兵し大敗します。しかも悪いことに信長の許可を得ずに勝手にことを起こしたため「てめぇとは親子の縁を切る!」と怒られてしまいます。

そんなこんなしているうちに本能寺の変(1582年)が起き織田信長が明智光秀に殺されてしまいます。嫡男の信忠も明智光秀に攻められ二条新御所で自害してしまったので次男の信雄、織田家相続のチャンス到来です。そして織田家の今後をどうしようという内容の清須会議が重臣たちの間で開かれます。羽柴秀吉は三法師(信忠の息子)、柴田勝家は織田信孝(信雄の弟)を推薦。なんと信雄は候補にすら選ばれませんでした。…無念。

 

織田宗家七代の墓
信雄のお墓です。

この後、暫く秀吉に従うが徳川家康と画策し小牧・長久手の戦いを起こします。しかし途中で秀吉と独断和睦を結び小牧・長久手の戦いを終わらせます。そしてまた秀吉の配下に。で秀吉に逆らって改易、流罪。家康が両者の間に入り赦免されます。

1600年の関ヶ原の戦いでは家康にも石田三成にも属さず傍観。戦後に家康から改易されます(笑)そして秀吉亡き豊臣氏の家臣になります。1614年の大阪冬の陣で豊臣秀頼を見限り徳川へ。豊臣氏が滅亡したのち幕府から大和国宇陀郡と上野国甘楽郡(群馬県)を与えられました。余生を楽しみ、1630年に京都で死去。

信雄についてはこんな感じです。残念ながら織田信雄は凡愚な武将、大名と評されています。しかし生き延びる術を知っていたのか、それとも運がよかったのか73歳まで生きています。ちなみに清須会議で選ばれた三法師は関ヶ原の戦いで石田三成に属し敗北、高野山に追放され26歳で病死(自殺かも)。織田信孝は秀吉vs柴田勝家の賤ヶ岳の戦いの際、信雄に城を囲まれて降伏、自害を命じられます。こちらも享年26歳。

 

織田宗家七代の墓
織田宗家七代の墓です。織田信雄の血筋は1767年に明和事件で出羽高畠(山形県高畠町)に移封されるまでの152年間ここ小幡藩(甘楽町小幡)を統治していました。しかし立派な五輪塔ですね。さすがは織田氏といったところでしょうか。

 

楽山園

楽山園
織田信雄によって築庭された楽山園です。

 

楽山園名前の由来は『知者ハ水ヲ楽シミ、仁者ハ山ヲ楽シム』という論語の故事から。

 

楽山園信長の息子に生まれて秀吉や家康の間に挟まれどうにか生き残った信雄。彼はどんな気持ちでここを造っただろうか。

 

楽山園
甘楽町小幡は養蚕で有名な地です。江戸時代ぐらいから養蚕業が活発になったということなので信雄が指示を出したのかもしれません。まぁ実際は江戸幕府が銅の流出を防ぐため養蚕を推奨しただけですがね。(当時、生糸は中国から輸入していたため)

少し甘楽町の街並みも見てみましょう。

 

風情ある甘楽の街並み

甘楽町
中路地です。自動車がない当時としてはかなり広い道だったようです。

 

甘楽町食い違い郭。防衛のため造られたもの。また下級武士が上級武士に出会うのを避けるためここに隠れたとも伝わっています。

 

甘楽町松平家大奥跡。織田氏が移封した後に小幡藩に入った松平氏はここに大奥を設けました。

 

甘楽町高橋家の庭園。ここは江戸時代の武家屋敷にあった庭園。江戸時代から殆ど変わっていない昔の様子を最も表している場所だそうです。

 

大手門跡大手門跡。陣屋(藩庁)の表門です。

 

甘楽町
雄川堰。雄川より取水して造られた用水路です。疏水百選、名水百選に選ばれています。ちなみに疏水は農業用に設けられた水路のこと。

 

甘楽

 

甘楽吹上の石樋。雄川の水を城下町に流すためには掘沢川という小さな川を横切る必要があります。その際に石材を組み合わせて造られた宙に浮く水路。少しこぼれていますがしっかり下流まで流れています。江戸時代の技術でこれを造るのは大変だったろうに。

 

道の駅
道の駅・甘楽。甘楽町はイタリアのチェルタルド市と姉妹都市提携していてるので道の駅・甘楽では直輸入ワインを販売しています。

 

終わりに

甘楽町
こんな感じ。ここでしか手に入らないワインもあるそうですよ!(日本国内で)

今回の記事はこれにて終了。

おしまい!



甘楽 織田信雄

2 件のコメント

  • お~っ。小幡藩の話ですね。
    何度か近くに行ったのですが中に入らず通過ばかりの場所です。
    文面から察すると、信雄は、信長、秀吉の時代は有名なのに、関ケ原辺りから陰が薄くなっていったのですね。
    我こそ信長の直系みたいな意地とか、プライドとか出して、行き詰まるより、
    天性の身の丈にあった生き方で良いのではと感じました。

  • 上総さん

    甘楽はいい所でした!
    信雄は父親が傑物すぎて比較されてしまうので辛い立場にいたようです。信長死後最初こそ前に出ようとしたようですが、秀吉や家康には敵わなくあきらめたっぽいですね。なかなか興味深い人物でした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。 コメント待ってるよー!