残酷な歴史が生み出した恐怖の心霊スポット?!新府城跡について【山梨の旅】

新府城跡は惨劇の城として有名です。

全国にある心霊スポットの中でも恐怖度が高いといわれています。

『落ち武者の幽霊が彷徨っている。』や『着物を着た真っ赤な顔をした女性が子供を連れて歩いてくる。』など心霊現象があるそうです。

いちち
何故なのか?

歴史を振り返ればわかります。

 

新府城の悲しい歴史

新府城入り口

武田信玄の跡を継いだ武田勝頼は敵対する織田信長や徳川家康の領地に攻め入り高天神城などを攻略し勢いに乗っていました。

しかし1575年、長篠城を巡る長篠の戦いで鉄砲を駆使した織田、徳川軍に大敗し命からがら逃走します。

織田、徳川軍の侵攻を防ぐためそれまで武田氏の居館であった躑躅ヶ崎館の代わりに新しく城を築きます。

それが新府城です。

 

新府城 復元図

1581年、躑躅ヶ崎館から新府城に移動。

次なる戦の準備を整えている最中に美濃、飛騨の国境沿いを治めている木曾義昌が織田信長に内応してしまいます。

勝頼は木曾氏から預かっている人質を惨殺し木曾討伐に向かいます。

しかし地の利がある木曾軍に翻弄され、さらに積雪のため事が上手く運びません。

もたもたしている間に織田、徳川勢が参戦。甲斐国まで攻め込まれます。

多勢に無勢、勝頼は1582年3月に新府城に火をつけて脱出します。

 

新府城 本丸

脱出の際、群馬県の岩櫃城主である真田昌幸が『群馬まで来ればひとまず安心ですよ?是非どうぞ。』と進めましたが勝頼は昌幸ではなく小山田信茂が守る岩殿山城に向かいます。

これが最悪の決断でした。

なんと小山田信茂は城門を閉じ勝頼一行に威嚇射撃して去るように命じます。

勝頼は止む無く甲府を目指し天目山を目指します。

しかし織田軍の滝川一益に発見され奮闘するも勝てる見込みもなく自害し果てます。

以上が新府城の歴史&武田勝頼の最後です。

いちち
『殺害された人質の恨みと武田氏の無念が怨霊となって出る』ということなのでしょう。ちなみに私は霊の存在を信じていないです。

 

本丸跡 長篠の戦い戦没者碑

2015-07-29 12.40.30

 

2015-07-29 12.41.01

新府城跡には長篠の戦いで戦没した武田氏重臣の慰霊碑があります。

武田信玄の時から仕えていた有名な武将ばかりです。簡単に紹介して終わります。

写真に入りきらなかった碑がいくつかあります。
・横田 康景(よこた やすかげ)

信玄、勝頼に仕えた足軽大将。

・甘利 信康(あまり のぶやす)

鉄砲衆。信玄存命時は本陣の守備をしていました。

・土屋 昌続(つちや まさつぐ)

譜代家老(代々仕えていた/家臣の最高役職)。壮絶な最期を遂げたとのことです。

・高坂 助宣(こうさか すけのり?)

高坂弾正に近しい誰か。よくわかっていない。

・内藤 昌豊(ないとう まさとよ)

武田四天王の一人。敗戦後、勝頼を逃がすために殿を務め戦死。

・原 昌胤(はら まさたね)

一度失脚したがまた戻ってきて、戦死。武田二十四将の一人。

・武田 信実(たけだ のぶざね)

信玄の異母兄弟。長篠城を監視できる砦に配属。

・馬場 信房(ばば のぶふさ)

武田四天王の一人。超頭が良くて強い(私のイメージ)。武田氏3代に仕えた男。

・山県 昌景(やまがた まさかげ)

武田四天王の一人。戦上手な印象。赤備え(あかぞなえ)で有名で徳川家康家臣の井伊直正が引き継いだ。

・高坂 昌澄(こうさか まさずみ)

高坂弾正の長男。上杉謙信を抑える父の代わりに出陣。

・真田 信綱(さなだ のぶつな)

真田一門。真田昌幸の兄。勇猛な武将。昌幸は兄を尊敬していたそう。

・真田 昌輝(さなだ まさてる)

真田一門。信綱の弟。33歳の若さで戦死。この二人が生き残っていたら真田氏はまた違ったものになっていたでしょう。

・小山田 昌輝(おやまだ のぶしげ)

小山田信茂(離反で武田家を滅ぼした)の弟か?

・五味 貞氏(ごみ さだうじ)

浪人衆の組頭。奇襲攻撃され討ち死に。

 

終わりに

2015-07-29 12.40.42

最後に武田勝頼公の霊社です。

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しました。興味がある方はご観覧下さい。なお、この記事は適宜更新いたします↓

よく読まれている心霊スポットの記事ランキングベスト10を紹介する!

2016.11.24

おしまい!



新府城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA