絶景!昇仙峡のベスト撮影ポイントは何処だ!?【山梨の旅】

昇仙峡昇仙峡は1843年に長田円右衛門が山を切り開き訪れやすくなったことから有名になりました。昇仙峡の名の由来は不詳です。

うっそうと茂った緑色の草木も美しいのですが、やはりここは紅葉期が素晴らしい。

↑の写真の店のおじさんに昇仙峡のベストスポットを教えていただきましたので紹介します。

 

 

昇仙峡ベストスポットの場所

 

昇仙峡

 

昇仙峡ここは覚円峰という昇仙峡で一番有名なところです。覚円という修行僧がこの上に登って修行したことからこの名前が付きました。

場所は甲府方面から来て一個目のトンネル手前にあります。(下の地図の場所です)

ただ車を停めるスペースはないです。

いちち
秋はもっときれいなんだろうな。

 

覚円峰に次ぐ見どころ仙娥滝

2015-07-29 10.23.57仙娥滝付近には売店が沢山あります。このあたりではアメジストや水晶などの天然石が採れるらしく店先は天然石でいっぱいです。

 

2015-07-29 10.32.12仙娥滝の仙娥は中国のお話しに出てくる仙女の名前です。

不死の薬を盗んで月に逃げ蝦蟇(ヒキガエルのこと)になったという意味不明な話です。道教では月神になっています。

 

昇仙峡落差30mの滝。

なかなか水量が多く立派な滝でした。

 

終わりに

昇仙峡付近には影絵の森美術館や昇仙峡ロープウェイなど見どころはたくさんあります。

紅葉の季節は特に素晴らしいようなので秋ごろに訪れるのがよいかもしれません。でも新緑の季節や夏真っ盛りでも昇仙峡は美しいです。

おしまい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA