茨城県

土浦駅と慰霊碑。戦時中に発生した桜川橋梁列車三重事故の詳細について

この慰霊碑は、昭和十八年十月二六日、土浦駅構内に於て発生した列車三重衝突事故による犠牲者の霊を慰めるために建立されたものである。この列車事故は国鉄史上にまれにみる大惨事であった。死者九十六名、負傷者百余名と記録されている。
栃木県

大瀬橋の架設工事で6名が殉職した大事故について

栃木県芳賀郡茂木町、那珂川に架かる大瀬橋へ。心霊スポットの噂が流れていると聞き付けて赴く。それなりに高い橋なので投身自殺が原因かと思いきや。別の根拠がありそうだ。
栃木県

交通混雑の解消で架けられた那須高原大橋だが…。結構落ちているらしい。

那珂川に架かる栃木県那須塩原市と那須郡那須町を繋ぐ那須高原大橋。交通混雑を解消するために1994年(平成6)に架けられた橋である。それなりの高所に架けられた橋で新聞記事やTwitterの情報を閲覧すると、それなりの自殺志願者たちが飛んでいるらしい。
神奈川県

津久井湖に架かる三井大橋の前身の空中写真を眺めてみよう!

三井大橋はそこまで高所に架かる橋ではない。(渇水状態のときは高くなるのかもしれない)以前紹介したこれより上流に架かる名手橋と同様にここから飛び降りる人間はさほど多くないのではないかと私は思う。ただ津久井湖にまつわる事故や事件は多い。恐らくは津久井湖に架かる橋が故に心霊の噂が流されているのではないだろうか?
神奈川県

名手橋に幽霊が出る理由ってなにかしら?投身が多いって言うけど本当?

名手橋には女性や自殺者の幽霊が出ると噂されているようだ。一部のオカルトサイトでは自殺の名所とまで謳っているが、どうもそこまで多発している訳ではないらしい。自殺の名所とまで言われる様な場所は軽く調べただけで山のように情報が出てくる。
神奈川県

相模湖の下流に架かる桂橋へ!女性の霊が出ると云われているけれど…。

桂橋には女性の幽霊が出ると云う噂がある。それなりに高い橋なので、実際に幽霊出没の根拠となりそうな事故や事件は起きているかもしれない。ただそれ系の話はニュースや新聞記事に残らないケースが多い。半ば諦め気味で探してみたものの、やはり目ぼしい情報は見つからなかった。
神奈川県

ちょっと雰囲気のある相模湖の弁天橋へ!むかしは通行料を取る橋だったらしいよ

心霊スポットだと紹介される理由についてだが、弁天橋に直接的な原因は無さそうである。オカルト系のサイトを拝見すると『相模ダムを建設した際の殉職者が関連しているのではないか?』と云う説が多く見受けられる。これについては以下の記事で詳細を述べているので気になる方はご覧頂ければと思う。
千葉県

木更津キャッツアイで有名になった恋人の聖地・中の島大橋を渡ろうと訪れたが…。

千葉県木更津市の『中の島大橋』は本土と人工島・中の島を繋ぐ歩道橋である。2002年(平成14)に放映されたTVドラマ『木更津キャッツアイ』で中の島大橋がロケ地に選ばれ一躍有名になった。私は拝見していないので詳しくは知らないが、男女がおんぶして中の島大橋を渡るシーンがあるらしく、それが恋愛成就と結びつけられ『赤い橋の伝説』が生まれたそうだ。
千葉県

フェンスに覆われた柳沢歩道橋へ!女子高生の霊が出るらしいが、何があったのだろうか?

千葉県野田市柳沢、国道16号に架かる歩道橋。かつて事故死した女子高生の霊が出ると噂されているようだが…。すぐ近くに小学校があるため児童の保護を目的としてフェンスが付けられただけの可能性もある。この辺りで事故が起きてはいないとは言えないけれども、やはり大規模な交差点と比べれば僅かな件数だと思う。
東京都

東京大空襲によって地獄と化した言問橋へ!この橋で何が起きたのか調べると…

両岸から被災者が押し寄せ鮨詰め状態となった言問橋に、焼夷弾と火炎旋風が襲い罪無き人々を焼き尽くした。堪らず隅田川へ飛び降りた者も力尽き溺れたり、陸に戻れず凍え死んだ。空襲が去った後、橋の上は人の脂でテカテカと輝き、真っ黒な遺体が無造作に並べられ、河岸にも夥しい遺体が山のように築かれていた。
東京都

ヨドバシカメラの起源!淀橋へ。かつては”姿見ずの橋などと呼ばれていたらしいが、どんな曰くがあるのかしら?

昔、この辺りには鈴木九郎と云う大金持ちがいた。九郎は財産を守るため、人を雇い地中深くに金銀財宝を埋めたのだが、猜疑心の塊であった彼は雇人を殺害し神田川へ投げ込んだ。九郎と渡った者が、再び戻ってくることが無かった故に"姿見ずの橋"と呼ばれるようになったと云う。
埼玉県

秩父湖に架かるもう一つの吊り橋・大洞橋を渡ってきた!

大洞橋も秩父湖吊り橋も心霊スポットの噂があり、恐らくは同様の理由が噂の根拠になっていると思われる。高い橋ですからね…。どれだけの方がここから落ちているのかは不明であるが、近年も身投げし死亡した事件が発生している。
埼玉県

渡れずの秩父湖吊り橋へ!稲川淳二の恐怖の現場の舞台となった場所らしいが……?

両橋ともダム建設に伴い観光促進、及び景観を損なわぬよう架橋されたのであろうが、今では秩父で最も有名な心霊スポットになってしまった。秩父は自殺の多い場所であり、中でも湖や河川が選ばれる割合が非常に高い。
埼玉県

豆焼橋へ!開かずの国道が拓かれた記念すべき場所なのに、どーしてこんな噂が流れてしまったのか…。

秩父市大滝地区に架かる豆焼橋。1998年(平成10)に竣工された雁坂トンネルと併せて架橋された長さ220mの逆ローゼ橋である。国道140号は雁坂トンネルが開通するまでは登山道が通るのみで自動車での往来が出来ず『開かずの国道』と呼ばれていたそうだ。平成年間に造られた若い橋にも関わらず、曰く付きの橋として名を馳せている。
栃木県

栃木市にある城内橋へ!どこにでもありそうな跨線橋だが…。一体ここで何が起きたのであろうか?

栃木県栃木市、JR両毛線を跨ぐ県道31号線の城内橋。跨線橋の下にお堂があり、その付近で女性が自殺をしたという噂から心霊スポットとして扱われることがある。早速、橋の下に向かってみたが…。お堂なんて無いじゃないか。現地での収穫は皆無であった。
栃木県

高さ135mの六方沢橋から下を眺めてビビッてしまったアナタとワタシ…。

日光・霧降高原の奥深い谷に架かる六方沢橋!1976年(昭和51)に架設された逆ローゼ橋で、長さは320m、谷底までの高さは約135mもある。橋の袂から見下ろすと丹田から口蓋に向けて魂が『ヒュン!!!』と抜け出すような感覚に陥る高さだ。高所恐怖症の方は通るのも厳しいのではないだろうか?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました