下久保ダムを眺める。心霊スポットの噂による風評被害について

スポンサーリンク

埼玉県と群馬県の境にある下久保ダム(神流湖)は近年、心霊スポットと噂され風評被害にあっているそうです。

ネットの情報でバカが来て不法侵入し荒らして帰る。→そこで撮影した写真や動画をSNSやYou Tubeでバカが拡散する。→別のバカが来る→…。

という負のサイクルが出来てしまっているとのことです。(不法侵入や荒らしは絶対しないけど、私もバカの一員でしょう)

ネットが普及する前から風評被害はあったと思いますが、拡散のスピードが前とは比べ物にならないですからね。

 

下久保ダム

心霊スポットを扱うことのある私としては何ともいえない気持ちになる事案です…。

私が心霊スポットに訪れる理由は『そのような扱いを受けてしまった歴史を知りたいから。』

他の記事をご覧いただくとわかると思いますが『基本的には心霊なんてくだらない!』というスタンスで心霊スポット見ています。

 

下久保ダム

私が心霊スポットに訪れるのは昼間ですし、立入禁止の所には基本的(看板に気づかず入ってしまったことがある)に入りません。ましてや荒らすなんてことは絶対にしません。

まぁでも、問題はそういうことではないのでしょう。

『これをわざわざネット上に投稿する必要性があるのか?』

数時間、沈黙して考えてみましたがとうとう適切な答えが見つかりませんでした。

 

終わりに

下久保ダム

ちなみに下久保ダムが心霊スポットとして扱われる原因は『1.集落が沈んでいる。』『2.慰霊碑がある。』『3.過去に自殺があった。』の三つでしょう。

全部、ダムの心霊スポットあるあるですね。

1.は集落住民と揉めることなく事が進んだということなので何ら問題ないでしょう。お墓は改葬しているでしょうし、寺社も遷宮しているはず。
2.昭和期に出来た大型ダムに慰霊碑は付き物です。殉職者の碑ですからただひたすらに感謝しましょう。
3.山奥のダムだから正直仕方ないと思います。
ダム湖に架かる琴平橋に防護ネットが張られたそうです。

[aside type=”warning”]当ブログを見て心霊スポットに行く貴方へ。行くのは止めません。でも良識を持った行動を欲しいです。私のような人間にとって心霊スポットは貴重な史跡と何ら変わりのないものだから。[/aside]

コメント

タイトルとURLをコピーしました