珍スポット!けさかけ橋と小中大滝自然公園【群馬の旅】

小中大滝は国道122号線の小中の信号を山方面に向かってしばらく走らせた先にある小中大滝自然公園の中にあります。この公園は遊水地になっていて夏場になると子連れの家族、カップルなどで賑わいます。

また滝へ向かう途中に独特な橋がありB級スポットとして人気があります。橋については後述していますので是非最後までご観覧下さい。

 

 

小中大滝自然公園

小中大滝自然公園大滝トンネルを抜けるとすぐに小中大滝自然公園があります。『小、中、大』と並んでいる珍しい名前ですね。夏場だったので遊水公園で子供たちがワイワイと遊んでいました。

のどかで良い公園なのですがよくクマが出るらしいので注意が必要です!

訪問される方は鈴かラジオを持参してください。

 

けさかけ橋の看板けさかけ橋の説明板に『弘法大師(空海)が訪れた」書いてあります。空海さんは遥か昔この辺りを放浪?していたようです。以前、小中大滝にほど近い沢入にある釈迦涅槃像(寝釈迦)を見に行った時も空海さんの名前がありました。

 

恐怖のけさかけ橋?!

けさかけ橋滝の手前にあるちょっと怖い『けさかけ橋』です。

恐らく大滝よりもこのけさかけ橋のほうが有名かもしれません。写真をご覧ください!橋って普通行く先が見えますよね?さて少し先に進んでみましょう。

 

最大傾斜44%のけさかけ橋 なんと橋に階段です!

そう。けさかけ橋は超急勾配の橋で、その最大傾斜は44%もあるとても珍しいちょっと怖い橋なのです。※傾斜…水平方向に100m進んだ時そこから何メートルの高さにあるかということ。

 

最大傾斜44%のけさかけ橋登りの写真。

 

最大傾斜44%のけさかけ橋横からの写真。木で上の方がよく見えませんが反り立っています。

 

落差96m 小中大滝!

大滝の説明小中大滝の説明。

 

小中大滝橋を越えると展望台があってそこから滝を眺めることができます。

残念なことに夏は木々が生い茂っていて全体像がよくわかりません。実際はかなり迫力ある滝なんですけど。

 

終わりに

国道122号線沿いにはマニアックだけど見どころのある場所が多いです。(群馬県B級スポットのメッカかも?)皆さんも是非いろいろ探して行ってみてください。

おしまい!



小中大滝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。 コメント待ってるよー!