水分峠の水分隧道ってなんで心霊スポットっていわれているの?【大分の旅】

水分隧道

水分隧道(みずわけずいどう)は由布市と九重町の境目の水分峠にあるトンネルです。

この峠を起点として西の筑後川水系、東の大分川水系の分水界(水が分かれて流れている)になっていることが名前の由来です。竣工年は1962年(昭和37年)、長さは180m。

ちょっと古い何の変哲もないトンネルに見えますが、心霊スポットとして扱う人もいます。女性の霊が出るそうです。

いちち
さて、何故だ?理由があるはず!

見ていきましょう。

 

水分隧道の場所

国道210号線にあります。大分自動車道の湯布院ICの近くです。

 

水分隧道は心霊スポットなのか?

水分隧道

結論からお伝えします。

いちち
水分隧道が心霊スポットとして扱われる理由は見つかりませんでした。

何か事件や災害があったわけではなさそう。古戦場でもないだろうし…。事故が多いのが理由なのかと大分県警の事故mapを調べてみるも2007年から2018年の間に死亡事故は起きていません。水分峠の信号付近ではたまに事故が発生しているようだけど。

上の写真は湯布院側トンネル入口すぐ脇にある道です。旧道なのかな?もちろんこれ以上は進んでいません。九重側も同じような道があって立入禁止になっています。

 

水分隧道

旧道?の反対側。

少し進んでみましたが何もなさそうです。

足場が悪く落ちたら真っ逆様なので撤収。

 

水分隧道

トンネルの上。ここにも何もありません。

時間の関係上、湯布院側しか探索出来ませんでした。九重側は見た感じトンネル上部に登れない構造になっていたと記憶しています。(無理すれば登れるかもしれないけど。)

意外と交通量が多いです。探索していると怪しまれる&怖がられるかもしれません。

 

終わりに

収穫なし!根拠なしの心霊スポットです。

こんなところでも霊感がある方はビビッと感じちゃうのかな?

当ブログ内の心霊スポットランキングを作成しました。興味がある方はご観覧下さい。なお、この記事は適宜更新いたします↓

よく読まれている心霊スポットの記事ランキングベスト10を紹介する!

2016.11.24

閲覧注意?!私が訪れた大分県の心霊スポット12ヶ所をまとめて紹介する!

2018.08.18

おしまい!



水分隧道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA