ひこにゃん!国宝・彦根城の歴史と井伊氏について【滋賀の旅】

彦根観光のメインとなるであろう彦根城は日本国宝5城の一つで日々観光客でにぎわっています。滋賀県は京都が近く東国と西国の結び目だったことから重要な要所として発展しました。

戦国時代の覇者たちもここの重要性を十分理解していたので織田信長は丹羽長秀や羽柴秀吉、秀吉は石田三成、徳川家康は井伊直政と名実共に優れた武将をここに配置し天下を狙いました。

今回、彦根城に訪問する機会に恵まれましたので、その歴史とともに紹介します。それではまずアクセスから。

 

彦根城へのアクセス

彦根城自動車なら名神高速彦根ICで下ります。その後、国道306号線を彦根市街地方面へ直進。京橋の交差点を右折すれば駐車場に着きます。電車で遠方からいらっしゃる方はまず新幹線でJR米原に。そしてJR東海道線京都で方面へ向かいJR彦根駅を目指しましょう。そこから徒歩20分くらいで着きます。

 

彦根の歴史

彦根城その名の由来は日本神話に登場する活津彦根命(いくつひこねのみこと)が琵琶湖の岸にある山に祀られたことから名付けられたといわれています。鎌倉時代には宇多源氏の末裔である佐々木氏が近江国を本貫の地とし治めました。その後も宇多源氏の流れを組む京極氏や六角氏が近江を支配しました。

 

彦根城戦国時代には第六天魔王こと織田信長が足利義昭を連れて上洛する際に近江国で六角氏と争うことになります。先代の六角定頼は『楽市楽座の創始』『家臣団を一城にまとめ結束を固めるための破城(後の一国一城令)』『将軍家を巧みに利用した外交』と六角氏の全盛期を築いた人物でした。

そんな六角氏を信長はリスペクトしていたのか『上洛するんで通らしてくれませんか?』と控えめに交渉。しかし六角氏はこのまま信長を野放しにしては後々大変なことになると感ずいたのかこれを拒否。こうして観音寺城の戦いが勃発します。

 

彦根城この戦いは木下(豊臣)秀吉らの活躍により織田信長の勝利に終わります。当主の六角義治は勝ち目がないと早々と悟り甲賀へ逃亡。その他の支城は当主逃亡を知り1城除いて投降します。抵抗した城は蒲生郡日野町にあった日野城の蒲生賢秀(かたひで)。

しかし織田家臣の義兄、神戸具盛の単身説得により開城。このとき織田氏に人質として送られたのが蒲生賢秀の三男、蒲生氏郷でした。氏郷は『こいつただ者ではないと!』信長に認められた武将で後に次女の相応院を娶らせました。本能寺の変で明智光秀から織田一族を守るために匿ったり、豊臣秀吉の家臣として活躍し『豊臣姓』を下賜されるなどとても優れた人物でした。

 

彦根城浅井、朝倉氏との熾烈な戦いを終えこれを成敗した織田信長は1579年に岐阜城から安土城に居城を移します。そして明智光秀(坂本城)、羽柴秀吉(長浜城)、丹羽長秀(佐和山城)などの重臣たちを近江国に置きます。本能寺の変で信長が死去し豊臣政権になると石田三成や京極高次、長束正家などの重臣が近江国を治めることになります。

 

彦根城について

彦根城1600年の関ヶ原の戦いで石田三成を打ち破った徳川家康は上野国(群馬県)の高崎城から徳川四天王の一人・井伊直政を近江国の佐和山城へ転封させます。石田三成の居城だった佐和山城が気に入らなかったのか直政は居城を別の場所に移そうと計画します。

しかし関ヶ原の戦いでの負傷と多忙が原因で井伊直政は早くに亡くなってしまいます。当初は現在の米原市に新城を築く予定でしたが家老の木俣守勝、そして徳川家康に話し合いにより琵琶湖の湖岸にある彦根山に城が築かれることになります。1622年に完成され彦根山に築かれたことから彦根城と名付けられました。

 

彦根城天守ギャラリー

彦根城

 

彦根城

 

彦根城いくつかの切妻破風や入母屋破風に装飾された唐破風。独特な花頭窓も美しいですね。国宝5城を見てきましたが私の中で彦根城の天守が一番センスいいと思っています。まぁ、一番好きな城は彦根城じゃないですけどね。

 

彦根城

 

彦根城

 

彦根城
内部は展示物などなくあっさりした感じです。どこの天守も同様ですが階段がもの凄く急です!女性の方は服装に気を付けましょう。

 

彦根城

 

彦根城天守から眺める琵琶湖です。琵琶湖って広いし波が立っているし本当に海みたいです。

 

井伊氏と赤備え

彦根城井伊軍はこのような赤い鎧をまとい戦いに臨んだことから『井伊の赤鬼』と呼ばれ恐れられました。赤備えの元ネタは武田信玄重臣の飯富虎昌でそのあと親族の山県昌景が引き継ぎます。甲斐武田氏に苦しめられた徳川家康は武田氏滅亡後、自軍に甲斐武士を井伊直政の部隊に組み込みました。

また真田信繁(幸村)が1615年の大阪夏の陣で赤備え部隊を編成したことも有名ですね。このとき本隊特攻してきた信繁に家康は三方ヶ原の戦いで(1573年)殺されかけた赤備えを思い出し脱糞しそうになったかもしれません。

彦根のアイドル『ひこにゃん』もさりげなく赤備えですね。兜しかかぶっていませんが。

 

彦根城と井伊氏

彦根城その後の井伊氏は江戸時代が終わるまで彦根の地を移動せず治めることになります。優秀な人間が多く数名の大老職を出しました。その中でも特に有名なのが井伊直弼です。以前、井伊直弼の墓所がある東京都世田谷区にある豪徳寺に訪れた際にも彼について触れました。しかしながら幕末期の歴史は私には難しすぎるということで半ば強引に筆を置きました。

この辺りの歴史は本当にわからないことだらけで嫌になります…。あんまり突っ込むと歴史不信になってしまいそうなので今のところは真面目に調べませんが、いつの日か時間を掛けてまとめてみようかなとは考えています。

 

彦根城井伊直弼が桜田門外の変で暗殺されると幕府は世の中を混乱させたと井伊氏に罪を着せて領地を10万石没収してしまいます。これにブチ切れた井伊氏は大政奉還後、新政府側に味方。鳥羽・伏見の戦いや戊辰戦争で明治政府とともに戦うことになります。そして井伊氏は現在まで存続しているそうです。

 

終わりに

滋賀県の歴史は面白い。

時間が許されるなら1週間くらい滞在してもっとマニアックな歴史スポットも周ってみたいですが、なかなかそうはいきませんね。今回、大分から高速を使って彦根に来ましたが『もう当分いいや…。』という感じです。

国宝5城をまとめましたので時間がある方は見て行ってください!

日本の国宝5城を巡る歴史旅!ついに完遂。

おしまい!



彦根城

2 件のコメント

  • 国宝の彦根城。大分から高速でって。凄い距離ですよね。
    徳川の名将。井伊家の居城だったのですね。
    前回は、真田話で沼田が大盛り上がりだったのですが、
    今年の大河ドラマは、(高崎藩主でもあった)井伊さんの話らしいので、ひこにゃんも含めて盛り上がってるのかな~。

    • 上総さん
      あけましておめでとうございます!
      片道800kmないくらいですね。遠いですが運転が好きなのであまりストレスはありませんでした。男なのか女なのかで盛り上がっている直虎さんの話ですね。真田丸は見れなかったので次の大河ドラマはしっかり観たいと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。 コメント待ってるよー!