美しき名の心霊スポット、神楽女湖を歩き眺める【大分の旅】

神楽女湖別府の山奥にある神楽女湖は6月になると菖蒲が咲き乱れ多くの観光客が訪れます。『かぐらめこ』と読み、その由来は平安時代、鶴見岳社に歌と踊りを奉げた巫女が神楽女湖のほとりに住んでいたという伝説からきています。

そんな美しく神秘的な神楽女湖は夜になると山中で人気が全くなく不気味なことから心霊スポットに変貌してしまいます。どんな理由があって心霊スポットになったのか見ていくことにしましょう。

写真は全て昼間に撮ったものなので怖くないです!

 

神楽女湖へのアクセス

国道10号線から九州横断道路もしくは別府市内を通る富士見通りに入り道なりに進みます。堀田三差路を日田、湯布院方面へ向かい峠道をひたすら登ると信号があります。(手前に志高湖や別府りんご園の看板あり)

信号を真左に曲がり(斜め左ではない!)進むと志高湖があります、更に進むと神楽女湖に到着します。

 

神楽女湖の心霊現象

神楽女湖

神楽女湖の心霊は女の子だそうです。女の子が迷子になっていて『車に乗せて?』といってくるとのこと。

 

神楽女湖昭和後期に湖近くの少年の家に来ていた少女が行方不明になり近くで発見されたためこのような噂が広まっているとのこと。

朱い塚さんに詳しく書かれていますので参考にどうぞ。

事件が本当にあったのか軽く調べてみましたが残念ながら見つかりませんでした。当時の新聞を漁ればもしかしたら見つかるかもしれませんが、そこまでの気力がありません。

 

神楽女湖過去に『子供を乗せないでください!』という看板が付近にあったという話もあるのですが、私は余り信じていません。

本当に霊がいると仮定して霊が何かしらの悪さをしてくるなら、生きている人間に向けての看板じゃなく霊を鎮魂させるための慰霊碑やそれを神様に見立てて社を建てるというのが人間の心理だと思います。

ましてや本当に少女が亡くなっているというのであれば…。お地蔵さんとかね。

いちち
本当にその看板があったとしても誰かが悪戯で立てただけなんじゃないかな?
と考えるのです。

 

神楽女湖試しに周辺を歩いてみましたが特筆すべきことはありませんでした。

涼しく空気がとても美味しい。心地よい森林浴ができ、むしろ心が洗われる。そんな気分になりました。

 

神楽女湖

いちち
心霊スポットと聞いたからどんな不気味な場所なのか?
とワクワクしましたが拍子抜けです。まぁ、夜は怖いでしょうけどね。(夜に山奥行ったら何処でも怖いわ!)

 

終わりに

神楽女湖もし神楽女湖付近で事故や事件が起きたという情報を持っている方がいたら是非教えていただきたいです。もし時間があれば大分市の図書館に行って当時の新聞を探してみようかな…。

今度は菖蒲が咲いている時期に行ってみよ。

おしまい!



神楽女湖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いちちと申します。 休日の殆どを一人旅に費やしています。いつか流浪の民になって日本中を周って過ごしたい。歴史、B級スポット、心霊スポットのネタが多めな旅行記ブログです。 コメント待ってるよー!