芦北町

熊本県

風情ある煉瓦造りの旧佐敷トンネル。心霊スポットといわれる理由がわからなかった件

熊本県の心霊スポットして有名な佐敷隧道(通称・旧佐敷トンネル)。熊本出身の小説家・徳冨蘆花が書いた紀行文『死の陰に』に旧佐敷トンネル(佐敷隧道)が登場します。トンネルは1903年に造られました。煉瓦造りで長さ434m、幅5.5mあります。2002年、佐敷隧道は登録有形文化財に指定されています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました