下仁田トンネルが心霊スポットと呼ばれる所以について

スポンサーリンク

今回は群馬県で有名な心霊スポット、下仁田トンネルについて紹介する。

 

下仁田トンネル(正式名称・小坂坂トンネル)

2015-09-12 15.24.56

正式名称は小坂坂トンネルと言うが、下仁田トンネルと呼ばれている。

下仁田トンネルという名称のトンネルはない。
国道254号線に下仁田隧道というトンネルがある。

 

2015-09-12 15.26.55

 

2015-09-12 15.29.04

 

2015-09-12 15.27.58

内部は素掘りトンネルをコンクリートで固定したもので、なかなか良い雰囲気を醸し出している。

このトンネルで強姦殺人や暴行殺人があったと噂されているが、私が調べた限りそのような事実はなかった。

あまり昔のことはわからないが…。

 

何故、心霊スポットとして扱われるのか?

小坂坂トンネルのすぐ近くに火葬場があった。

恐らくこれが原因なのではないかと思う。

他にありそうな理由は幕末期に起きた下仁田戦争だろうか?

 

下仁田戦争との関連性は?

下仁田トンネル

 

下仁田トンネル

水戸浪士(天狗党)が小坂坂方面から下仁田に進軍しているので、峠でいざこざがあった可能性も考えられる。

因みに激戦地はここから南西方面にある。

 

下仁田トンネル

写真は前述した下仁田隧道。

ここに心霊スポットの噂は無いようだ。

コメント

  1. ひで より:

    若いときここ行きました。
    夜中にトンネルの真ん中で車のエンジン止めましたか?
    そのまましばらくすると・・・
    そういうトンネルです。
    ここでほんとに怖い思いをしたので、もう二度と心霊スポットにはいきません。

    • いちのまる より:

      ひでさん

      コメントありがとうございます!怖い思いをされたのですね。

      >夜中にトンネルの真ん中で車のエンジン止めましたか?
      私は心霊そのものよりも『なんでそこが心霊スポットになってしまったのか?』という一種の歴史が
      知りたくて訪れています。ですので日が出ている時間帯に行きます。

      ちなみに私は霊の存在に懐疑的な立場です。
      いや…。居ようが居まいがどちらでもいいというスタンスに近いです。

  2. エイチ より:

    よく怪談の舞台として火葬場や墓地が出てきますが、もし自分が霊になったとしたら、火葬場にずっといたいと思うかなーと、少々疑問です。 「千の風になって」の「そこ(お墓)に私はいません」という歌詞にもとても共感します。自分ならとりあえず火葬場やお墓にいないで、自分の部屋にもどるかな、と。そう考えると、イマイチ火葬場や墓地を怖いと思えない自分です。…ま、霊になったら、そこにいなてはいけないシステム(?)なのかもしれませんが。

    • 管理人 より:

      エイチ さま

      コメントありがとうございます!
      (霊がいるとして)そこに因縁がある霊(地縛霊)なら、その場所から動かないかもしれませんが、
      確かに火葬場に居続けるのはおかしな話ですよね。
      『多くの遺体が燃やされて、少しずつ魂みたいなのが集合して新たな霊体が出来た。』とか言い出す人もいるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました