足摺岬について。何故ここは心霊スポットと言われるのか?【高知の旅】

足摺岬

高知県土佐清水市にある足摺岬。

ここは心霊スポットとして知られています。

つべこべと理由は説明しません。次の写真を見れば理解していただけると思います。

 

足摺岬が心霊スポットと言われる理由

足摺岬
いちち
というわけです。

『金は命より重い・・・・!』という言葉を放った”とある有名人”がいます。或いはそういう状況もあるのかもしれませんが、大抵の場合この言葉は当てはまりません。

絶望に打ち拉がれるとき人間の視界は限りなく狭くなっています。恥も外聞もかなぐり捨てれば意外と逃げ道は残っているものです。

はて?しかし金銭的な問題だけが身投げの原因じゃない気もするが…。

 

足摺岬の由来

足摺岬

『とはずがたり』という鎌倉時代に書かれた日記に足摺岬のことが綴られています。

僧侶が修行をしていました。その僧侶には小坊主Aが使えていました。

ある日、別の小坊主Bがやってきて一緒に食事をするようになりました。

小坊主Aは自分の食事をいつも小坊主Bに分け与えていました。

主人の僧侶は見兼ねて『あまりそういうことはよろしくないです。』と小坊主Aに注意します。

次の食事のとき小坊主Aは『わたしはあなたにご飯をあげたいけれど、主人に怒られちゃうので今回限りで終わりにします。』と小坊主Bに伝えます。

小坊主Bは言います。

『あなたの憐れみが忘れられません。是非、わたしの家に来てください。』

小坊主Aはついていきます。

主人が不思議がって後を付けてみると二人はこの岬にいました。

そして舟に乗り南の方へ進んでいきます。

主人は『私を見捨ててどこへ行く?』

すると小坊主A『浄土へ参ります。』

二人は菩薩の姿になって浄土へ向かっていくのでした。

主人は悲しくなって泣きながら足摺りをしました。それからこの岬を足摺岬というようになりました。

差別はいけないよ!って話です。

岩波文庫の『問はず語り』を購入したので後日原文を引用します。

 

足摺岬の七不思議

足摺岬

足摺岬には七不思議があります。

別の記事で紹介しましたので時間がある方はどうぞ↓

足摺岬

弘法大師・空海にまつわる伝説、足摺七不思議を紹介する!【高知の旅】

2019-01-18

色んな意味で面白かったです。

 

終わりに

足摺岬

足摺岬には唐人駄場遺跡や白山洞門と呼ばれる場所があり、それらはパワースポットとして知られています。

いちち
今回は時間がなくて行けなかった…。

心霊スポットとパワースポットが合わさっているところって結構ある気がする。

他にジョン万次郎に関する史跡などもあるので、今度は足摺岬で一泊してじっくり観光しようかと思っています。

おしまい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA