日本の国宝であり世界遺産でもある白鷺城こと姫路城へゆく!【兵庫の旅】

国宝に指定されている城郭は5城あります。

長野県の松本城愛知県の犬山城滋賀県の彦根城島根県の松江城、そして兵庫県の姫路城。

また、姫路城は世界遺産にも指定されている数少ない建築物です。

姫路城以外には『奈良県の法隆寺』『広島県の厳島神社』『栃木県の日光寺社(東照宮)』などが国宝と世界遺産に認定されています。

それでは姫路城の様子を見てみましょう。

 

姫路城へのアクセス

姫路城

電車、バス利用ならJR姫路駅北口から神姫バスに乗車して『大手門前』下車徒歩5分で着きます。またJR姫路駅、または山陽姫路駅から徒歩でも行けます。およそ20分くらいかかります。車なら姫路城の南側にある大手門駐車場が近くて広いので便利です。

 

姫路城の歴史について

姫路城

姫路城の築城に関しては諸説あります。

1333年に赤松則村が後醍醐天皇の息子・護良親王を命を受けて出陣した際、姫山に建てた砦が姫路城の前身といわれています。

このとき守備を任されたのが一族の小寺氏でした。

 

姫路城

1346年に赤松貞範(則村の次男)が本格的に築城を開始します。

そして貞範が庄山城に本拠地を移すと再び小寺氏が任され城代になります。

1441年の嘉吉の乱で赤松氏が敗北し城主の小寺職治が討ち死にします。そして山名氏が城代に。

1458年、長禄の変での功績が認められた赤松氏は再興が許され、1467年の応仁の乱で弱体化した山名氏から播磨(姫路)を奪還します。

そして再び小寺氏が城代になります。

 

姫路城

1545年に小寺則職が御着城が移ると家臣の黒田重隆に城を任せます。

そして黒田重隆・職隆親子が御着城の支城にと姫山の地形に合わせた城郭に拡張します。

その後、職隆の息子・黒田孝高(官兵衛)の代には織田信長の傘下に入り羽柴秀吉と共に播磨を平定。

1580年に中国攻略のため姫路城を秀吉に譲ります。

 

姫路城

本能寺の変の後に羽柴秀長(秀吉の弟)が入城、秀長が奈良の郡山城へ転封されると木下家定が城代になります。

木下家定は秀吉の正室・ねねのお兄さんにあたる人物です。

1600年の関ヶ原の戦いの戦功を評価された池田輝政が入城し、江戸時代には松平、榊原、本多各氏が城主に。

1749年から明治維新まで酒井氏が城代を務めました。

 

姫路城

明治時代に発せられた廃城令で存続になるも競売に出され地元の商人に売られてしまいます。

その額なんと23円50銭!(現在の10万円くらい?)

商人の購入した理由は姫路城の存続のため城の瓦を売るための二つ。城の瓦は大きすぎて売り物にならなかったという話があります。

 

姫路城

城跡は陸軍の陣地として使いやすかったので姫路城も三の丸に歩兵第10連隊が設置されました。

このときにいくつかの建物が壊されてしまいましたが悪いことだけではありませんでした。

1878年に中村進一郎(重遠)やドイツ公使のマックス・フォン・ブラントが陸軍卿の山縣有朋に姫路城修復願いを太政官に上申して欲しいと頼み込みます。

なかなか予算は下りなかったそうですが、様々な人々の援助があり大改修が行われることになりました。

 

姫路城

1931年(昭和3年)に天守閣が旧国宝(現在の重要文化財に値する)に指定。

ちなみに新国宝に指定されたのは1951年(昭和26年)のことです。

 

姫路城

第二次世界大戦で軍事施設だった全国の城郭は空襲の標的にされてしまいました。

もちろん姫路城も空爆の目標になってしまったのですが、空襲により一部消失したものの焼夷弾の不発や必死の消火活動により奇跡的に残存。

焼け野原になった姫路の街からただ一人静かに佇む姫路城を見て市民たちは涙したと伝わっています。

 

姫路城

戦後、1956年(昭和31年)に8か年計画で昭和の大改修を行いました。

平成に入り1993年(平成5年)の12月、法隆寺地域の仏教建造物とともに日本初の世界遺登録されました。

以上!

 

終わりに

国宝5城をまとめましたので時間がある方は見て行ってください!

念願叶った!国宝5城を巡る歴史旅!ついに完遂。

2017.01.04

おしまい!



姫路城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA